【鬼滅の刃】岩柱悲鳴嶼行冥の呼吸法や必殺技まとめ!地味キャラが今やリーダーに

鬼滅の刃で、最強と言われている悲鳴嶼行冥

柱が登場してきた時は煉獄杏寿郎の方がリーダーっぽく見えましたが、本当に念仏だけを唱えていた地味キャラでした。

今はそんな地味キャラリーダーとして、鬼殺隊を引っ張ってます。

そんな鬼殺隊最強の岩柱悲鳴嶼行冥の呼吸法や技について見ていきましょう。

悲鳴嶼行冥の呼吸法は

引用:五峠呼世晴先生/集英社/鬼滅の刃

悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)の呼吸法はです。

まさにキャラクターと同じような呼吸法だと思います。

悲鳴嶼行冥(ひめじまきょうめい)の性格は!?

性格は人を憐れむ気持ちがとてもとても強く、よく念仏を唱え涙を流している剣士。しかも、生まれついてからの盲目でした。

10代の頃から寺の住職をしていて、身寄りのない子供を引き取って生活をしていたのでとても優しい方です。

身寄りのない子供の中にはあの人物もいました。

ですが、鬼に襲われてその生活が一変したあげく生き残った子供に「あの人がみんな殺した」と冤罪を証言されてしまいました。

結果死刑判決が下ってしまいます。最終的には産屋敷輝哉に救われますが冤罪で死刑だなんて、本当によく気が狂わなかったなと思います。

引用:五峠呼世晴先生/集英社/鬼滅の刃

ただ、柱としての自分の生き方の覚悟はあります。上弦の壱黒死牟に年齢を聞かれ、肉体と技の保存に対しての返答はとてもらしいです。

「鬼殺隊である限り明日の命の保証はない」
「何を今更己が命など惜しもうか」
「そのような生半の覚悟で柱になる者などおらぬ」
「甚だしき侮辱、腸が煮えくり返る」

そして、

「貴様の下らぬ観念を至上の物として他人に強要するな!!」

このセリフはしびれました。

岩の呼吸の型一覧

そんな心優しい、悲鳴嶼行冥ですが、一度戦いとなればめちゃくちゃ強い。

生まれながらにして力が強く鬼殺隊に入る前から、鬼を素手で殺す等、めちゃくちゃ素質があります。

始めに使用する武器が鉄球をブンブン振り回して斧も投げまわす等、あんまり強そうなキャラではないので、死亡フラグが立ちそうな雰囲気がありましたが上弦の壱黒死牟からも

「素晴らしく極限にまで練り上げられた肉体の完成形」
「このような剣士と出会うのは3百年ぶり」

と言わしめるほどの肉体、炭治郎との呼吸法のトレーニングの際も岩を押すという人間離れしたトレーニングをしていました。

引用:五峠呼世晴先生/集英社/鬼滅の刃

 壱ノ型 蛇紋岩・双極(じゃもんがん・そうきょく)

171話で使用

風の呼吸 漆ノ型 勁風・天狗風との連携技です。

黒死牟にダメージは与えられはしませんでしたが、着物を脱ぎついに本気モードで対決に入ります。

弐ノ型 天面砕き(てんめんくだき)

敵の頭上にハンマーを投げて真上に来た瞬間に地面が粉砕する程の勢いで鎖を踏みつけ、敵にハンマーをぶち当てる技

黒死牟には避けられましたが、すごいスピードでの一連の流れからの技です。

参ノ型 岩軀の膚

鬼滅の刃139話で使用。

自身の周りで日輪球と片手斧を振り回す防御の型。無惨からの棘による攻撃を完璧に防ぎました。

この回からやっと岩の呼吸がお披露目です。

肆ノ型 流紋岩・速征】

高速で敵に鉄球を投げつける技ですが黒死牟にダメージを与えることはできませんでした。

伍ノ型 瓦輪刑部

鉄球で4箇所同時攻撃、みんなの連携でこのチャンスを逃さずにたたみかけます。命がけの無一郎と玄弥の助けをかりて、実弥との連携技で黒死牟の頸を落とすのでした。

まとめ

岩の呼吸 悲鳴嶼行冥(ひめじまきょうめい)はめちゃくちゃ強いです。
ただそんな強い柱でも上弦の壱黒死牟相手では一人では勝てなかったと思います。

生まれながら、盲目穏やかに過ごしていたら、鬼に襲われ、助けた子には裏切られ更に死刑判決だなんて、酷な人生を歩んできていますが鬼に対しての討伐の情熱はすさまじい物があります。

鬼殺隊に入ってはどのような気持ちで修行されていたのでしょうか?

当初は、あまり目立たないキャラクターですが、戦いを経る事に男らしさと男くささが、立派でファンがますます増えると思います。

無惨に対しても戦っていますが、色んな技も見たいですね。
終の型があるのか?どうなのか?200話を前に見せてほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です