【鬼滅の刃】善逸のじいちゃんは死亡?名前・名言は?声優は誰?

桑島慈吾郎1

今回は、我妻善逸(あがつま ぜんいつ)の師匠・じいちゃんについて、書いていきます。

善逸と、このじいちゃんとの出会いは、善逸が悪女に騙され借金を肩代わりしてくれたのが、この『じいちゃん』と呼ばれる師匠です。

善逸、借金

じいちゃんは『我妻善逸』(あがつま ぜんいつ)という名前を付け、善逸を鬼殺剣士として厳しく育てます。

しかし、善逸はこの厳しい修行に耐え切れず、何回も逃亡を試みますが、その度、じいちゃんに連れ戻される毎日を送ります。

この記事では善逸とじいちゃんの関係に焦点を当て、じいちゃんに関する気になる点をまとめてみました。

じいちゃんの厳しい修行

鬼滅の刃善逸のじいちゃんの名前や名言を調査

『じいちゃん』は、本名は、桑島慈悟郎『くわじま じごろう』といい元は鬼殺隊の柱で今は『育て』という鬼殺の剣士を、育てる役割を果たしています。

そして、善逸に厳しい修行を課すのですが善逸はその厳しさから、何度も逃げ出します。

じいちゃんの厳しい修行2

那田蜘蛛山編(なたぐもやまへん)で、善逸が蜘蛛の鬼(兄)に、追い詰められた時、回想シーンで、その名言が記されています。

善逸は厳しい修行の中で、六つある雷の型のうち、一の型しか習得できず、それを、蜘蛛の鬼(兄)に見抜かれます。

そのとき、じいちゃんがかけてくれた言葉

『いいんだ、善逸』

『お前はそれでいい ひとつできれば万々歳だ』

『ひとつのことしかできないなら、それを極め抜け』

『極限の極限まで磨け』

『泣いていい、逃げていい、ただ諦めるな』

『誰よりも強靭な、刃になれ!!』

強靭な刃となれ!

厳しいながらも、普通なら、逃げ出したものを追いもせず、ついてこれないならそれまで!

こんな世界で、慈悟郎は、何度も何度も、逃げ出す善逸を連れ戻し、諦めず決して、見限らない優しさ。

いつか、その剣士としての才能が、開花すであろうと予測していたのでしょう。

その厳しさにも、両親がいなかった善逸が味わったことのない『愛情』が含まれていたんじゃないかと私は思います。

鬼滅の刃善逸のじいちゃんは死んだ?その悲しい最後とは

結論から言うと悲しくはありますが、

『じいちゃん』こと、桑島慈悟郎は亡くなっています。

桑島慈吾郎、切腹

その最後は、壮絶で、筆舌しがたい最後でした・・・。

その原因は、善逸の兄弟子である、獪岳(かいがく)が上弦の壱(じょうげんのいち)・黒死牟(こくしぼう)との戦いで、

その圧倒的な力の差を感じ無条件降伏、命乞いの末『鬼』になる道を選びます。

黒死牟との出会い

獪岳、鬼になる

 

鬼殺隊には、厳しい掟があって、身内や弟子などが鬼になったら、自ら死を選ぶという暗黙の了解のようなものがあり、

 

その掟に従って、やむなく切腹(せっぷく)!!

しかも、その切腹には介錯(かいしゃく)などないという、息絶えるまでその激しい痛みに晒されながらの、とても壮絶なものでした。

桑島慈吾郎、切腹!2

余談ですが、『切腹』は『斬首』と違い、武士の名誉と呼ばれ、戦国時代に入ると潔い最後を!と言うことで、

武士の教育でもその方法が教授されています。

そもそも『切腹』は『斬首』(ざんしゅ)の違いは、とても大きく雲泥の差です。

『切腹』は武士という身分のまま死ねる、

『斬首』は重罪を犯したもの・・・

つまり、後者は前科者ということになります。

こうして、桑島慈悟郎は亡くなりましたが、その意思は、善逸に引き継がれることになります。

鬼滅の刃善逸のじいちゃんの声優は誰?

じいちゃんの声優は、千葉繁さんです。

千葉さんは、とても昔から活躍されている声優さんで、
作品をあげさせていただくと・・・

声優:千葉繁さん作品

・ワンピースのバギー
・銀魂の六転舞藏
・ドラゴンボールのピラフ、ラディッツ
・幽遊白書の桑原和真
・めぞん一刻の四谷
・北斗の拳
・キン肉マン
・ゲームのキャラクター
・各、ナレーター・・・

と、一度はその声を聞いたことがあると思います

自分の見解ですが、ひょうひょうとした、いい意味でちょっと頭悪いな、というキャラクターがピッタリの声優さんだと思います。

鬼滅の刃では、善逸の回想でしか出演がなく、あまりアニメには出てきません・・・

この鬼滅の刃、とても、とても、声優さんが豪華です!!

自分は声優さんに関しては、疎い方ですが、

これは、すごい!キャスティングだと思います。

主人公・竈門炭治郎:花江夏樹さんを始めとして、ビックリしたのが、1話だけの鬼の役に緑川光さんを起用。

そして炭治郎の師匠に大塚芳忠さん、てらそままさきさん、子安武人さんなどなど!!

とっても、豪華で役柄にもピッタリという声優さんがたくさん登場します。

アニメにも注目ですね!!

まとめ

今回は、善逸の師匠・『じいちゃん』について執筆させて頂きました。

善逸というキャラクターが、あの悲哀を感じさせないような言動を取るので、

師匠は、今でも幸せな余生を送っているのだと自分も思っていましたが、その、最後は、とても壮絶で、悲惨だと思います。

しかし、その優しい想いや、研さんされた技は見事に、弟子である善逸に受け継がれていると思います。

この師匠ありて、この弟子あり・・・

とても、いい師弟関係だったと思いました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です