栗花落カナヲの呼吸の型や技を紹介!強さの秘密は視力!

鬼滅の刃のヒロイン的存在?かわいいと言われている栗花落カナヲです。

炭治郎との出会った時はすごい無表情なキャラクターですが段々と炭治郎に感化されて?心を開いてきています。

鬼と戦ってピンチの時には炭治郎が現れる。ヒロイン的な感じもありますが、生い立ちと胡蝶姉妹の出会いにより、大きく運命が変わっていきます。

そんな、胡蝶姉妹に愛された妹、栗花落カナヲの呼吸法や技について見ていきましょう。

栗花落カナヲ

栗花落カナヲの簡単プロフィール

  • 東京都墨田区向島出身の16歳
  • 竈門 炭治郎と同期の鬼殺隊員
  • 花の呼吸を習得
  • 蟲柱 胡蝶しのぶの継子
  • 日輪刀は、刀身が淡い桃色で、鍔と鞘には梅の花の紋様

幼少期に、貧しい暮らしのなか親に売られた過去を持ちます。身売りされる寸前で、胡蝶カナエと胡蝶しのぶに声をかけられ保護されました。

親に名付けられていなかったため、名前はありませんでした。

引き取られた蝶屋敷で、家事や怪我人の治療がうまくできず、見よう見まねで花の呼吸を覚えます。

そこから剣士としての能力が磨かれ、鬼殺隊に入隊。最終選別には、胡蝶しのぶに無断で参加しました。戦闘においての素質があり、上官の指示を完璧にこなします。

また、高い運動能力と動体視力で隊士たちの訓練相手となります。その力量は同期の中でも群を抜いています。

一方で意思表示が苦手で、物事の判断材料に銅貨を用い、手元で投げて出た面で意思を決めています。同期の隊員 竈門 炭治郎の言葉が心を開くときっかけとなり、自主性が芽生え出し、徐々に気持ちを言葉にできるようになっていきます。

栗花落カナヲの強さの秘訣は動体視力

上弦の弐 童磨に目が特殊と分析されます。カナヲは、敵の肩・視線・つま先・肘・膝などを注意深く見て、僅かな傾きで次の動作を予想しているのです。

童磨に「小賢しいうえに並の剣士ができることじゃないよ」と評価されます。

また、童磨に蟲柱 胡蝶しのぶより実力があるかもしれないと評価されました。

その理由は、幼少期の貧しい暮らしの中、親に蹴飛ばされたり、踏まれたり、引き摺り回されて水につけられたりするような環境で育ったことが影響していると思われます。親の虐待で亡くなる兄弟もいたため、親の動きをよく見る癖がつき、動体視力が鍛えられたのではないでしょうか。

栗花落カナヲの花の呼吸の特徴

花の呼吸は、日の呼吸から派生した基本の五つの呼吸の一つ 水の呼吸から派生しています。

型の名前に、花の名前が使われており、斬撃の周りに花びらが舞う型もあり、とてもきれいな技が多いです。

水の呼吸と似た柔軟な斬撃が特徴。

花の呼吸の型には、水の呼吸と似ているものもあり、「花の呼吸 肆ノ型 紅花衣」が「水の呼吸 肆ノ型 打ち潮」に、「花の呼吸 陸ノ型 渦桃」が「水の呼吸 陸の型 ねじれ渦」に似ています。

カナヲは、花の呼吸を誰かに教わったわけでなく、見よう見まねで習得。蟲柱 胡蝶しのぶの姉で、元柱の胡蝶カナエや、胡蝶姉妹の継子たちから真似たものと思われます。

栗花落カナヲの花の呼吸の型の紹介

弐ノ型:御影梅(みかげうめ)

158話で上弦の弐 童磨の「血気術 枯園垂り」を受ける形で放った技。

童磨の連撃を全てぎりぎりで受け流して凌いだ。自分の周りを囲うように複数の斬撃を放つ。自身が斬撃で覆われるので、非常に防御力が高い技だと思われる。

肆ノ型:紅花衣(べにはなごろも)

蟲柱 胡蝶 しのぶと上弦の弐 童磨の戦いに駆けつけたカナヲ。部屋の扉を開けると、まさにしのぶが殺されようとしていた。目の前でしのぶを殺され、絶叫するカナヲ。童磨からしのぶを引き離そうとして放った一撃。

高く跳び、天井まで届く斬撃。斬撃の軌道に捻りが加わった技。

伍ノ型:徒の芍薬(あだのしゃくやく)

上弦の弐 童磨戦で使用した連続斬り。斬撃の周囲に花びらが舞う九連撃の技。

童磨に「いいねぇ 綺麗だねぇ」と言われる。童磨へ抑えきれない憎悪の気持ちを抱き、離れた場所から踏み込んで、急接近して繰り出した。

陸ノ型:渦桃(うずもも)

上弦の弐 童磨に目を潰されそうになったカナヲ。ぎりぎりで体を反って攻撃を避け、一呼吸ついて放った技。

跳び上がって宙で体を捻りながら首を狙った。斬撃のまわりを花びらが舞う。

童磨に「すごく鍛えられた体幹だね バネみたい」と評価された。

終ノ型:彼岸朱眼(ひがんしゅがん)

眼球を出力して負荷をかけることで、動体視力を極限まで上げる技。

この技を使うと、周囲の動きは鈍く遅く見える。眼球はとても繊細で、神経も血管も非常に細いため、眼球への圧力で出血し強膜は赤く染まる。

胡蝶しのぶからも技が危険すぎて失明の恐れがあるため、使うのを禁止されていた技ですが、しのぶは命をかけて戦いをしたのに、というしのぶへの尊さが技を出すのを決意させる。

目が真っ赤になってとてもリスクがありそうな終ノ型。童磨の睡蓮菩薩の攻撃がコマ送りの様になり、ほとんど止まっているかのように見える。

しのぶが自分の命と引き換えに童磨へとどめをさすチャンスを逃さないようにカナヲも目を犠牲にしてもとどめをさす決意が現れていました。

この技で、上弦の弐 童磨の頸に刃が届く。共闘した嘴平 伊之助の「獣の呼吸 思いつきの投げ裂き」でカナヲの刃が押し込まれ、童磨の頸を切断

カナヲは、右目が殆ど見えなくなってしまう。

栗花落カナヲの右目が失明!しのぶの意思を継ぎ童磨と闘う

最終決戦の前、柱稽古に参加しなかった蟲柱 胡蝶 しのぶ。しのぶは、カナヲに思いを伝えていました。

元柱でしのぶの姉の胡蝶カナエを殺した上弦の弐についてと、その殺し方について、カナヲに伝えます。しのぶの見解では、上弦の弐の強さは少なくても柱三人分の力に匹敵。

しのぶは一年間毒を摂取し続け、体には血液・内臓・爪の先に至るまで高濃度の藤の花の毒が回っている状態だと話します。姉カナエから、上弦の弐が女を喰うことに執着心があると聞いていたことから、相討ちをするつもりで、しのぶの全体重37キロ分、致死量の七百倍の毒をつくり上げました。

しのぶは、上弦の弐に喰われて死ぬ覚悟をしていますが、命がけの毒でも確実に上限の鬼を滅殺できる保証がない状況。毒が効いても油断ができないため、頸の切断が確実。鬼の頸を斬ることができないしのぶは、カナヲに「必ず私が鬼を弱らせるから カナヲが頸を斬ってとどめを刺してね」と伝えます。

そして決戦で、しのぶは上弦の弐 童磨に喰われて死んでしまいます。

カナヲは憎悪に震えながら戦います。やがて、しのぶの毒が効き始めたのを感じ、自分の目が失明するかもしれないことを厭わず、迷わずに「花の呼吸 終の型 彼岸朱眼」を使います。

カナヲは「わかってる 大丈夫 安心して 絶対斬るよ 私が絶対やり遂げる 絶対にしのぶ姉さんの命を無駄にはしない!」という覚悟のもと、姉二人の仇である上弦の弐の頸に刃を振るいます。

初登場から、亡きカナエの髪飾りをつけていたカナヲ。その髪飾りが、上弦の弐 童磨との戦いで壊れてしまいます。上弦の弐討伐後、しのぶの髪飾りを見つけ、抱きしめます。

その後カナヲは、しのぶの髪飾りをつけて無惨戦に向かっていきます。

 

まとめ

栗花落カナヲを見ていきましたが、幼い頃から両親が虐待を受けて育ってきたのはとても悲しい事ですね。
胡蝶姉妹に拾われて、育てられて、更に炭治郎との出会いで人間らしく成長したのかなと思います。

花の呼吸もとてもきれいな描写ですが、アニメで見るともっと花のエフェクトがあるのかな?と個人的には期待しています。
早く第2クールのテレビアニメが始まって欲しいですし、できればオリジナルのストーリーでしのぶとカナヲとの師弟コンビでの戦いが見れたらなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です