宇随天元の嫁の名前は?3人いる理由やキスシーン・子どもはいるのか調査!

宇随天元の嫁の名前は?3人いるのはなぜ

今回は宇随天元の嫁の名前は?3人いるのはなぜ?について考察していきます。

天元は元しのびの一族です。

今回の遊郭編の主人公でもありますね!

天元はなぜ3人もの嫁がいるのでしょうか?

しかも全員くの一です。

天元の嫁のプロフィールなども紹介したいと思います。

では宇随天元の嫁の名前は?3人いるのはなぜ?についてみていきましょう。

宇随天元の嫁の名前は?

ここでは3人の嫁のプロフィールを紹介したいと思います。

 

宇随天元の嫁:まきを

天元の3人の嫁の1人です。

吉原を荒らす鬼の実態を探るべく「萩本屋」へ侵入するも、堕姫に捕まって地価の倉庫へ幽閉されていました。

伊之助に救出された後は、戦いに加わりました。

20歳で天元の親戚です。

身体能力がズバ抜けているのですが、短期が原因で任務に失敗してしまうことがあります。

 

宇随天元の嫁:須磨(すま)

天元の3人の嫁の1人です。

天元の命を受け、遊郭の「ときと屋」に潜入して鬼の実態を調査していましたが、真っ先に堕姫に捕まって封印されてしまいました。

まきをとは犬猿の仲です。

19歳で天元の嫁候補は、須磨の妹でしたが、自分が行きたいと大泣きして襖を突き破りました。

男性女性どちらも好きらしいです。

 

宇随天元の嫁:雛鶴(ひなつる)

天元の3人の嫁の1人で、嫁たちのまとめ役です。

天元の指令で「京極屋」へ潜入し、堕姫の正体に気がついたものの、逆に怪しまれ監視下に置かれてしまいました。

21歳で、宇随家に次いで序列の高い家の娘です。

諜報、戦闘、忍としては非常にバランスの良いくの一です。

判断が的確です。

 

宇随天元に嫁が3人いるのはなぜ?

天元の家系は一夫多妻制であるため、忍時代に出会った3人のくの一を嫁として迎えています。

かつての父親や弟は女性や妻に対して「跡継ぎを産むためなら死んでもいい 本人の意思は尊重しない」という考えを持っていました。

そてに対して天元は彼女たちに「俺は派手にハッキリと命の順序を決めている まずお前ら 次に堅気の人間たち そして俺だ」

と、一番大事なのは妻たちであることを恥じらうこともなく伝えており、ここにも天元の強い意思を感じられます。

 

宇随天元と嫁のキスシーンはある?

残念ながら、作中で宇随と嫁とのキスシーンは見ることはありません。

遊郭で頑張っていた嫁に対して、頭をポンポンと叩き、よくやった。

というセリフや、小説版で入浴シーンはありますが、実際のキスシーンは描かれていません。

 

宇随天元に子どもはいる?

はっきりとはわかりませんが、最終話205話で子孫か転生かで鬼滅メンバーが登場してきますが、その時に宇随天満(うずいてんま)として登場してきます。

宇随天満は、その名と容姿の通り、宇随天元の子孫か生まれ変わりとされています。

嫁が3人いたことから、子孫と考えた方がしっくりとくるかもしれませんね。

音柱時代の天元のたくましい体つきを思えば、子孫と思われる天満が体操選手として活躍しているのには納得です。

まばゆい輝きを放つ金メダルもファンからの賞賛も、天満にとってはたまらないはず、派手隙だった天元の気質と重なります。

 

宇随天元の嫁の名前は?3人いるのはなぜ?記事まとめ

今回は宇随天元の嫁の名前は?3人いるのはなぜ?について考察してきました。

3人もお嫁さんがいるなんて、さすが色男です。

善逸がヤキモチをやくのも仕方がないかもしれませんね。

3人いても平等に愛情を注ぎ、また嫁も天元を慕っている様子が微笑ましいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。