冨岡義勇の名言・かっこいいセリフ10選!静かに突き刺さる熱き言葉!

水柱・富岡義勇

見た目と中身にギャップがある冨岡義勇。

口数が少ないので、名言なんてあるの?と思われる方もいるかもしれません。

そんな冨岡義勇の名言やかっこいい胸熱のセリフを10個集めてみました。

 

俺には関係のないことだ・・・

時に同僚にさえ、冷たい態度を取る・・・

水柱・冨岡義勇・・・

物静かで感情少なく、状況判断に長け、

戦況を冷静かつ的確に見極め、鬼を討つ!!

そのクールさが大好き!!という方も多いのではないでしょうか?

富岡義勇1

その言葉は口数が少なく、説明が簡潔なため、厳格に感じることが多い・・・と感じます。

そんな、静かな男・冨岡義勇のセリフ・名言・迷言?

について解説していきます。

冨岡義勇のしゃべり方(話し方)

冨岡義勇は、鬼殺隊の最強の剣士である9人の柱の一人で、水の呼吸を使いこなす水柱です

主人公・竈門炭治郎が初めて、出会う鬼殺隊士です。

その話し方は、相手が認めたくない、受け入れがたい現実を厳しく言い放ちます。

そして、説明もあまりしないため、

他人の誤解を招きやすく、怒りを買ったり、

隊律違反に問われることも・・・

 

その反面・・・

自分が他人から嫌悪されていることは、

気になるらしく、同僚から指摘されても、

俺は嫌われていない!と思っています。

富岡義勇のセリフ・名言まとめ

ここからは、そんな義勇の言葉をみていきます。

中には、え!?と思う場面も探してみました!

名言1:生殺与奪の権を他人に握らせるな!

富岡義勇 厳しい言葉2

生殺与奪の権を他人に握らせるな!!

惨めったらしくうずくまるのはやめろ!!

そんなことが通用するならお前の家族は殺されていない

さらに・・・

奪うか奪われるかの時に主導権を握れない弱者が

妹を治す?

敵を見つける?

笑止千万!!

鬼滅の刃 第1話より

 

家族を惨殺された炭治郎・・・

しかも妹・禰豆子(ねずこ)が鬼になってしまった・・・

理性を失って、炭治郎に襲い掛かる、禰豆子(ねずこ)

その時、駆け付けた義勇は、

禰豆子を鬼として滅殺しようとしますが、

炭治郎は、禰豆子をかばおうとします

その時、放った義勇の発言です

ひとたび鬼になってしまったら、再び人に戻す方法はない・・・

ただ、滅殺するのみ・・・

鬼殺隊の柱として、確実に使命をこなし、例外はない・・・

義勇、独特の厳格さが際立った名言です

名言2 つらいだろう、叫びだしたいだろう、わかるよ

つらいだろう、わかるよ

泣くな

絶望するな

そんなのは今することじゃない

お前が打ちのめされてるのはわかってる

家族を殺され

妹は鬼になり

つらいだろう

叫びだしたいだろう

わかるよ

鬼滅の刃 第1話より

 

絶望に打ちひしがれている炭治郎に、

厳しい言葉を浴びせかける、義勇でしたが、

自らも、姉・親友を鬼に殺されているので、

この厳しい状況の炭治郎に同情します。

しかし、口には出さず、自分の心の中で、

炭治郎に同情する・・・

寡黙な、義勇らしいです

名言3 修行しなおせ戯け者!!

修行しなおせ戯け者

修行しなおせ戯け者!!

今のは、十二鬼月(じゅうにきづき)でもなんでもない

そんなこともわからないのか

鬼滅の刃 第38話より

 

那田蜘蛛山(なたぐもやま)にて、炭治郎や、伊之助も

歯が立たなかった、頑丈な、蜘蛛の鬼(父)に対して、

水柱として、圧倒的な力を見せ、鬼を豆腐のように小間切れにしてしまった義勇!!

これに、無謀にも戦いを挑む、伊之助・・・

これに対して放った一言!!

性格が生真面目すぎる故、

冗談や、中途半端な奴が嫌いなのでしょう!

この後、伊之助を目にも止まらない速さで、木につるし上げてしまいます!

そのまま、去っていく義勇・・・

伊之助のキャラクターも相まって、

少しコミカルなシーンです

名言4 俺が来るまでよく堪えた 後は任せろ

俺が来るまでよく堪えた後は任せろ

俺が来るまでよく堪えた

後は任せろ

鬼滅の刃 第42話より

 

十二鬼月(じゅうにきづき)の下弦の伍(かげんのご)塁(るい)との戦闘で、炭治郎の危機に、間一髪、救援に現れた、義勇!!

この時の、セリフです!

 

このギリギリの救援の後の、この一言

しかも柱に任せろ!と言われれば、

任せるしかないでしょう!

ありきたりな言葉ですが、めちゃくちゃカッコイイですね!

名言5 全集中・水の呼吸 拾壱ノ型 凪

全集中・水の呼吸 拾壱ノ型 凪

鬼滅の刃 第42話より
 
これは、義勇の最終奥義・凪(なぎ)の所見のシーンです
水の型は、10までしかありませんが、血の滲むような努力の末、
義勇だけの型、11の型・凪の習得に至ったのでしょう!!
 
この技は、自分の間合いの鬼の血鬼術を無効化するもので、
最大級の防御の技です!!
 
ここでも、12鬼月に対して、何もさせない圧倒的な実力を見せています!!
 

名言6 おれは嫌われていない

おれは嫌われていない
 
鬼滅の刃 第42話より
 
これは、胡蝶しのぶに対して、義勇が返した言葉です
 

さあ、どいてくださいねと、というしのぶに、

俺は嫌われていない

と、義勇・・・

炭治郎、しのぶともに

え!?そこ???というような顔・・・

普段は冷静で、何事も気にしないような感じを受ける義勇ですが、ちょっとした天然ぶりを見せています。

名言というより、迷言だと思います。

名言7 鱗滝左近次 冨岡義勇が腹を切ってお詫び致します

鱗滝左近次 冨岡義勇が腹を切ってお詫び致します

 
鬼滅の刃 第46話より
 
これは実際に義勇が発した言葉ではありませんが、柱合裁判(ちゅうごうさいばん)の中で、手紙で自分の命を懸けると、師匠の鱗滝とともに訴えているものです。
 
他の柱は、例外は認めず、鬼はすべて滅すべし!
との意見が多数ですが、
唯一、義勇だけが、命を懸けて反対しています!
 
彼が、ただ寡黙な無関心ではなく、柔軟な考え方をもった人間だということが分かります。

名言8 蔦子(つたこ)姉さん  錆兎 (さびと)未熟でごめん…

蔦子姉さん 錆兎 未熟でごめん…

蔦子(つたこ)姉さん

錆兎(さびと)

未熟でごめん・・・

鬼滅の刃 第131話より

これは、炭治郎が御屋形様の、義勇の心を開いてやってくれ・・・との頼みにあれこれ迷った末、炭治郎の問いかけに、義勇が心を打たれた瞬間です。

義勇さんは、錆兎から託されたものを繋いでゆかないんですか?

この問いに・・・

錆兎との昔のやり取りを、思い出します。

お前も繋ぐんだ・・・義勇

蔦子姉さん 錆兎 未熟でごめん…

これは、初めて義勇が自分の弱さを認めた瞬間のシーンです・・・

今まで姉・蔦子と親友・錆兎を死なせたのは自分だ・・・

と、自責の念に捕らわれていた義勇でしたが、

この問いに、自分を取り戻します。

彼の暗い過去が、明らかになるとても大事な回です。

名言9 よくも遠くまで飛ばしてくれたな上弦の参

よくも遠くへ飛ばしてくれたな

俺は頭にきてる

猛烈に背中が痛いからだ

よくも遠くまで飛ばしてくれたな

上弦の参

鬼滅の刃 第149話より

これは、上弦の参・猗窩座(アカザ)の技を食らって、遠くへ飛ばされて再び、戻った時のセリフです。

いつもは冷静な寡黙な義勇が、感情むき出しで、怒りを露わにしています。

この無限城に入った頃から、感情豊かな義勇や、コミカルな義勇が見られます

名言10 炭治郎を殺したければ、まず俺を倒せ・・・!!

まず俺を殺せ

炭治郎を殺したければ

まず俺を倒せ・・!!

鬼滅の刃 第153話より

これは、激闘の末、

上弦の参・猗窩座(アカザ)の首を斬って、

戦闘が終わった・・・と安心した瞬間

猗窩座(アカザ)が、死なずに動き出し

炭治郎に、攻撃を加えたときのセリフです。

またしても、義勇さん、感情をむき出しで

怒りを露わにしています!

もう、これ以上、目の前で大事な人を死なせない!!

そういった覚悟が垣間見れます!

まとめ

どうでしたか??

今回は、富岡義勇の名言・気になるセリフについて、取り上げてみました。

彼は、その寡黙さゆえ、あまり融通の利かない人物だと思われがちですが、そうではないことが垣間見れます。

口数が少ない故、その言葉に重みがあると思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です