終わりのセラフ塩の王とは?強さや画像をまとめてみた

終わりのセラフ塩の王

終わりのセラフの主人公・百夜優一郎の中に宿っている「塩の王」についてを今回は記事にしていこうと思います。

塩の王とは一体なんなのか、塩の王の強さはどれくらいなのか、などを考察していきます。

さらに、塩の王のイラストや画像などを探して私が気に入ったものを乗せたいと思います。

今回の記事のほとんどが私の考察や意見なので、それでも読みたいという方は是非このまま下へ読み進めてください。

 

終わりのセラフ塩の王とは?

終わりのセラフ塩の王

 

「塩の王」については何度か記事に名前を挙げさせていただきました。

でもそれは終わりのセラフの主人公・百夜優一郎の正体をまとめたときにチラッとだけという感じでした。

なので今回は、「第二ラッパ 塩の王」を主体にしてその謎を紐解いていこうと思います。

ここから先は、終わりのセラフの公式情報をもとにしながらまだ謎多い「塩の王」について考察していきます。

なので、途中からは思いっきり私一個人の考えや意見となりますので、そこの所はご了承下さい。

まず「塩の王」の考察をする前に『終わりのセラフ』についてを簡単に説明したいと思います。

MEMO
  • 『終わりのセラフ』とは、世界滅亡の前に百夜教が子供(百夜孤児院の子供)たちを使って実験していた最大禁忌。
  • ラッパ吹きとして覚醒すると、その人の人格は消え「天使」の人格に変わり、全人類に対して明確は殺意を抱きます。
  • 覚醒した姿は、宿主の瞳は金色で白目部分が黒に変わります。
    そして、背中からは天使のような羽根が現れます。
  • この実験の被験者達で現在確認されているのは、百夜優一郎・百夜ミカエラ・君月士方・君月未来・早乙女与一・早乙女巴の計6名。

と、簡単にまとめるとこんな感じです。

では、「塩の王」について考察していきたいと思います。

塩の王=終わりのセラフの第二ラッパ

というのは、皆さん知っていますよね。

この作品のラッパ吹きというのは、「ヨハネの黙示録」に出てくる災いをもたらすラッパがモデルになっていると言われています。

しかし、「ヨハネの黙示録」を確認してみると塩の王というのは出てきません。

なので、塩の王とは作者:鏡 貴也さんが「ヨハネの黙示録」をもとに造りだしたオリジナルなのではないでしょうか。

ヨハネの黙示録の8章8節~8章9節を見てください。

第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一は血となり、海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった」と書かれていますね。

8節と9節のこの部分と旧約聖書のロトの話のソドムとゴモラ「ロトは創造主に後ろを向いてはいけないと言われていたのに振り返ってしまい、奥さんが塩の柱になってしまった」という話の塩の柱の部分塩の王の能力に混ぜたのではないでしょうか。

ラッパ吹きに関してはまだ不明なところの方が多いですが、一つ確かなのはラッパ吹きに覚醒すると、全人類はツミビトと口にしていることです。

 

終わりのセラフ塩の王の強さはどれくらい?

塩の王は一体どのくらい強いのでしょうか。

これまでの優一郎が塩の王に覚醒した時のことを参考に考えてみました。

塩の王はかなり強いと思います。

強さランキングの上位に入るぐらいではないでしょうか。

同じラッパ吹きの第5ラッパとの戦闘では互角以上の力を出して勝利していましたし、第6ラッパのことを一撃で地面に落としたことからかなり強いことがうかがえますよね。

他にも吸血鬼の貴族相手なら負け知らず!上位始祖にも負けはしないと思います。

そもそも『終わりのセラフ』の研究をし始めたのは吸血鬼の真祖であるシカ・マドゥでした。

研究を始めた理由は「自分を殺してくれる相手を造るため」。

なので、強いのは当たり前ですよね。

 

終わりのセラフ塩の王の画像やイラストまとめ

ここでは塩の王(百夜優一郎が覚醒した姿)のイラストや画像を調べて私がいいなと思ったものをまとめました。

塩の王のイラスト・画像はあまり多くなかったのですがその中でも3つ選んでみました。

 

終わりのセラフのアニメ最終話で第5ラッパとして覚醒した君月未来を助けるために再び塩の王に覚醒した時の優の姿のイラストですね。

このシーンは私も大好きなシーンです。

 

このイラストも終わりのセラフのアニメ最終回を見た方が描いたのだろうと思います。

塩の王の剣までも描かれていますね。

天使っていう感じに見えないですね。

なんというか、禍々しいオーラみたいなのが見えそうなのは私だけですか…?笑

 

はじめて優が塩の王に覚醒した時のシーンですね。

初めて見た時は羽根が黒いというのもあって天使にはまったく見えませんでした。(今も優の羽根は黒いのですが……)

この時は羽根が6枚じゃなかったので完全に覚醒したわけではなかったのかなと私は思っています。

みなさんはこの3つの中に気に入った画像はありましたか?

私はこの中で一番気に入ったのは真ん中の画像です。

 

終わりのセラフ塩の王とは?強さやまとめてみた記事まとめ

塩の王について調べたことを簡単にまとめると……

  • 塩の王は『終わりのセラフ』の7体のうちの1体。
  • 『終わりのセラフ』は世界滅亡前は百夜教が研究をしていた。
  • さらに『終わりのセラフ』は世界滅亡の直接の原因でもある。
  • 塩の王は「ヨハネの黙示録の8章8節~8章9節」と「旧約聖書のロトの話:ソドムとゴモラ」がモデルに作者のオリジナルなのではないか。
  • 塩の王は吸血鬼の上位始祖にも勝るほど強い

という感じですね。

塩の王含め『終わりのセラフ』に関してはまだ不明な点がたくさんあります。

塩の王の姿、詳しい能力、などこれからの終わりのセラフの展開で塩の王と優はどうなるのかなど。

続きがとても楽しみですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です