善逸の鎹雀の名前はチュン太郎ではない!?善逸だけ雀の理由はなぜ?

善逸の雀の名前はチュン太郎?

我妻善逸の鎹雀『チュン太郎』について調べてみました。

チュン太郎とてもかわいいですよね。

鬼滅の刃は全体的に重めのストーリーが多いのでチュン太郎の存在が「癒し」となっていましたよね。

本来、鬼殺隊員に送られている鎹鴉は雀ではなくカラスです。

しかし、善逸に送られているのはカラスではなく雀でした。

一体何故なのでしょうか。

今回はなぜ善逸には鎹雀なのか、鎹雀の『チュン太郎』の本当の名前などをプロフィールとともに考察してみました。

『チュン太郎』の声優さんについても調べました。

 

善逸の鎹雀チュン太郎基本情報

チュン太郎の名前と性別

善逸の鎹雀『チュン太郎』という名前は善逸が名付けており、本名とは異なります。

では、本名は一体何なのか、プロフィールと一緒に見ていきましょう。

名前うこぎ(由来はうこぎご飯が好きだから)
性別女の子
過去チュン太郎の家族は鬼に殺されています。自分では鬼を倒せないけど役に立つために伝令役を買って出ました。

と、公式で出ているのはこのぐらいでした。

チュン太郎の家族も鬼に殺されていたことに少し驚きましたが、それでも鬼を倒すために役に立つことをしようとするチュン太郎の姿勢がとても勇ましくてかっこいいですね。

チュン太郎の初登場は何巻何話

2巻の8話「お兄ちゃん」で炭治郎達の最終選別で生き残った4人に、隊服・玉鋼・鎹鴉がお館さまから送られてきました。

その場にいた竈門炭治郎不死川玄弥栗花落カナヲの3人には鎹鴉が送られましたが、何故か善逸には鴉ではなく雀が送られました。

これがチュン太郎の初登場ですね。

善逸も「え?鴉?これ 雀じゃね?」と困惑していて笑えてしまうシーンでしたね。

チュン太郎の声優は?

声優石見舞菜香
出身地埼玉県
誕生日4月30日
身長158cm
趣味散歩・読書
特技チューバ・耳を動かすこと
資格日本漢字能力検定 準2級
経歴

プロ・フィット声優養成所 卒業

2019年第十三回声優アワード「新人女優賞」受賞

【出演作】

『鬼滅の刃』・・・チュン太郎

『フルーツバスケット』・・・本田透

『波よ聞いてくれ』・・・南波瑞穂

『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』・・・環うい

『ナカノヒトゲノム【実況中】』・・・伊奈葉ヒミコ

『グランベルム』・・・土御門久音

『revisions リヴィジョンズ』・・・手真輪愛鈴

『多田くんは恋をしない』・・・テレサ・ワーグナー

『クジラの子らは砂上に歌う』・・・リコス

『URAHARA』・・・綿紬ことこ

『ゲーマーズ!』・・・星ノ守千秋

『ライフル・イズ・ビューティフル』・・・望月涼子

『Phantom in the Twilight』・・・ムー・シンヤオ

『NEW GAME!!』・・・星川ほたる

『終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?』・・・ラキシュ

『月がきれい』・・・宮本心咲

『アイカツスターズ!』・・・夏奈

劇場『さよならの朝に約束の花をかざろう』・・・マキア

                           etc.

 

善逸とチュン太郎の名シーン

4巻の29話「那田蜘蛛山」から抜擢しました。

那田蜘蛛山に到着したかまぼこ隊は入り口付近にいる隊員に駆け寄るとその隊員が勢いよく何かに引っ張られそのまま山の中に消えてしまった光景を見た善逸は腰を抜かし、怖じ気ついてしまいました。

そんな善逸を炭治郎と伊之助は置いて先に進んでしまいます。

置いて行かれた善逸は山の前で体育座りをしていじけてしまいました。

チュン太郎はいじけている善逸に対して「いじけていてもしかたないよ」「早く仲間を助けに行かなくちゃ」と説得しますが、善逸には伝わらず「いいな お前は気楽で…… 何にも分かんないよな 人間の事なんて」と言われてしまいます。

イラッときたチュン太郎が善逸の手に噛みついていましたね。

結局、その後善逸の山の中に入り「累の兄」と戦います。

戦いには勝利しますが、毒のせいで生死の境をさまよいますがチュン太郎が蟲柱・胡蝶しのぶを呼んでくれたので善逸は無事蜘蛛になる前に助かりました。

 

善逸だけ雀の理由はなぜ?

善逸だけ雀の理由を考察する前にまず、鎹鴉について少し説明したいと思います。

鎹鴉とは、各地に散らばった鬼殺隊員同士の連絡や、お館さまからの任務・報告をするための連絡手段です。

この時代(大正時代)は、スマホなど電話は存在しないので鎹鴉とは『伝書鳩』みたいな役割を果たしています。

違いは、伝書鳩は『手紙』でのやり取りですが、鬼殺隊の鎹鴉は人語を話すのでカラスが口頭で任務や伝言を伝えています。

ですが、チュン太郎は「チュンチュン」しか鳴けないので善逸との意思疎通はあまり出来ていないようでした。

それでも炭治郎達と出会う前にも任務はしていたので最低限のコミュニケーションは出来ていたのではないかと考えられます。

さて、ここから善逸だけ雀の理由を考察していきたいと思います。

まず最初に考えたのは、善逸の特殊な体質と関係しているのではないかと思いました。

善逸は人より聴覚が優れているので、カラスの鳴き声より雀の鳴き声の方が耳に負担が掛からないのではないでしょうか。

次に考えたのは、善逸の育手をした「じいちゃん」とお館さまのご厚意なのではと思いました。

善逸は本当は強いのに自分の事を弱いと思い違いをしているので戦闘の前になるとネガティブ思考になってしまいます。

戦闘を放棄してしまうのではないかと心配になるじいちゃんはそんな善逸の面倒を甲斐甲斐しく見てくれる鎹鴉を派遣してくれるように頼んだのではないでしょうか。

他にもただ単に善逸と相性が良かったのがカラスではなく雀だったからというのもあるのかも知れないですね。

とまあ、色々考察してみましたが…

実際のところ作中に理由が出てきていないのでどれが正解かはわかりません。

ですが、こういう感じの理由だったらいいなと思いました。

 

まとめ

チュン太郎が鎹雀になったのは、

・家族を鬼に殺されたが自分では鬼を退治することが出来ない

・それでも何か役に立ちたい一心で伝令役に入った。

チュン太郎が善逸の鎹雀になった理由は、

・善逸の特殊な体質に関係している

・善逸とチュン太郎の相性が良い

のではと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です