呪術廻戦146話のネタバレ考察と感想まとめ!ルールの抜け道を探せ!

呪術廻戦146話ネタバレ考察感想

この記事では呪術廻戦146話のネタバレ最新情報をいち早く紹介する記事となっております。

また新しい情報が入り次第、追記していこうと思います。

この記事では私の考察を含めるのでご了承ください。

前回は天元の口から色々な真実が明かされました。

羂索から天元を守りつつ、ルールまで変えて、獄門疆「裏」に天使の力を借りなくてはいけません。

果たして順調にいくのでしょうか?

では呪術廻戦146話のネタバレ最新情報についてみていきましょう!

>>呪術廻戦145話のネタバレ考察はコチラ

 

 

呪術廻戦最新15巻を無料で読む

呪術廻戦ネタバレ考察

 

無料で今すぐ読む

 

呪術廻戦146話ネタバレ確定最新速報

呪術廻戦最新146話ネタバレ①ルール1

「術式の・・・消滅?」

天元の言葉に伏黒は戸惑いながら尋ねました。

「天使の術式なら獄門疆「裏」を開けることができる」

今天使がどこにいるのかと尋ねると、

東京の東側のコロニーだ、回游の結界は私(天元)を拒絶しているからそれ以上の情報はない」

そういい、獄門疆「裏」を天元は再び時空の歪みの中に隠してしまいました。

「そこから整理しようか」

「全国に10のコロニーがある、それが日本の人間を彼岸へと渡す境界を結ぶ結界とつながっている」

天元の話の途中で九十九が口を開きました。

「北海道が入ってないのは呪術連の結界?」

天元は答えます。

「あの地は既に巨大な霊場として慣らしが済んでいる」

・・・さすがは試される大地

”彼岸へ渡すと聞くと仰々しい感じがするが、ようは日本にいる人間全員に呪をかけ、同化の準備をしているということです。

「儀式は終わるまでどのくらいかかりますか?」

「回游次第のところもあるが、2つきもあれば済むだろう」

ルール1が持ち出されます。

「今11月9日の午前9時」

「プレイヤーが術師に覚醒したのが10月31日24時頃・・・」

真希と乙骨が言います。

「津美紀が参加するmでの猶予時間はざっくり10日と15時間」

伏黒が言います。

 

呪術廻戦最新146話ネタバレ②ルール2

ルール2について話し合いが始まりました。

「天元様はさっき参加を拒否すれば死ぬと言ってましたよね?」

「ああ」

天元のその返事に、伏黒の頭に家入の言葉が蘇ります。

ーーー

「術式の剥奪かぁ・・・後追いで参加する術師にも適応されるルールだとしたら、剥奪は無為転変で行われるってことではないと思う」

続けて、「使用禁止ではなく剥奪だから”縛り”ではない」

「そうなると脳に無理やりなにかしら作用するわけだから、ルール的に剥奪されると死ぬだろうね。じゃなきゃ全員参加拒否するだろうからね」

家入が吸っていたたばこの煙を輪っかにして吐き出したーーー

「家入さんの読み通りだったけど、逆に私みたいな術式持ってない術師はノーリスクだな」

 

呪術廻戦最新146話ネタバレ③ルール3

家入の言葉を思い出した真希がルール3について考えを述べます。

「これって最初からコロニーの中にいる一般人の人らはどうなんの?」

と、虎杖が疑問を唱えます。

「少なくとも1度は外に出る機会を与えられる」

「マジ!?」

「随分と親切なんdすね」

「ルールの中に1つもコロニーの出入りに関する条項が記載されていない、プレイヤーに始め”コロニーから出る”という明確な目的を与えたあとで、回游を活性化されることが目的なんだろう」

 

呪術廻戦最新146話ネタバレ④ルール4・5

ルール4・5を考え「ルールってごちゃごちゃするな」

という虎杖には対照的に伏黒は考え込むようにしています。

「伏黒?」

と、虎杖が声をかける。

「天元様のいうゲームマスターって、各プレイヤーに1体ずつ憑く式神”コガネ”コガネも正確に言えばゲームマスターではなく”窓口”だ。ゲームマスターは死滅回游のプログラムそのものと思った方がいいと思う」

天元の説明についていけなくなっていた虎杖は「なるほど!」

と相槌を打ちました。

 

呪術廻戦最新146話ネタバレ⑤ルール6・7・8

ルール6については九十九が考えるように「追加・・・すでにあるルールを消すのはなしかな」

「遠まわしに否定ならいけるかもしれませんね」と伏黒が答えます。

7のルールについてついに脹相が口を開きました。

真希もそれに同調します。

「判断基準がアッチ任せすぎる」

「ある程度は公平な判断が見込めるハズだ。末にプレイヤーにここまでのルールを強いているんだから」

呪術界にこれ以上羂索に利益が偏ることはない」

ルール8を見た虎杖が「また・・・人を殺さないといけないのか・・・」

沈んだ表情に虎杖に「いや、いくつか考えがある」と伏黒が言いました。

 

呪術廻戦最新146話ネタバレ⑥それぞれの役割

「情報の整理はできたあとはそれぞれの役割」と真希が言います。

「由基さんと脹相はここで天元様の護衛」

真希は呪具の回収に当たるといいます。

五条が風位されてまもなく、忌庫の呪具は加茂家と禪院家が持ち出して何も残ってないといいます。

「だが恵が禪院家の当主になった」

「お!?」

驚いた表情で虎杖が伏黒のほうを見る。

「後で説明する」

「天元様・・・」

「分かっている 組屋鞣造のアトリエだろう?」

「助かります」

「用事が済んだらパンダ探して回游の平定に協力するけど憂太は?」

乙骨はコロニーに入り、少しでも情報を集めたいと言います。

万が一身内で殺し合いにならないように、それから何かあったときのために近場のコロニーは避けるという乙骨。

結界で電波が断たれるかもしれないから暫く連絡取れないかもとも言います。

そこまで言ったところで、乙骨と虎杖があることに気づきます。

「もし次俺が宿儺と代わったら迷わず殺してくれ」

虎杖も乙骨も、乙骨が虎杖の近くにいたほうが伏黒は安全だが、戦力的には乙骨は単独で動いたほうあいいと頭を悩ませます。

 

呪術廻戦最新146話ネタバレ⑦秤登場!?

そんなこと言ってる場合か大丈夫だと伏黒が虎杖の型を叩きます。

「そん時はオレが死んだあとしっかり殺してもらえ」

伏黒の発言にそうならないためにと、苦笑いを浮かべる虎杖でした。

伏黒は真希に話しかけます。

「オマエらは予定通り金次のとこへ行け」

虎杖にとって聞き覚えのない名前が聞こえてきました。

「秤金次、停学中の3年生だよ」

と乙骨が答えます。

「今はとにかく人手が足りねぇなにがなんでも駆り出せ」

「その人そんなに強いの?」と虎杖が聞きます。

「ムラッ毛はあるけどノッてるときは僕より強いよ」

各自の役割が決まり、薨星宮をあとにする虎杖たち。

虎杖が振り返って脹相の名前を呼びました。

そして「ありがとう 助かったよ」

そういうと「死ぬなよ」とその虎杖の後ろ姿に脹相は涙するのでした。

 

呪術廻戦最新146話ネタバレ⑧新プレイヤー

ーーーとある劇場でーーー

1人の芸人が「行き当たりもっこり」と書かれたスケッチブックを持ってネタを披露しています。

しかし客受けは悪くそのままネタは終わりました。

控室に戻った芸人に怒声が飛びます。

「高羽(たかば)ぁ!!」

「いつまでそんなんしとんねん!やめーやこっちまで辛気臭ぁなるわ!!」

高羽と呼ばれた芸人はパイプ椅子に座り頭を抱えていました。

怒声を飛ばした男は自分に向いていることをしろといい、部屋をあとにしました。

「・・・オレは嫌いやなかったで高羽のネタ」

同じ楽屋にいた先輩芸人が言いました。

ケンと呼ばれたその人は「アイツもオマエも勘違いしおる おもろなくても売れる奴は売れんねん」

「いt発や的な話っスか?」

「ちゃうわ」

「ずっと宇r続ける奴のは2種類いて、ずっと面白い奴とずっと自分のことおもろいと勘違いできつ奴や」

「オマエはどっちや?」

そういわれた高羽の表情が徐々に曇り始めました。

「五分だ五分だと言うけれど・・・本当は七三くらいが・・・」

死滅回游者

高羽史彦(たかばふみひこ)

 

 

呪術廻戦最新話は、4月19日月曜日発売になります。また新しい情報が入り次第追記したいと思いますので楽しみにしてて下さいね♪

呪術廻戦を無料で!

 

呪術廻戦ネタバレ

 

 

呪術廻戦電子書籍を無料で!

3分で無料トライアルへGO

↑2,189円→0円↑

 

呪術廻戦アニメU-NEXT

 

アニメも好きなときに

3分で無料トライアルへGO

↑お得に見ちゃう♪↑

 

呪術廻戦146話の考察

秤登場なるのか

名前だけで全く情報のない秤でしたが、(作者はコンプライアンスの問題と言っていました)ついに登場となりそうですね。

乙骨曰くかなりの実力者のようなので、仲間に引き入れなければなりません。

上層部ともめて停学を受けていたので、敵になる確率は低いと思いますが、性格はどうなんでしょうね。

強さにムラがあるということも少し気になります。

東堂タイプの性格だったら少し難かしくなってしまいそうですね。

秤・・・術式は名前の通りなんでしょうか?

 

真希はパンダと合流できるのか

真希は呪具と集めてからパンダと合流するといっていましたが、呪力のない真希が、探索能力に長けているとも思えません。

パンダが高専にいるのなら、落合場所は高専になるでしょうが、パンダが夜蛾と一緒にいる確率が高いので、高専にはいない確率の方が高いと思います。

真希とパンダは合流場所を伝えあっているのでしょうか。

真希は伏黒の力を利用して強大な呪具をいくつも持ち出すでしょうが、いつもはパンダか伏黒に持たせていたので、持ち運びはどうするのでしょうか。

・・・そこに手伝おうか?とパンダの登場もあり?

 

七三は七海の術式

一番気になるこのプレイヤーの術式は7対3つまり七海の術式を引き継いでいるということです。

死んだ人間の術式は新たなプレイヤーのものとなるのでしょうか?

七海が復活しているわけではないので、術師が死んだら術式は他者に渡ると思っていいようです。

その死んだ人の術式はまた誰かに引き継がれるのでしょうか。

 

呪術廻戦146話の感想

今回も凝縮された盛りだくさんの内容でしたね。

一緒に行動をとって行くものと思っていたので、別行動は少し驚きましたが、最善の選択というやつでしょう。

乙骨が1番にルールを作り、どこまでが許容範囲なのかを確かめそうな気がしますね。

ここ最近宿儺が大人しいのも気になりますが、今度からは伏黒が虎杖と行動をとることになるので、いずれ伏黒にコンタクトをとってくるでしょうね。

ルールの抜け道を探しながら、新しいルールを作るのはやはり乙骨か伏黒の役割になりそうですね。

呪術廻戦146話へのファンの声

 

呪術廻戦をお得に読める電子書籍サービス比較
サービス提供会社無料・特典無料期間特徴
U-NEXT1冊31日600P付与/40%還元/映画・アニメ・成人動画/雑誌70誌見放題
music.jp1冊30日600P付与/10%還元/動画クーポンあり/音楽充実
FODプレミアム最大2冊14日最大1,300P付与/20%還元/DL不可
ebookjapan6冊半額なし月額定額0円/初回50%OFF6冊まで/アプリ高機能/無料まんが2000冊↑
まんが王国1冊半額なし月額定額0円/初回50%OFF1冊/毎日1pt/クーポン多数/無料まんが3000冊↑

 

まとめ:呪術廻戦146話ネタバレ確定

今回は呪術廻戦146話ネタバレ考察と感想まとめをご紹介させていただきました。

今回は新たな情報が沢山あってまた少し整理しないとパニックになってしまいそうな内容でしたね。

一緒に行動すると思っていましたが、別々の行動をとりつつ、情報の共有をするようですね。

九十九と天元の関係性はまだ少し分からないところもありますが、徐々に明確になるでしょう。

新しい情報が入り次第追記していきますので、楽しみにしてて下さいね!

最後までご愛読ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。