煉獄杏寿郎の母瑠火の年齢・名言・声優を紹介!「強き者の責務」を伝えた人物

劇場版無限列車編には鬼殺隊も鬼も含めて多くのキャラが登場してきます。

その中でも大活躍したのが炎柱である煉獄杏寿郎です。

 

煉獄さん強きものがどのような責務を負わなければいけないのかを十分に理解しています。

その責務を教えたのが煉獄杏寿郎の母であることがわかっています。

 

煉獄さんが柱になった理由や、生き様などに多大な影響を及ぼしているの煉獄杏寿郎の母ですが、現在どのようなことが明らかになっているのでしょうか?

今回はそんな煉獄杏寿郎の母瑠火の年齢や性格、名言や声優などについて書いていきたいと思います。

 

煉獄杏寿郎の母瑠火の読み方

まず名前は煉獄瑠火と書き、「れんごくるか」と読みます。

この「瑠」という漢字は瑠璃という漢字に使われています。

瑠璃はアメジストを表し、とても綺麗で美しいな印象を与えます。

煉獄瑠火さんも、とても綺麗な方で名前と容姿がぴったりあっていますね。

 

煉獄杏寿郎の母の名前

煉獄 瑠火(れんごく るか)

 

 

ちなみに煉獄杏寿郎の父で元炎柱の名前は煉獄槇寿郎と言います。

 

煉獄杏寿郎の母瑠火の年齢は?

煉獄杏寿郎の母瑠火は煉獄さんが幼いときに亡くなっています。

無限列車編の回想シーンで登場したとき、煉獄さんの母瑠火は一体何歳だったのでしょう?

調べてみましたが公式での発表はありませんでした。

ここからは予想になりますが、瑠火との回想シーンで登場した杏寿郎は11歳という情報がありました。

このとき弟の千寿郎は物心がつく前に母が亡くなったということなので3歳くらいでしょうか。

大正9年に行われた第1回国勢調査のデータによると当時の平均初婚年齢は男性が25歳、女性は21.2歳だったようです。

ここから考えると煉獄杏寿郎が11歳なので、母親瑠火が回想シーンで登場したときの年齢は30~35歳あたりではないかと推測されます。

見た感じはアラサーくらいかなと思っていますが。

 

煉獄杏寿郎の母瑠火の登場シーンを紹介 

登場シーン

煉獄瑠火さんですが、単行本8巻に登場します。

杏寿郎と猗窩座の戦闘シーンに登場します。

 

杏寿郎の家族との回想シーンと死ぬ間際のシーンで出てきます。

どちらも少ないコマですが、とても重要な部分と言えます。

これから公開される映画、劇場版無限列車編でも出演は間違いないでしょう。

 

煉獄杏寿郎の母瑠火の名言 

また、登場するにあたって外せないのは彼女が言った名台詞です。

幼い頃から、人より秀でた杏寿郎に対して

「弱き人を助けることは強く生まれた者の責務です」

と言い放ちました。

 

この言葉が胸にあったからこそ、杏寿郎は最後の最後まで奮闘し、炭治郎たちの心に残るような生き様を見せれたことでしょう。

 

こんな素敵な女性である煉獄瑠火を演じた声優は一体誰なのでしょうか?

煉獄瑠火の声優

プロフィール

  • 名前:豊口めぐみ
  • 生年月日:1978年1月2日
  • 出身地:東京都
  • 出身校:日本工学院八王子専門学校音響芸術科
  • 血液型:A型
  • 身長:168cm
  • あだ名:めぐー、めめちゃん
  • 所属事務所:81プロデュース

1990年代から声優として活躍され、煉獄瑠火以外にもたくさんのキャラクターの声優として活躍されている方になります。

 

煉獄杏寿郎の母瑠火の死んだ理由 

なぜわかるわかった理由

そんな煉獄瑠火さんですが、作中ではもうすでに亡くなっています。

死因は病気ということになっています。

 

杏寿郎に責務を教授したように、芯が強く立派な方でしたが、体は弱かったのかもしれませんね。

むしろ、体が弱かったからこそ性格は強く持ち、強気者の立場を理解していたのかもしれません。

 

まとめ

以上が炎柱・煉獄杏寿郎の母、煉獄瑠火の紹介になります。

彼女は強く、優しく、とても美しい女性だと言えます。

 

登場シーンはとても少ないですが、杏寿郎の設定にとても関わっている重要なキャラクターと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。