鬼滅の刃善逸の兄弟子の名前は?因縁の理由と師匠の仇!

因縁・・・

今回は、我妻善逸(あがつまぜんいつ)の、兄弟子についての記事を書いていきます。

アニメではあまり顔が分からず、声が、少しだけ聞ける程度でした。

そして、本編でも序盤で、善逸の過去の回想で、桃を食べながら善逸を厳しくなじる・・・

どちらかと言えば、善逸に対して、厳しく、そして、冷たい『先輩』としてのイメージのある人物です。

鬼滅の刃善逸の兄弟子の名前は?

この善逸の『兄弟子』に当たる、人物の名前は、

獪岳(かいがく)といいます。

妙なことに、名字がありません・・・

外国出身でしょうか?

善逸も両親がいなかったせいで、名前も師匠である桑島慈吾郎が名付け親ですので、私の想像ですが・・・

もしかしたら、獪岳も、孤児で、しかも、今でいう『ハーフ』か、外国人が両親なのかもしれません・・・

この獪岳、本編の終盤に出てくるため、あまり印象にに残っている読者は少ないと思います。

しかし、この獪岳・・・

とんでもないことを幼年期にしでかしています。

また、後で口述しますが、意外にも後の、

岩柱・悲鳴嶼行冥(ひめじま ぎょうめい)と、関わりがあったりします。

寺の子供たちと悲鳴嶼行冥

 

善逸の回想シーンでの、桃をかじりながらの、この横柄な態度は、

読者にあまり好まない印象を植え付けています。

鬼滅の刃 善逸と兄弟子の因縁の理由は?

善逸と、獪岳の因縁は、じいちゃんこと、二人の師匠でもある、桑島慈吾郎が関わってきます。

 

ふたりは、特に兄弟子である獪岳は、善逸に対するその冷たい態度から、あまり友好的な関係ではありませんでした。

善逸も、獪岳のその冷たい姿勢から、獪岳のことを嫌ってはいましたが、少なくとも、『兄弟子』ということから、その修行に対する姿勢や剣技などにおいては、尊敬の念を持っていました。

しかし、この二人・・・

修行の末、おかしな、技の極め方をします。

そして、この二人の技の極め方が、皮肉にも、獪岳を憤慨させ、さらに善逸を憎み、桑島慈吾郎を逆恨みし、結果的に鬼殺隊を裏切り、慈吾郎を切腹にまで追い込んでしまうことになるのです。

桑島慈吾郎、切腹!2

雷の呼吸は全部で六つの型があります。

善逸は、雷の呼吸の壱の型・霹靂一閃しか使えず・・・

そして、兄弟子である獪岳は、雷の呼吸の一の型だけ使えない・・・というおかしな、技の習得をしてしまいます。

善逸静かに怒る!!

そして、基本である壱の型しか習得できなかった善逸をバカにするようになり、自分が後継者だ!ということを、強く意識するようになります。

師匠である桑島慈吾郎は、二人が完全に雷の呼吸を、極めていないことから、二人とも自分の後継者という形を取ってしまいます。

別の見方をすれば、二人で仲良く協力して、今後も雷の呼吸を研磨して極めてほしい・・・という、親心もあったのか・・・

しかし、これに多いに不満を持ったのが、兄弟子である獪岳でした。

 

このことから、善逸との関係が悪くなり、さらに、師匠である桑島慈吾郎でさえも、逆恨みの対象にしてしまいます!

 

『なぜ!?なぜ、俺が後継者じゃないんだ!?』

『おれは、壱の型以外の技を使える!かたや、あいつ(善逸)は壱の型しか使えない!やつは、未熟者だ!!』

『後継者は、俺意外にいない!!』

という、気持ちだったのでしょう・・・

この、歪んだ気持ちの表れは、善逸に遭遇した時に、激しく罵っていることでも分かります。

カイガク、怒る!

鬼滅の刃 善逸の師匠の死!仇はとれたのか?

この二人の因縁は、鬼の本拠地『無限城』で相まみえることになります。

ここで、善逸は、鬼になり果てた、かつての兄弟子・獪岳と遭遇します。

獪岳が鬼になった理由

鬼殺隊になった獪岳は不幸にも、鬼の上弦の壱(じょうげんのいち)である、黒死牟(こくしぼう)と遭遇してしまいます。

黒死牟との出会い

この上弦の壱というのは、強さの序列で、上弦が強く、下弦が弱い・・・

さらに、一番下が、6番目から数えられ、壱が一番強い!

鬼の序列

つまり、黒死牟(こくしぼう)は、無惨の次に強い鬼!

ということになります!

黒死牟

ここで、獪岳は、余りの力の差を感じ、戦わずして土下座をして命乞いをします。

生きてさえいれば・・・

このことで、黒死牟(こくしぼう)から、鬼になることを強要され、やむなく、鬼になることを選びます。

獪岳、鬼になる

『生きてさえいれば、いつか勝てる!』という気持ちだったのでしょう・・・

このことで、師匠である桑島慈吾郎は、責任を取って、切腹・・・

善逸は心に、深い悲しみと、心の傷を負うのでした。

善逸、怒りを爆発させる

ここで、前述した、獪岳の幼少期についての話をします。

獪岳の幼少期

幼少期の獪岳は、なんと!!

岩柱・悲鳴嶼行冥(ひめじま ぎょうめい)の寺で

一緒にすごしています。

しかし、ここで獪岳の性根の腐った様子が露呈します。

ある日、鬼に寺が襲われた際、自分が助かるため、他の子供を鬼に売った形で自分だけ逃げに伸びます。

腐った性根

このことで、行冥は殺人犯にされ、

心を閉ざす遠因になったのでした・・・

獪岳は、元々こういう性格だったのでしょう。

善逸、じいちゃんの仇

そして、話は戻って、相対する二人!

かつての『兄弟子』は、上弦の陸という、地位を与えられ、鬼になり果て、善逸達、鬼殺隊に立ちはだかるのでした!

善逸を見るなり、

「相変わらず貧相な風体をしてやがる 久しぶりだなァ善逸」

因縁の再開

と、悪びれることもなく、善逸をなじります。

これを、怒りを抑えて冷静に皮肉を交えて返す善逸。

「俺がカスならアンタはクズだ」

「壱ノ型しか使えない俺と壱ノ型だけ使えないアンタ」

「後継に恵まれなかった爺ちゃんが気の毒でならねぇよ」

一の型と、陸の型

そして、怒りを力に変えて、この因縁に立ち向かい、自ら編み出した、雷の呼吸・漆ノ型で、見事決着をつけたのでした!

雷の呼吸・漆の型

まとめ

善逸の兄弟子は、獪岳といいい、お互いに仲がいいわけではなかった。

しかし、師匠である桑島慈吾郎は、厳しい修行を課しながらも、二人をとても慈しんでした。

しかし、二人の技の習得が、中途半端だったため、

桑島慈吾郎は二人を共同の後継者にしようとするが、

それに獪岳が反発、二人を恨むことに・・・

その後、彼の人生は転落・・・

不満の音

その挙句に、上弦の壱(じょうげんのいち)である黒死牟(こくしぼう)と遭遇、圧倒的な力の差から、土下座して命乞いをし、とうとう鬼にまで堕ちることに・・・

幼少期から、その腐った性根の片りんは見せていましたが、

自分の命を最優先とし、他のことはどうでもいいという利己主義者。

その命が終わるまで、善逸のかませ犬的な存在だった、ある意味、不幸でかわいそうな人物だと思います。

善逸、勝利!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です