【約束のネバーランド】鬼の正体とは?鬼の種類やランキング紹介!

【約束のネバーランド】鬼の正体

約ネバの略称で愛されている、約束のネバーランド!

海外では実写ドラマ化が決まったことで、ますます盛り上がりを見せていますね!

日本でも見られるということなので、私も今から楽しみにしています。

 

そこで、今回は物語に欠かせない存在、を紹介します!

 

鬼は、エマたちにとって自分たちを食べてしまうとても恐ろしい存在。

仮面のようなものを身に着け、正体がしっかりと分からない異形の敵です。

 

実は、この鬼たちには種類、そしてランキングまで存在するのをご存じですか?

異形の敵である、鬼の種類とはどんなものがあるのか?

そして、鬼のランキングとは何か?

 

約束のネバーランドに登場する最大の敵、

人間を捕食対象とする彼らの正体について、徹底的に解説します!

是非、お楽しみください!

 

 

【約束のネバーランド】鬼の正体とは?

— 安東先生 (@ssmm0428) June 17, 2020

 

まずは、鬼の正体について解説していきます!

 

と言われると、節分の鬼を想像する人もいるのではないでしょうか?

 

約束のネバーランドに登場する鬼は、全く違います!

 

鬼と呼ばれる異形の怪物。

 

それは元々、細菌のような何かだったというのです!

 

「細菌のような何か」と言われても、ピンときませんよね。

 

そもそも鬼と呼ばれる怪物は、最初から今の姿をしていたわけではありません。

 

人間を食べる理由も、人型をした見た目や、知能を維持するためです。

 

つまり、人間の遺伝子を取り込むことで進化してきた存在

 

そして「細菌」は、水平伝播によって別の遺伝子を取り込んだ結果、突然変異を起こしたものです。

 

進化の過程として、別の生物の遺伝子を取り込むという部分が似ていますよね。

 

ただ、細菌と違う部分は、鬼は「食べる」ことで遺伝子を取り込みます。

 

そのため、馬を食べた場合には、馬のような姿になるということです。

 

また、生命力についても非常に強いことが鬼の特徴です。

 

仮に、体に大きな損傷を受けても驚異的なスピードで回復します。

 

生身の人間では到底敵いそうにない、恐ろしい怪物。

 

これが、鬼と呼ばれる存在の概要です!

 

 

鬼の素顔は?仮面の理由

 

恐ろしい異形の存在である鬼。

 

その鬼たちは、仮面していますよね。

 

鬼だということがバレないように、素顔を隠しているのでしょうか?

 

いえいえ!

 

この仮面の意味は、防御の為のプロテクターです!

 

プロテクター?鬼は生命力や回復力が桁外れに強いはずでは?

 

と、疑問に思いますよね。

 

実は、鬼には弱点があります!

 

その弱点というのが、

 

正確には、目の奥にある核が弱点です!

 

この核を破壊されると、さすがの鬼でも絶命は免れません。

 

仮面を外した鬼は、たくさんの目が顔中に点在しています。

 

そのたくさんの目を守るため、顔をすっぽり覆う仮面を着けているのですね!

 

また、この仮面は鬼によってデザインが様々です。

 

牛のような仮面や、まるでダンゴムシのような仮面もあり、バリエーションが豊かです。

 

鬼も、一種のおしゃれを楽しんでいるのでしょうか・・・

 

そして、仮面を着けている鬼には共通点があります

 

その共通点というのが、知能の高い鬼であることです。

 

森の中などにいる野生の鬼は、仮面を着けていません。

 

これは、知能が低い為に装備品の作成ができないのでしょう。

 

つまりこの仮面は、知性を表す指標の役割もしていると言えます。

 

知能の高い鬼であれば、やはりおしゃれも兼ねているように思えてなりません・・・

 

これが、鬼の素顔、そして仮面を着けている理由です!

 

 

鬼の寿命は?

実は、鬼には明確に寿命があるとする描写がありません。

 

分かっているのは、鬼の寿命は人間よりも遥かに長いということだけです。

 

つまり、あくまでも1000年以上生きることができるということ。

 

寿命という考え方とは違うのではないか?と考察します!

 

ただ、例外として目の核を破壊されて絶命すれば、それは寿命と言って差し支えないでしょう。

 

あくまでも人間のように、自然に老いて死んでいくということではなさそうです!

 

恐ろしい見た目もさることながら、寿命が1000年を超えるとは、やはりただ者ではありませんね。

 

【約束のネバーランド】鬼の種類とランキング

 

鬼がどんな存在かが分かりましたね!

 

では、次に鬼の種類について紹介します!

 

ランキングも用意しているので、是非鬼について詳しくなってくださいね!

 

鬼の種類

まずは鬼の種類から見ていきましょう!

 

鬼は、大きく3つの種類に分けることができます。

 

こちらの表をご覧ください!

 

野良型知能がなく、言葉も話せない鬼。
動物型知能はあるが、見た目が馬や犬のような鬼。
人型知能があり、極めて人間に近い姿をしている鬼。

 

このように、鬼には様々な姿形があります!

 

食べたものが、外見に大きく影響しているのでしょう。

 

鬼のランキング(階級制度)

次に、鬼のランキングについても表にしました!

 

鬼には階級制度があり、最下層とトップの待遇は天と地ほどの差があります。

 

鬼のランキングとはどのようなものなのか?

 

強さ、そして階級準にまとめましたので、どうぞご覧ください!

 

第3位 下等種
階級は最下層。決して弱くはないが、目がむき出しなので比較的倒しやすい。

動物型
(知能無し)
吸血樹の森などに生息していて、突然襲い掛かってくる。
動物型
(知能あり)
人型の鬼と連携を組み、襲い掛かってくる。
 
 
第2位 一般種
階級は貴族鬼の召し使い。農園の警備はこの一般種の役割。知能だけでなく、身体能力も非常に高いので苦戦する。

人型知能があり、極めて人間に近い姿をしている。
 
 
第1位 貴族種
階級は上流人間と「約束」を結んだ張本人たち。非常に強敵。

人型鬼語、人語が話せる。頭脳戦も得意で、戦闘力も非常に高い。

 

ちなみに、バイヨン卿やレウウィル大公などが貴族種です。

 

また、ソンジュもレクラヴァリマ女王の弟ということもあり、貴族種と言えるでしょう。

 

これが、強さ別、そして階級別に分けた結果です!

 

何と言っても、1番恐ろしいのは貴族種の鬼!

 

食用児の中でも最上級品ばかりを食べるからこそ、高い知能を持っています。

それでいて、身体能力も桁外れ!

 

人間では、到底敵いそうもない相手ですね・・・

 

【約束のネバーランド】鬼の頂点は誰?あの方とは?

最下層の鬼から、上流階級の鬼まで一気に見てきました。

しかし、あることに気づきませんか?

 

それは、貴族の鬼でも、その頂点は誰なのか?

 

鬼たちの言う「あの方」とは?

 

実は、「あの方」というのは七つの壁を超えた先にいる、神のような存在です。

 

そして、あの方に会う為には大きな難関を超える必要があります。

 

それが七つの壁です。

 

しかし、この七つの壁に行く為には思考によって姿を変える空間を抜ける必要があります。

つまり、無意識だとしても思考によっては一切たどり着くことができなくなる場所なのです。

 

実際、物語の中でエマは七つの壁に到着しましたが、レイは別の場所に飛ばされました。

このことから、レイには何かしらの迷いがあったのでしょう。

 

それもそのはず。

 

「あの方」こそ鬼の頂点

 

そして、特上品であるレイやエマは御膳として献上されるべき食料です。

 

みすみす食べられに行くようなもの、と考えてしまっても無理はないでしょう。

 

また、「あの方」は神のような存在と表現したのには、理由があります。

 

それは、ソンジュの原初信仰における神とは別の存在であると考察したからです!

 

原初信仰では、グプナという儀程を行います。

 

これは神に糧を捧げる儀式とされており、肉にヴィダという植物を刺すことから始まります。

 

そして、神が糧を受け取るとヴィダの花が開くのです。

 

ヴィダの花が開いたら、その肉は食べても良くなる。

原初信仰における、伝統的な方法はこれなのです。

 

このことから、「あの方」と原初信仰の「神」は別物であると考えます!

 

原初信仰における神は、あくまでも姿形のない神

あの方」とは、姿形のある存在ということでしょう。

 

何らかのきっかけで、強大な力を持つ鬼が自らを神と名乗った・・・

と、言えるのではないでしょうか!

 

【約束のネバーランド】鬼語や鬼文字とは?

あの方」というのは、あくまでもアニメ版での呼び方だということはご存じですか?

 

原作では、鬼語、そして鬼文字という言語で表記されています!

そのため、本当は何を言う名前なのか、そしてどのように発音するのかは不明です。

 

ただ、原作の中でエマたちが鬼語での「あの方」について話していますよね。

つまり、人間にも発音できる言葉であることが分かります!

 

また、ノーマンが鬼語を話す描写もあったことから、習得も可能であると言えますね。

 

そして鬼語、鬼文字にはこんな噂があります!

 

鬼文字は、実在する言語から引用されていて、「あの方」は女性

 

どういうこと?と思いますよね。

この噂を、分かりやすくまとめたので、ご覧ください!

 

  • 原作に出てくる鬼文字は「エノク語」の文字
  • あの方の名前をエノク語に変換し、アルファベットに当てはめると「YMAD」になる
  • 約束のネバーランドは逆から読むことが常なので「DAMY
  • DAMY」はポーランドで「女性
  • つまり「あの方」は女性

いかがですか?

私はこれを聞いたとき、とても興奮しました!

 

約束のネバーランドにおける女性というのは、特別な存在だと思いませんか?

12歳までに現ママから推薦されれば、ママ候補として生き延びることができます。

しかし、男子には原則としてそのような措置はありませんよね。

 

命を生み出す女性

それがと呼ばれているのではないか?と考察しています!

 

しかし、これはあくまでも噂です。

公式が発表したことではないので、正確にはどのような意味があるのかは不明なのです・・・

 

ですが、鬼語・鬼文字はとても深い秘密が隠されていそうですね!

今後鬼語や鬼文字について、公式が発表してくれることを願います!

 

【約束のネバーランド】鬼の正体とは?鬼の種類やランキング紹介!まとめ

いかがでしたでしょうか!?

約束のネバーランドには欠かせない、の紹介でした!

 

鬼と呼ばれる異形の怪物の正体、そして様々な種類がいることが分かりました。

階級制度や強さのランキングについても、楽しんでいただけたなら嬉しいです!

 

エノク語との関係や「女性」という意味ではないか?という考察など・・・

これほどまでに徹底した設定がある鬼!

約束のネバーランドにおける、本当の主人公は鬼なのではないかとも思えます。

 

今後、鬼たちがいかにしてエマたちの邪魔をするのか!?

鬼の活躍についても、注目したいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です