呪術廻戦141話のネタバレ考察と感想まとめ!虎杖2回目の死亡?

呪術廻戦141話ネタバレ考察感想

この記事では呪術廻戦141話のネタバレ最新情報をいち早く紹介する記事となっております。

また新しい情報が入り次第、追記していこうと思います。今日は乙骨の試験ついて追記してします。

この記事では私の考察を含めるのでご了承ください。

前回は直哉が乙骨に提案をし、乙骨がそれを飲み込む形となりました。

直哉と脹相、乙骨と虎杖という流れになってしまいました。

分散はできたものの、直哉も乙骨も強敵です。

乙骨は本当にこのまま虎杖を殺してしまうのか!?それとも!?

目が離せない展開が続きます!!!

では呪術廻戦141話のネタバレ最新情報についてみていきましょう!

>>呪術廻戦140話のネタバレ考察はコチラ

 

 

呪術廻戦最新14巻を無料で読む

無料で今すぐ読む

呪術廻戦141話ネタバレ確定最新速報

呪術廻戦最新141話ネタバレ①呪力を込めろ

乙骨の虎杖への攻撃は続きます。

乙骨の刀が虎杖に向かって振り下ろされますが、虎杖はこれを何とか交わします。

虎杖はこの乙骨の刀をまずはどうにかしなくてはと考えます。

その間にも乙骨の攻撃は続き、虎杖は頬に傷を受けてしまいます。

呪力で強化していれば、刃物を怖いと思ったことはない。

という、虎杖ですが、乙骨相手にはそんなことを言っている場合ではないことを自覚します。

虎杖は道路に止められた車の中からサバイバルナイフを拾い、乙骨の攻撃をそのナイフで受け止めました。

突然の虎杖のナイフに少し驚く乙骨ですが、ただのナイフを怖がることはないと言います。

虎杖の脳裏を五条の言葉がよぎります。

「タイプ別で得物の扱いを軸に修行を進めるけど、呪具に頼って呪力操作が疎かになるのも嫌だし、悠仁にはまだ先かな」

 

呪術廻戦最新141話ネタバレ②丸越し

しばらくの間ぶつかり合う虎杖と乙骨の両者。

呪力の込められている乙骨の刀が、少しづつ虎杖を追い詰めます。

こんなの習ってないと思いつつ、虎杖はナイフ呪力をこめようとします。

しかし「意識が刀にいきすぎ」と、乙骨はナイフを跳ね上げ、虎杖に前蹴りをします。

乙骨が振り上げた刀をそのまま虎杖に振り下ろし、虎杖が傷を受けてしまいます。

しかし、虎杖は乙骨に怯むことなく、その振り下ろされた刀を足で抑え込み、乙骨のもつ刀を蹴りやぶりました。

「折られた・・・まぁ五条先生の教え子だもん、一筋縄じゃいかないか」

と乙骨は冷静に判断します。

虎杖の傷は深いようですが、これでお互い丸腰になったと虎杖が言います。

 

呪術廻戦最新141話ネタバレ③リカ登場・虎杖死亡!?

虎杖が乙骨に何か仕掛けようとした瞬間・・・

突然、虎杖の背後から虎杖の顔を包みこむように掴んだ巨大な手が現れました。

「何してんのォ」

虎杖は動くことができません。

遊んでるだけだとリカに言い、そのまま虎杖を抑え込むように言います。

乙骨が折れた刀に再び呪力をこめます。

そして「ごめんね虎杖君」

虎杖の中の宿儺が短く舌打ちをします。

その刀は虎杖の心臓を貫いていました。

 

呪術廻戦最新141話ネタバレ④脹相VS直哉

もう片方の戦いである脹相と直哉の戦いも激しさをましていました。

直哉の術式も分からないまま、脹相は追い詰められているようです。

その速さと術式の不明さに脹相は圧倒されてしまいます。

しかししぶとい脹相に向けて、直哉が「しぶと、マジ何なん君」

と言います。

脹相は「10人兄弟の兄さ」と答え、

”赤鱗躍動・載”!!と唱えました。

 

呪術廻戦を無料で!

 

呪術廻戦電子書籍U-NEXT

 

呪術廻戦最新刊を無料で!

3分で無料トライアルへGO

↑1,990円→0円↑

 

 

呪術廻戦アニメU-NEXT

 

アニメも好きなときに

3分で無料トライアルへGO

↑お得に見ちゃう♪↑

 

呪術廻戦141話の考察

脹相の極ノ番解放

脹相が今回繰り出そうとした技は”赤鱗躍動・載”。

これは極ノ番ではありませんが、極ノ番意外での技の出力を最大現にまで上昇させた技となります。

強さの順番は領域展開→極ノ番→載という順番になるようです。

脹相は以前にもこの技を使っていましたが、この技自体で直哉に勝てるかということは少し不安が残ります。

直哉の術式が脹相に分かっていないからです。

直哉の術式を聞き出すための作戦なのでしょうか。

それとも脹相はこの載をきっかけに極ノ番まで一気に昇り詰めるのでしょうか。

 

乙骨の狙い

虎杖の心臓を貫くときに、乙骨は虎杖に謝っています。

やはり虎杖を殺すことを真の目的としていたわけではないようです。

用事があるのは宿儺に対してのようですね。

しかし宿儺は一瞬舌打ちをしただけで、このあとは笑っています。

乙骨は宿儺暗殺を目的としているのでしょうか。

それとも、宿儺に何か大切な用事でもあるのでしょうか

 

虎杖再び死亡

あろうことか、虎杖は2回目の死亡となってしまいます。

宿儺が直せるので、正確には死亡ではないのかもしれませんが、自身の力では乙骨に対抗できなかったことは確かです。

何度も主人公が死んでしまうというのもいかがなものかとは思いますが、きっとまだ復活はあるでしょう。

この虎杖の死には何か意味があるのでしょうか。

単純に宿儺を引きずり出すためだけなのでしょうか。

 

呪術廻戦141話の感想

今回も乙骨と虎杖が主軸として描かれました。

リカの出現は乙骨の意思だったのでしょうか。

勝手にリカが出てきたのでしょうか。

そして乙骨のごめんねという言葉が妙に刺さる回だなと思いました。

宿儺の笑みも気になりますよね。

乙骨の目的はあくまで宿儺ということのようですが、その為に殺す必要があったのでしょうか。

乙骨を制止する虎杖陣営の登場もなく、脹相の方も追い詰められている感じがします。

脹相も残りの兄弟を救いに行くという目的があり、まだ死ぬわけにはいかないでしょうが、直哉は強敵です。

次回もこの展開が続くのでしょうか。

 

呪術廻戦141話へのファンの声

 

呪術廻戦をお得に読める電子書籍サービス比較
サービス提供会社無料・特典無料期間特徴
U-NEXT1冊31日600P付与/40%還元/映画・アニメ・成人動画/雑誌70誌見放題
music.jp1冊30日600P付与/10%還元/動画クーポンあり/音楽充実
FODプレミアム最大2冊14日最大1,300P付与/20%還元/DL不可
ebookjapan6冊半額なし月額定額0円/初回50%OFF6冊まで/アプリ高機能/無料まんが2000冊↑
まんが王国1冊半額なし月額定額0円/初回50%OFF1冊/毎日1pt/クーポン多数/無料まんが3000冊↑

 

まとめ:呪術廻戦141話ネタバレ確定

今回は呪術廻戦141話ネタバレ考察をご紹介させていただきました。

元から人気の高かった呪術廻戦ですが、アニメ化をきっかけにますます人気に拍車がかかってきましたね。

面白くなるのなら誰が死んでもいいとさえ言ってしまう芥見先生!

乙骨が虎杖くんと君をつけていることから、好きで殺しに来たわけじゃないことが分かってよかったのですが、虎杖は一応死亡という形です。

この先乙骨と宿儺の戦いが始まるのか、それとも別の何かが待ち受けているのか目が離せません。

引き続き楽しみな展開が続きますね。

新しい情報が入り次第追記していきますので、楽しみにしてて下さいね!

最後までご愛読ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。