百夜優一郎の正体は何者なのか幼少期に何があった?鬼化や塩の王って何?

終わりのセラフ百夜優一郎の正体

これまで【終わりのセラフ】に出てくるキャラクターを書いてきました。

今回は、その主人公である百夜優一郎についてをまとめていきたいと思います。

優は物語中の問題点すべてに関係していますよね。

そんな百夜優一郎の過去や、実親のこと、さらに鬼化についてや“塩の王”についても考察してみました。

 

百夜優一郎の本名・身長・年齢・wiki風プロフ

名前百夜優一郎(旧姓:天音優一郎)
誕生日10月16日(16歳)
身長170cm
体重59kg

【終わりのセラフ】漫画における主人公。

愛称は「優」

優は『終わりのセラフ』の実験の被験体の一人でとても優秀な被験体で、現在“第二ラッパ:塩王”の宿主でもあります。

吸血鬼殲滅部隊月鬼ノ組のシノア隊隊員で、階級は特別二等兵です。

この物語の色々なところに優は関係しており、さらに重要な鍵でもある人物と推定できます。

 

百夜優一郎の正体は何者?

百夜優一郎の身体の中には現在「」と「天使のラッパの塩の王」が入っているなど、一体彼の正体はなんなのでしょうか。

17巻の65話「人間デハナイ」の所では、同じラッパ吹きでもある第六ラッパが優に「おまえは人間じゃないな」「鬼でも天使でも人間でもない」「お前の存在自体が禁忌に触れている」と言っていましたよね。

では、優は一体何なのか、人間なのか、それとも新たな種族なのでしょうか。

というのを、ここで紐解いていけたらいいなと思います。

 

過去と家族と養子

最初に、優の過去と家族そして養子についてを調べていこうと思います。

優の過去や実親のこと、なぜ百夜孤児院に引き取られたのでしょうか。

というのを、順を追って紐解いていこうと思います。

初めに優の家族・実親についてですね。

優の家族が描かれたのは、6巻の20話「悪魔のアクム」阿朱羅丸が優の身体を乗っ取るために彼に悪夢を見せていた時に登場してきました。

部屋の中はまるで暴れた後のように物が散乱していて、幼い優はそこにポツンと立っていました。

奥に泣き崩れているかのように座りこんでいる母親らしき人と、片手に包丁を持って優のことを見ている父親らしき人がいます。

二人は「おまえは悪魔の子だ」「終わりのセラフは殺さないと……」などを優に向かって言っていました。

そして「優を殺すことは正義だ」とまるで自分達に言い聞かせるかのように呟いていました。

幼い優はそんな両親を恐がり、逃げようと玄関まで走ったのですが、玄関を開けたところで父親に後ろから心臓部分を刺され……という感じで優は悪夢から目を覚まします。

あのあと結局、母親は焼身自殺を図り死亡しています。

そして、優は母親の死後『百夜教』に記憶を弄られ、百夜孤児院に預けられています。

なので、優が自分の過去のことを知らないのは『百夜教に記憶を弄られたから』なのではないでしょうか。

この根拠を裏付けるかのように、優は実親に殺されかけたのは5歳の時、そして百夜孤児院に引き取られたのが8歳の時でした。

この空白の3年間を優はまったく覚えていませんでした。

そして21巻の86話「味方からニゲロ」で真昼は優が5歳の時に一度会って話をしたことを伝えています。

さらにその回想シーンで研究者らしき人たちがその実験体に話しかけてもあとで記憶を操作するから意味ないと真昼に告げています。

記憶操作された後、百夜孤児院に引き取られのちに『家族』となるミカエラや孤児院の子供たち出会うのでした。

優の両親は「終わりのセラフは殺さないと」「世界が滅びる」と言っていましたよね。

なぜ、優のことを終わりのセラフと言ったのでしょうか。

 

鬼化

次に、鬼化についての謎を紐解いていこうと思います。

優やグレンがなった『鬼化』とは一体なんなのでしょうか。

鬼化に関しての詳しい説明はないので、これは私の憶測なのですが鬼化とは、鬼に身体を乗っ取られている状態の時のことを言うのではないでしょうか。

鬼化している人間の特徴は、頭からツノが生え、顔には紫の痣のような模様が浮かび上がってきます。

そして、目の色は鬼と同様に赤色になるのです。

鬼化している時の人間の精神状態は限りなく「鬼」に近づくので、格段に強くなりますが、その分人間としての理性がなくなります。

つまり、敵味方関係なく攻撃したり、破壊行動をしてしまうということです。

 

塩の王

では最後に、塩の王というのか一体なんのかについて紐解いていこうと思います。

塩の王とは、優が所持している“第二ラッパ”を吹き覚醒した姿のことだというのは皆さん知っていますよね。

そもそも、天使のラッパというのは『ヨハネの黙示録に出てくる七つの災いをもたらすラッパ』のことです。

しかしヨハネの黙示録を読んでみると、実際に“塩の王”というのは出てきていません。

黙示録では「巨大な山のような火の固まりが海の中に落ち、海の三分の一が血に変わり、海の生き物の三分の一が死に、全ての船の三分の一が壊される」と表記されています。

あとは旧約聖書のロトの話で、創造主に後ろを振り返ってはいけないと言われていたのに振り返ってしまい、奥さんが塩の柱になってしまうというものがあります。

塩の王とは、この二つを混ぜて造られたのではないかと私は考えています。

 

ユウと優一郎

阿朱羅丸の過去回想シーンで出てきた優に瓜二つの少年「ユウ」と百夜優一郎はなにか関係しているのでしょうか。

阿朱羅丸がまだ人間だった頃、つまり古代ギリシャの時奴隷だったアシェラを買ったシカ・マドゥと行動を共にしていた少年は、百夜優一郎と瓜二つの顔で「ユウ」と呼ばれていました。

さらにこの少年は、シカ・マドゥのある実験のために大量に造られた存在だったことも判明しています。

ある実験というのは『終わりのセラフ』だと思われます。

同じ顔で、同じ呼び名、そして二人とも『終わりのセラフ』の実験体、接点の多いこの二人の関係性については今後の漫画で描かれると思います。

同一人物なのか、クローンなのか、はたまた他人のそら似なのか。

今後の展開が楽しみですね。

 

百夜優一郎の正体は何者?記事まとめ

百夜優一郎についてまとめると……

  • 本名は『天音優一郎』
  • 実親に殺されかけた過去を持つ(それ以外のことは覚えていない)
  • 母は焼身自殺したのちに百夜教で記憶を改ざんされ、百夜孤児院に引き取られている
  • 古代ギリシャの時に優一郎似の「ユウ」という少年がいた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です