呪術廻戦142話のネタバレ考察と感想まとめ!乙骨の密命とは!?

呪術廻戦142話ネタバレ考察感想

この記事では呪術廻戦142話のネタバレ最新情報をいち早く紹介する記事となっております。

また新しい情報が入り次第、追記していこうと思います。

この記事では私の考察を含めるのでご了承ください。

前回は引き続き、虎杖と乙骨、脹相と直哉の戦いが繰り広げられる展開になりました。

しかし、今回は乙骨の狙い通りなのか・・・虎杖が乙骨に心臓を貫かれてしまいます。

宿儺が少し登場していたので、やはり乙骨の目的は宿儺なのかもしれませんね。

目が離せない展開が続きます!!!

では呪術廻戦142話のネタバレ最新情報についてみていきましょう!

>>呪術廻戦141話のネタバレ考察はコチラ

 

 

呪術廻戦最新14巻を無料で読む

無料で今すぐ読む

呪術廻戦142話ネタバレ確定最新速報

呪術廻戦最新142話ネタバレ①直哉に合わせる脹相

脹相は赤燐躍動・載で自身のドーピングを使い、直哉の動きを目で追えるようになります。

直哉も脹相の変化に気づきます。

亡き禪院直毘人と同じ投射法を使う直哉の動きを捉え始めた脹相。

けれど直哉の術式の解明までは至っていません。

しかし直哉はカウンター前提で動きを作っていると脹相の攻撃をかわします。

呪術廻戦最新142話ネタバレ②兄について脹相の見解

直哉は武器(小刀)のようなものを取り出し、本当は使いたくないと言います。

それは兄たちを侮辱した言葉で、武器なしでは相手に勝てないことと同じだと言います。

直哉に対して、脹相が「兄弟が嫌いなんだな」と、的確な見解を示します。

直哉は確かに兄弟をなんとも思っていない発言が目につきました。

そんな直哉に脹相は

「兄が道を誤ったのなら弟はその道を避けて通ればいい」

「兄が正しい道を歩んだのなら弟はその後についてくればいい」

先頭を歩くのが兄だという脹相の考えは直哉には理解できないものでした。

 

呪術廻戦最新142話ネタバレ③超新星

脹相の血は流れ続けます。

直哉は脹相から距離を取ろうとするのですが、その血液量の多さにより脹相を見失ってしまいました。

と、刹那、脹相からスピードの遅い攻撃が直哉に打ち込まれます。

直哉は脹相が血を流しすぎたせいで、速度が落ちたと勘違いします。

しかし九相図は呪霊と人間の混血で、呪力を血液へと変換できる特異体質なのです。

呪力が枯渇しない限り失血死するkとはないのです。

投射呪法を使おうとする直哉には、穿血を繰り出そうとする脹相の姿が映りました。

トドメを刺そうと脹相に襲い掛かる直哉でしたが、ここで脹相が繰り出した技は穿血ではなく”超新星”という技でした。

これは脹相が150年自身の術式と向かい合い続けた脹相のオリジナルの技です。

 

呪術廻戦最新142話ネタバレ④直哉死亡!?

直哉が脹相からの攻撃で苦しむ中、乙骨が虎杖を引きずりながら現れました。

乙骨は一撃で脹相を倒してしましました。

「辛そうですね 直哉さん」

そう涼しげな顔で答える乙骨の姿がそこにはありました。

 

呪術廻戦を無料で!

 

呪術廻戦電子書籍U-NEXT

 

呪術廻戦最新刊を無料で!

3分で無料トライアルへGO

↑1,990円→0円↑

 

 

呪術廻戦アニメU-NEXT

 

アニメも好きなときに

3分で無料トライアルへGO

↑お得に見ちゃう♪↑

 

呪術廻戦142話の考察

虎杖は乙骨に修行をつけてもらう

現在は宿儺の反転術式も施されていないので、虎杖は死んだと他の人の目には映るでしょう。

そこが乙骨の狙いでしょう。

今の虎杖の実力は到底乙骨にはかないません。

しかし虎杖には強くなってもらわなければならない・・・。

それが乙骨の本心ではないでしょうか。

五条とどんな会話をしたかも不明ですが、乙骨が敵でないことは確かなように思います。

ここから虎杖に乙骨自身が修行をつけ、来る時代に向けて、五条解放にむけて動いていくのではないでしょうか。

 

なぜ宿儺は出てこないのか

これは141話で乙骨と宿儺との間で密約が交わされたからだと思います。

それが証拠として、反転術式で直せる虎杖の身体を治していないという証拠につながります。

どんな密約が交わされたまでは分かりませんが、虎杖を殺されてはならない宿儺の立場から考えて、虎杖の心臓を治さないのには、理由があるはずです。

それが乙骨との密約なのでしょう。

 

乙骨が脹相を殺した理由

直哉の前で脹相のことを殺すことで、直哉に自分は味方だということを示したかったのではないでしょうか。

そして虎杖も引きずりながらの登場も、やはりその意味合いが強いのではないでしょうか。

虎杖が死んだと認識する直哉は虎杖のことを忘れ、伏黒捜索に専念するでしょうから、乙骨からしたら面倒な人間を排除したということになります。

 

呪術廻戦142話の感想

直哉を追い詰めた脹相が、乙骨によって殺されるのはちょっと納得がいかない部分です。

直哉の信頼を得たいなら、虎杖の仮死状態を見せるだけで十分だと思ってしまいます。

1ミリの疑問も抱かせない為に殺したのか、単に呪術師として呪霊を祓ったのか、その真意は不明です。

しかしこれで直哉の視線は伏黒だけに向くことになり、虎杖を殺したという事実が直哉の目に映ります。

乙骨はこれからどううごくのでしょうか?

直哉は動けないようですが、乙骨はこれから直哉をどうするのでしょうか。

直哉の悔しいそうな顔は少しすっきりとした気持ちになりました。

 

呪術廻戦142話へのファンの声

 

 

 

 

呪術廻戦をお得に読める電子書籍サービス比較
サービス提供会社無料・特典無料期間特徴
U-NEXT1冊31日600P付与/40%還元/映画・アニメ・成人動画/雑誌70誌見放題
music.jp1冊30日600P付与/10%還元/動画クーポンあり/音楽充実
FODプレミアム最大2冊14日最大1,300P付与/20%還元/DL不可
ebookjapan6冊半額なし月額定額0円/初回50%OFF6冊まで/アプリ高機能/無料まんが2000冊↑
まんが王国1冊半額なし月額定額0円/初回50%OFF1冊/毎日1pt/クーポン多数/無料まんが3000冊↑

 

まとめ:呪術廻戦142話ネタバレ確定

今回は呪術廻戦142話ネタバレ考察をご紹介させていただきました。

元から人気の高かった呪術廻戦ですが、アニメ化をきっかけにますます人気に拍車がかかってきましたね。

面白くなるのなら誰が死んでもいいとさえ言ってしまう芥見先生!

今回は虎杖またもや死亡ということになってしまいました。

乙骨との実力差はありすぎたようです。

しかし乙骨が虎杖に謝っていることからも、乙骨が虎杖を殺すことは不本意であると読み取ることができます。

宿儺の不適な笑みも気になるところですね。

引き続き楽しみな展開が続きますね。

新しい情報が入り次第追記していきますので、楽しみにしてて下さいね!

最後までご愛読ありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。