【鬼滅の刃】我妻善逸の名言や名場面にかっこいいセリフ・シーンを一挙見

我妻善逸

【鬼滅の刃】善逸は本名『我妻善逸 あがつま ぜんいつ』で、主人公の竈門炭治郎と同期で、炭治郎が鬼殺隊になって初めて、仲間となる人物です。

しかし、その人物像は、軟弱でとても率先して、強靭な敵である鬼に、立ち向うような人物ではありません・・・

しかも、女性に騙された過去を持ちながら、その女性に対する執着は凄まじく、とてもナンパものに映ります。

 

ですが、『鬼滅の刃』での人気はとても高く、主人公・炭治郎に匹敵するほどなんです。

その人気の秘密は、普段ヘタレな素顔と、眠ることで勇敢な剣士に激変するギャップ。

この記事では我妻善逸の名言や名や場面、かっこいいセリフやかっこいいシーンをご紹介します。この憎めない性格が善逸の魅力です!

Contents

【鬼滅の刃】善逸の名言やかっこいいセリフを紹介!

善逸は、その臆病な性格から名言というより、迷言のほうが圧倒的に多いです。

ギャップを感じていただくためにも最初は名言ではなく迷言の方から紹介していきます。

善逸の迷言まとめ

単行本3巻で、初めて炭治郎と出会う場面では、情けなくも道のど真ん中で、初対面の女性に対して、号泣しながら、『結婚してくれ~』と、泣きついています。

善逸、炭治郎との出会い1

それを見た炭治郎は、初めドン引きするものの、事情を知ると、女性と善逸を引き離し、それでもしつこく迫ろうとする善逸は、その女性にビンタをかまされる始末・・・

これが、炭治郎との出会いです。

善逸 迷言2

その後も、ネガティブで、自分を卑下する発言を繰り返し、炭治郎を心配させます。

この辺は、アニメをご覧になったほうが、面白く分かりやすいと思います。

同じ3巻21話の鼓屋敷に乗り込む炭治郎に対し、善逸はヘタレぶりを発揮!さんざんごねた挙句、結局、ついていくことに・・・

この鼓屋敷で、迷言と言われる言葉を連発します(笑)。

それは、鼓の鬼の能力によって、部屋が変わり、炭治郎と離れ離れになり、善逸は正一(しょういち)少年と行動することに・・・

あまりのヘタレぶりに、この正一少年にも、『あなたは、なんのために腰に刀を下げてるんですか!?』と、詰め寄られる始末・・・。

善逸、正一少年に責められる

その後、急に正一少年に声を掛けられ・・・その返答が、

心臓が口からまろび出るところだった」

善逸 迷言1

「膝にきてる 恐怖が八割膝に!!」

膝にきてる!

「享年が一桁とかあんまりだぞ」

享年が一ケタ

という迷言が、次々に飛び出し、恐怖感・緊張感は台無し・・・

私は思わず爆笑し、吾峠先生は天才!やな~と感じます。

しかし、ここから、ヘタレな善逸が激変、名言や名セリフへとつながっていきます。

 

善逸名言「炭治郎…俺…守ったよ…」

26話・アニメ13話より引用

箱の中に鬼がいると知っていながら、伊之助から体を張って守り抜いた後の善逸の名言です。

善逸のことだから間違いなく逃げ出すと思っていたのに結果がこの名言。

闘うことよりも守ることを優先するあたりに善逸のやさしさを感じますね。

善逸名言「俺じいちゃんが好きだよ!!」

33話・アニメ17話より引用

シゴかれても訓練から逃げ出してもじいちゃんが好きな善逸。

善逸が諦めかけたとき、じいちゃんが何度でもとめてくれました。

じいちゃん善逸を励ますシーンが夕日背景。

幸せな夢のシーンでじいちゃんに褒められてほっこりする善逸

ここは泣きポイントですね。

善逸名言「禰豆子ちゃんは俺が守る」

コミック7巻・60話より引用

禰豆子がピンチに陥ったときに、助けに入ったときに生まれた名言。

無限列車での戦いのとき、禰豆子も鬼と戦っていました。鬼の職種が巻き付き動けなくなったときに駆け付けたのが善逸だったのです。

禰豆子を助けた後のセリフですね。カッコイイです。

善逸名言「これは絶対に俺がやらなきゃ駄目なんだ」

コミック15巻136話より引用

柱稽古の最中に届いた手紙を読み終えた後から様子が変わります。

炭治郎が声をかけても振り向きません。

今までの善逸とは何かが違います。

このとき善逸の師匠であるじいちゃんを切腹に追い込んだ、兄弟子獪岳を倒すことを誓うのでした。

善逸名言「獪岳 鬼になったお前を 俺はもう兄弟子とは思わない」

143話より引用

裏切り者に対して静かに、しかしドス黒く憎悪の炎を燃やす善逸。

師匠であるじいちゃんが切腹する理由を作った獪岳を倒す決意表明!

善逸名言「ごめん 兄貴」

コミック17巻・145話より引用

善逸から兄弟子の獪岳への渾身の一撃、その覚悟を心の中で発した一言です。

この後雷の呼吸漆の型 火雷神を使い、一瞬で獪岳の首を断ち切りました。

善逸名セリフ「でも俺は人によく騙された。俺は自分が信じたいと思うひとをいつも信じた」

26話より引用

善逸の(いい意味での)人の良さが分かるセリフですね。

善逸名セリフ「炭治郎からは泣きたくなるような優しい音がする」

善逸の聴力2

コミック4巻26話より引用

善逸は優れた聴覚で様々な”音”を聴くことが出来るのです。

善逸名セリフ「俺は俺が一番自分のこと好きじゃない ちゃんとやらなきゃっていつも思うのに 怯えてるし 逃げるし 泣きますし  変わりたい ちゃんとした人間になりたい」

33話より引用

ヘタレから脱却出来ず苦悩する善逸ですし

善逸名セリフ「俺がカスならアンタはクズだ 壱ノ型しか使えない俺と壱ノ型だけ使えないアンタ 後継に恵まれなかった爺ちゃんが気の毒でならねぇよ」

144話より引用

獪岳から師匠であるじいちゃんの悪口を散々聞いた後のセリフです。

師匠への安い侮辱には獪岳への図星を突いた侮辱で返す善逸。

自虐しながらも、相手を侮辱する。善逸らしい嫌みの言い方ですね。

善逸名セリフ「でも尊敬してたよ心から アンタは努力してたしひたむきだった いつも俺はアンタの背中を見てた」

145話より引用

善逸『特別だったよアンタは 爺ちゃんや俺にとって特別で大切な人だったよ だけどそれじゃ足りなかったんだな』

互いに嫌いあいながらも、善逸は獪岳の背中を追いかけていたのです。

善逸名セリフ「これは俺の型だよ 俺が考えた俺だけの型 この技で いつかアンタと肩を並べて戦いたかった…」

145話より引用

獪岳を倒し、自らも落ちていくシーンでのセリフです。

獪岳『畜生!!畜生!!やっぱりあの爺贔屓しやがったな!!お前にだけ教えて俺に教えなかった』
善逸『違う 爺ちゃんはそんな人じゃない』

火雷神を自力で開発した善逸の才、師と共に歩んだ兄弟弟子の宿命。

獪岳を嫌いながらも、尊敬していた兄弟子に対する最後の言葉でした。

【鬼滅の刃】善逸のかっこいいシーンを紹介

善逸の名シーンはここから!

正一少年と逃亡中、舌の鬼に追いつかれ、あまりの恐怖に善逸は昏倒・・・

しかし、舌の鬼の攻撃が来て、絶体絶命!という時、目にも留まらない居合で、舌の鬼の舌を両断!

そのまま、

雷の呼吸・壱の型 霹靂一閃(へきれきいっせん

一刀の元に、舌の鬼を倒してしまいます。

しかし・・・目を覚ますと、善逸はこの出来事を全く覚えていません・・・

また、情けない、ヘタレな善逸に逆戻り(笑)。

年下の正一少年に縋りつきながら、この場を後にするのでした・・・

善逸、目が覚める1

続く、那田蜘蛛山編(なたぐもやまへん)では、またもや目の前で鬼殺隊員が山に吸い込まれるのを見て、恐怖を感じヘタレぶりを発揮!

炭治郎・伊之助は善逸を置いて、那田蜘蛛山に入っていきます。

しかし、炭治郎と一緒に、一目で恋に落ちた炭治郎の妹・竈門禰豆子(かまど ねずこ)も一緒に連れて行ったことに気づき、やむなく危険な山に入山、そこで、蜘蛛の鬼(兄)に遭遇!

蜘蛛にかまれたことによって、毒に侵され、蜘蛛になりかける・・・

その恐怖にまた失神!

そして、木の上から、落ちるその最中!?

雷の呼吸・壱の型 霹靂一閃 六連(へきれきいっせん ろくれん

見事、蜘蛛の鬼(兄)を倒したのでした!

まさに神速の技ですね、かっこいい!!

【鬼滅の刃】善逸の名言や名シーンから魅力を考察

善逸の聴力1

善逸の聴力2

善逸は、特異体質で、異常に聴力が発達しています。

生き物の呼吸音・心音・血液のめぐる音・・・

そして音から、その人物の境遇なども感じることができます。

凄まじい剣技・霹靂一閃を眠りながら放つことができるのは、この特異な聴力も深く関係しています。

また、その、お人好しの人柄も、魅力の一つと言えます。

単行本3巻の最後~4巻の初めに炭治郎が大事に背負っている、木箱(中身は、鬼にされた炭治郎の妹・竈門禰豆子で、鬼にされた人間は太陽の光を浴びると消滅してしまう)の中身が鬼であると確信した、同じ鬼殺隊の嘴平伊之助(はしびら いのすけ)は、禰豆子を殺そうとしますが、善逸は、炭治郎の大事なものだ!といって、身体を張って庇います。

容赦なく殴る、蹴るの暴行を繰り返す伊之助に対し、善逸は刀を抜かず、炭治郎が戻るまで必死に禰豆子を庇うのでした。

善逸、かっこいい!1

このようにヘタレながらも、仲間の大事にしている物を必死に守った善逸はとてもカッコいいです!

ヘタレでもやるときはやる男です!!

まとめ

今回は、鬼滅の刃『我妻善逸 あがつま ぜんいつ』につて、解説していきました。

善逸はうるさく、わーわーと、ネガティブに喚きながらも、その発言はとても印象強く、憎めないキャラで、強敵の鬼という緊張感を、いい意味でぶち壊し、その存在感は物語が進むにつれて、とても大きくなっていきます。

善逸、汚い高音

これからも、善逸に注目です!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です