鬼滅の刃無限列車編あらすじまとめ【後編】猗窩座の登場と煉獄杏寿郎の最期!

前編に引き続き、今回も無限列車編のあらすじについて書いていきたいと思います。

ネタバレ記事となりますので、内容を知りたくないという方は気をつけてください。

 

関連鬼滅の刃無限列車編あらすじまとめ【前編】夢の内容は?下弦の壱魘夢登場!

 

 

アニメをしっかり見て劇場版無限列車編に臨みたい方はU-NEXTの無料体験がおすすめ!!

U-NEXTの鬼滅の刃の無料体験期間(31日間)は基本料金が無料!無料期間中の解約も可能
契約も解約も簡単!3分もかからない!

 

【無限列車編】炭治郎達の戦い!下弦の壱魘夢登場

無限列車えんむ

子供達と対面している炭治郎は、子供達に「ごめん」と謝りながら次々に敵意を持つ子供達を気絶させていきます。

そして、炭治郎の心に救われた青年が炭治郎に「ありがとう、気をつけて」と声をかけます。

それに返事を大きく返す炭治郎。そのまま鬼のところへと向かいます。

魘夢と対面

炭治郎は匂いを感じ取り、屋根の上に鬼がいることを察知します。

列車の屋根に上り、下弦の壱・魘夢と対面をします。

魘夢は炭治郎に「起きたの?おはよう」と手を振りながら声をかけます。

そして、せっかくいい夢を見せてあげたのに、斬殺する夢も見せることができたのにと炭治郎にいいます。

それを聞いた炭治郎はもちろん激怒。

人の思い出や心にズカズカと入ってくる魘夢に血管が浮き出るほど怒っていました。

魘夢という鬼

魘夢は本当は、一方的に敵を痛めつけることよりは、幸福を見せてから絶望を見せることの方が好きだと語ります。

不幸に打ち拉がれている顔を見るのが、眺めるのがたまらなく好きなのです。

そのため、時間をかけて誰にも気づかれないように鬼狩りを殺して来ていました。

炭治郎が短時間で夢から逃れ、覚醒したことに疑問を抱いていました。

炭治郎にとって、とても心地の良い夢を見せたはずなのにと。

そこで、魘夢はあることに気がつきます。

炭治郎の耳飾りです。無惨が探している鬼狩りだということに気づき、こいつを殺せば、もっと無惨の血がもらえると喜んでいました。

戦闘開始

魘夢が耳飾りに気づき喜んでいるのとは裏腹に、炭治郎は呼吸を整え、戦闘の準備を行っていました。

そして、「水の呼吸 拾ノ型 生生流転」を繰り出します。

それに対し魘夢は、「血鬼術 強制昏倒催眠の囁き」を繰り出します。

この技は強制に相手を眠らせ、夢の世界に引き込む技なのですが、炭治郎はどうしてか、眠りません。これに困惑する魘夢。

ですが、魘夢は炭治郎が術にかかっている事に気づきます。

炭治郎は、術にかかったら即座に自分の頸を切り、夢から覚めていたのです。

魘夢はこの鬼狩りは普通じゃないと悟ります。

魘夢は炭治郎に家族から責められる夢を見せていました。

それに対して炭治郎は、「家族がそんなことを言うわけがない、家族を侮辱するな」と激怒し、魘夢の頸を切り落とします。

魘夢の本体

頸を切り落とした炭治郎でしたが、手応えをあまり感じませんでした。

一瞬これも夢かと疑いました。

後ろを振り向くと、そこには列車と一体化した魘夢の姿が。

えんむ 合体

死んでない事に驚いている炭治郎に魘夢は、先ほど切ったものは、もはや本体ではないと言うことを伝えます。

魘夢は炭治郎が眠っている間に列車と融合していたのです。

これから、列車に乗っている全ての人間が魘夢の人質であることと同時に、魘夢が強化するための餌であることを悟ります。

【無限列車編】それぞれの覚醒

列車と一体化した魘夢が乗客を人質にとり、乗客の安否を確保しないといけない炭治郎ですが、炭次郎は考えを巡らせ、1人で守るのは2両が限界だと判断します。

一緒に乗っていた善逸、伊之助、杏寿郎に助けを求めます。

伊之助登場

必死に叫ぶ炭治郎のもとに屋根を破壊して伊之助が上がってきます。

そこで、炭次郎は「この汽車は安全なところがない、乗客を守れ」と声をかけます。

伊之助は親分としてしっかりしなきゃいけないと感じ、「獣の呼吸 伍ノ牙 狂い裂き」を放ち、周囲を斬りつけて、乗客を守ります。

善逸登場

また一方では、禰豆子が奮闘していました。

取り込まれそうになる乗客を助けていましたが、禰豆子自身が掴まってしまいます。

そこに「雷の呼吸 壱ノ型 霹靂一閃 6連」を放ち、禰豆子を助ける善逸。

「禰豆子ちゃんは俺が守る」といいながら寝ています。

様々なことが起きている状況に理解が追いつかない炭治郎。

ですが、仲間が確実に乗客を救っていました。

煉獄杏寿郎の目覚め

また一方では、眠っていた杏寿郎が目を覚ましていました。

眠っていたのにも関わらず、周囲の状況から状況を理解しました。

車両が大きく揺れた後、炭治郎の前に現れた杏寿郎は柱らしく、素早く適切な指示を炭治郎に下します。

自分が5両守るから、伊之助と共に魘夢の首を切りに行けと。

そしてとてつもないスピードで移動して、炭治郎の前から去りました。

【無限列車編】魘夢の捜索

杏寿郎から指示されたように、伊之助に声をかけ魘夢の首を探しに向かいます。

伊之助の肌の感覚に頼り、前へと進んでいきます。

特に車掌室が怪しいと伊之助が感じ取り、2人で向かいます。

途中に車掌が邪魔をしてきますが、それを無視し魘夢の首を探し続けます。

そこに、無数の手が伊之助を襲い捌き切れないと危機を感じた伊之助ですが、「水の呼吸 陸ノ型 ねじれ渦」を放ち、助ける炭治郎。

そして、匂いから真下に魘夢の頸があることを感じ取り、伊之助に伝えます。

伊之助は、「獣の呼吸 弐の牙 切り裂き」を放ち、床に大きな裂け目を作りました。

魘夢の頸

魘夢 頸

そこに現れたのは、とても頸とは思えない太さの頸の骨でした。

そこに技を放つ炭治郎ですが、とてつもない速さで再生していきます。

その後も頸を切ろうと奮闘する2人ですが、無数の手が邪魔をしてくるのに加え、頸の骨は太く再生速度が速くてなかなか切りきることができません。

さらに「血鬼術 強制昏倒睡眠・眼」と言う技を魘夢が繰り出してきます。

巨大な眼と目があう炭治郎。

炭次郎は、伊之助に覚醒条件を伝え、何度も術にかかっては覚醒を繰り返します。

無数の目が術を何回も炭治郎にかけていたため、自分の首に刃を当ててまた目覚めようとしたその時、「ガキん!」と刃と刃がぶつかる音がしました。

夢と現実の区別がつかなくなってきていた炭治郎が、現実で首を落とそうとしていたとこを伊之助が救いました。

「邪魔をするな」と車掌が炭治郎の脇腹を刺します。

車掌をとっさに気絶させ、無事なことを伊之助に伝える炭治郎。

「獣の呼吸 肆の牙 切細裂き」を放ち、また頸の骨をあらわにします。

炭治郎が「ヒノカミ神楽 碧羅の天」を放ち、頸に命中しました。

これにより、車両ごと真っ二つにしました。

悲鳴と共に、のたうち回る車両。

被害の拡大を防ごうと動こうとする炭治郎ですが、車掌に刺された脇腹が痛み、反応が遅れてしまいます。

車両から放り出される炭治郎をかばう伊之助。

伊之助に車掌を助けるように頼む炭治郎。

一度は断る伊之助でしたが、親分らしく助けにいくことを決め、助けに行きます。

崩壊する魘夢

自身の体が崩壊していくことを悟る魘夢。

死んでいくことを受け入れ切れない魘夢は、鬼狩りに文句を並べていきます。

顔ぶれが変わらない上弦の鬼や屠ってきた柱達のことを考えながら、やり直したいと言う気持ちを最後まで引きずりながら崩壊していきました。

一時終戦

場面は変わり、全周中の呼吸が使えるようだな!と炭治郎を褒める杏寿郎。

呼吸での傷口の止血を指示する杏寿郎。

集中して出血している血管を見つけろと指示します。

そして出血を止めろと指示。

てこずる炭治郎に「集中」と落ち着かせるための指示。

止血をこなった炭治郎をほめたのち、呼吸ではいろいろなことができると言うことを教えます。

みんなの無事を確認したところに「ドオン」と言う音が鳴り響く。

上弦の参猗窩座(あかざ)登場

轟音と共に現れたのは上弦の参・猗窩座でした。

現れた猗窩座は、炭治郎に近寄り拳を奮おうとします。

その時杏寿郎は「炎の呼吸 弐ノ型 昇り炎天」をくりだします。

猗窩座の腕を真っ二つにました。

猗窩座は斬られた腕をひろい、斬られた場所にくっつけ再生させました。

再生速度が圧倒的に速く、凄まじい闘気を見せます。

杏寿郎も上弦の圧力にややおされます。

どうして手負いのものから襲うのかと、杏寿郎は聞きます。

それに猗窩座は、杏寿郎と話の邪魔になると思ったと答えます。

そして猗窩座は、杏寿郎に「お前も鬼にならないか」と提案します。

杏寿郎は「ならない」と答えます。

猗窩座は杏寿郎の闘気を見て、思考の領域に近いことを伝えます。

それからどうして思考の領域に入れないのかを教えてやろうといいます。

それは「人間であり、おいて死ぬから」と猗窩座はまた鬼になることを勧めます。

対決

杏寿郎が「老いることも死ぬことも人間の美しさだと、強さは肉体に対してだけ使うものではない」

と猗窩座に向かっていいます。

そして炭治郎も弱くないと言い放ち、鬼に決してなってはいけないと猗窩座に言います。

その後、「術式展開 破壊殺・羅針」と術を使用し、足元に雪の結晶の模様を展開させます。

そこからは、炭治郎達では目に負えないような、とてつもない速さの攻防が始まります。

激戦

2人の戦いは次第に激しくなります。

ぶつかりあう轟音が幾度もなります。

猗窩座は、才能を持つものが醜く衰えていく姿に耐えられないと、死んでくれと頼みます。

「破壊殺・空式」

「炎の呼吸 肆ノ型 盛炎のうなり」

激しい攻防が続きます。

攻防から、首を切ることは厳しいと感じ一気に間合いを詰めて猗窩座に攻撃をかけます。

そこから、また常軌を逸した速さでの近接戦が始まります。

「この素晴らしい剣技も失われていくのだ」と猗窩座。

杏寿郎は、「これが人間だ」と言います。

そこで加勢をしようとする炭治郎。

それを察した杏寿郎は、「動くな。傷が開いたら致命傷になる、待機命令」と命令を下します。

「炎の呼吸 伍ノ型 炎虎」

「破壊殺・乱式」

ぶつかりあう技。

決着

コマが変わり、ボロボロの杏寿郎が写ります。

猗窩座は、杏寿郎が与えた傷もたちまち回復してしまいます。

鬼の丈夫さと人間の脆さについて、「どうあがいても人間には鬼は勝てない」と猗窩座。

しかし、杏寿郎は諦めません。

「ここにいるものは死なせない」

「炎の呼吸 奥義」

「素晴らしい闘気だ、やはり鬼になれ」といい、術式を展開する猗窩座。

「玖ノ型 煉獄」

「破壊殺・滅式」

凄まじい音と共にぶつかりあう技。

その後映ったのは、腹を貫かれている杏寿郎の姿。

煉獄杏寿郎の最後

腹を貫かれた杏寿郎は母との思い出を見ていました。

母から、自分が強く生まれたのは弱き人を守るため、と教わります。

それから、もう一度刀を握り直し、猗窩座の首に斬りかかります。

最後の力を振り絞り刀を向ける杏寿郎。

夜明けも近く拮抗した戦い。猗窩座を逃すまいと力をいれる杏寿郎。

そこで炭治郎が、「伊之助、煉獄さんのために動け!」と声をかけます。

我を思い出し動き出す伊之助。

「獣の呼吸 壱の牙 穿ち抜き」を放ちます。

自らの手をちぎり逃走する猗窩座ですが、「逃げるな卑怯者!」と炭治郎に言われ「何言ってんだあのガキ」と、ぶちぎれる猗窩座。

「いつだってお前らの有利な闇の中で戦っているんだ、傷だって簡単には治らない」

対等に戦った杏寿郎は凄いんだと、尊敬と自分の不甲斐ない状況に対して感情を剥き出しにして炭治郎は叫びます。

悔しさから涙が出る炭治郎。

伊之助も感情を言葉にできず、ただただ立ち尽くしています。

「もうそんなに叫ぶんじゃない。傷が開き死んでしまったら俺の負けになってしまう」と杏寿郎が言います。

そして、こっちにおいで、話をしようと杏寿郎は言います。

杏寿郎の思い

そして杏寿郎は自分の生家にいくように炭治郎に言います。

ヒノカミ神楽の情報があるかもしれないと。

そして、命がもうもたないと悟っている杏寿郎は炭治郎を落ち着かせ、家族に伝えて欲しいことを言います。

弟の千寿郎には、自分の正しいと思う道を進むようにと言います。

父には、体を大切にして欲しいと言います。

そして、炭治郎には、君の妹を信じると、鬼殺隊の一員と認めると言います。

必死に人を守ろうとする姿から、杏寿郎は禰豆子のことを認めました。

涙が止まらない炭治郎に、「胸を貼って生きろ」と告げます。

生き様

杏寿郎は炭治郎たち3人に対して、「もっと成長しろ、そして今度は君たちが柱となるのだ、俺は君たちを信じる」と伝えます。

そして死ぬ間際に杏寿郎は母の姿を見ます。

「俺はやるべきことを果たすことができたでしょうか」と杏寿郎。

それに対し「立派にできましたよ」と杏寿郎の母が答えます。

杏寿郎はその言葉に救われたように笑い、目をとじました。

煉獄杏寿郎の死亡シーン!【鬼滅の刃】煉獄杏寿郎の死亡シーン!最後に全員が涙した理由とは!?

まとめ

以上で無限列車編のネタバレを終わりたいと思いますがかなり盛り沢山の内容となっているのが伝わったでしょうか?

最初から最後まで見どころしかありませんが、敢えてまとめるとするなら、

  • 煉獄杏寿郎の活躍っぷり
  • 炭治郎と伊之助の活躍
  • 上弦の鬼の登場と圧倒的な力
  • 煉獄杏寿郎の最後

といったとこでしょうか。

その他にも、鬼滅自体の細かい設定が散りばめられています。

呼吸のことや、キャラの特徴など鬼滅の刃をもっと詳しくなりたい方は一言一句見逃してはいけませんね。

映画公開はまだいつか公表されてはいませんが、予定は2020年の秋〜冬頃ではないでしょうか?

早く動く煉獄さんやあかざを見たいですし、あかざとのバトルがどれくらい迫力あるものになるかがも楽しみですね。

無限列車ポスター鬼滅の刃無限列車編あらすじまとめ【前編】夢の内容は?下弦の壱魘夢登場!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です