かっこいいと話題の飛び六胞の能力とは!?年齢や声優も紹介!

飛び六胞 能力

今回は、『ワンピース』に登場する飛び六胞のメンバーの能力を紹介していきたいと思います。

 

百獣海賊団の中でも力を持った者たちは真打ちという役職が与えられています。

最悪の世代の1人であるバジル・ホーキンスやSMILEを食べて能力を得たギフターズなどが主な真打ちです。

その真打ちの中でもさらに強い6人が飛び六胞という役職を与えられ、百獣海賊団の幹部として活躍します。

ワノ国の討ち入り作戦が開始してから初めて飛び六胞6人が登場しましたが、かっこいいキャラデザインから登場後すぐに大人気キャラになりました。

そんな飛び六胞の能力とは一体何なのか紹介していき、年齢などのプロフィールや声優についても紹介していきます。

 

それでは飛び六胞の能力を紹介していきましょう!

 

飛び六胞の能力とは!?

魅力的で、強そうなキャラばかりの飛び六胞ですが、どのような能力を持っているのでしょうか?

飛び六胞のメンバーの能力やプロフィールを1人ずつ詳しく見ていきたいと思います。

 

X・ドレーク

ドレークのプロフィール
  • 年齢:33歳
  • 身長:233㎝
  • 出身:ノースブルー

X・ドレークは最悪の世代の1人としてシャボンディ諸島で初登場しました。

元海軍将校という肩書を持ちながら、海賊のルーキーとして世間を騒がせ、2年前の時点で懸賞金は2憶2200万ベリーでした。

新世界編以降は百獣海賊団に加入しており、飛び六胞のメンバーとしてワノ国編で再登場を果たします。

新世界編以降のドレークの懸賞金は判明しておらず、他の飛び六胞メンバーの懸賞金も判明していないため意図的に懸賞金を描いていないのかもしれません。

四皇の幹部クラスにまで上り詰めたドレークの懸賞金はもしかしたら大幅にアップしているかもしれませんね。

ドレークの声を担当しているのは、竹本英史です。

 

『ワンピース』では他にもオームやストロベリー、ドーベルマンなど数々のキャラの声も担当し活躍しています。

そんなドレークですが、リュウリュウの実古代種モデルアロサウルスの能力者です。

ロギア系よりも希少だと言われている古代種の能力でアロサウルスに変形できる特殊な能力を持っています。

アロサウルスの見た目はかなりティラノサウルスに似ています。

ティラノサウルスと見分ける点は様々あります。

1つは体長と体重です。

ティラノサウルスの方が大きく、アロサウルスの方が小型の恐竜でした。

さらに体重も体長の割にアロサウルスは軽かったことが分かっています。

2つ目の違いとして顎の力にも差があります。

ティラノサウルスはアロサウルスの7倍の顎の力があるそうです。

3つ目の違いは歯の形状です。

アロサウルスの歯は細く薄い形状をしており、ギザギザしています。

弱い顎の力でも肉を噛み千切れるように歯が進化したのが分かります。

一方ティラノサウルスの歯は太く大きいです。

そもそもの顎の力が強いので、自身の顎の力で破壊されないように頑丈に進化しています。

これらのことからアロサウルスはパワーというよりもスピード重視で、なおかつパワーがなくて致命傷を与えられるように体が進化していることが分かります。

アロサウルスの特徴が分かれば、ドレークがどのような戦闘方法を取るのかが分かってくるはずです。

ドレークはパワーよりもスピードを重視して戦います。

また4つ目の違いは指の本数です。

ティラノサウルスは2本指ですが、アロサウルスは3本の指があります。

ドレークがアロサウルスに変形している際もしっかり3本の指が描かれていることが分かります。

人獣型で戦うドレークは体がコンパクトでスマートになったためかなりのスピードを繰り出すことができます。

ドレークはスピードで相手を困惑させながら戦う戦闘スタイルが目立ちそうです。

 

うるティ

うるティのプロフィール
  • 年齢:22歳
  • 身長:173㎝
  • 出身:不明

うるティはワノ国の討ち入り作戦が開始してから初登場を果たしました。

同じ飛び六胞のメンバーであるページワンとは姉弟の関係があり、基本的に行動を共にしています。

懸賞金に関しては判明していません。

うるティの声を担当しているのは、黒沢ともよです。

『アイカツ』で有栖川おとめの声を担当したり、『ドキドキ!プリキュア』の主題歌を担当したりしています。

 

さてうるティの能力は、リュウリュウの実古代種モデルパキケファロサウルスの能力者です。

パキケファロサウルスに変形することができる能力を持っています。

パキケファロサウルスってあまり聞かない名前の恐竜ですよね。

非常に分厚い骨が頭部にあることが特徴ですが、なぜ頭部が分厚くなっているのかは様々な説があり、はっきりしたことは分かっていません。

うるティも戦闘時には、主に頭突きを使用します。

覇気をまとった頭突きはかなりの威力を誇り、ルフィとも頭突きで戦闘を繰り広げた程です。

パキケファロサウルスの特徴を理解し、頭突きで攻撃をしていることが分かりますね。

またうるティは覇王色の覇気を持っているのではないかと考えられています。

理由としては、覇王色の覇気の持ち主が衝突した際には、黒い稲妻のような描写があります。

うるティがルフィと戦闘した際に、黒い稲妻の描写が描かれたのです。

覇王色の覇気をまとった頭突きができたら、かなりの威力のなりそうですね!

 

ページワン

ページワンのプロフィール
  • 年齢:20歳
  • 身長:171㎝
  • 出身:不明

うるティとは姉弟関係にあり、常に2人で行動している姿が描かれています。

自由奔放なうるティを冷静に制御し、しっかりした弟という印象が強い

懸賞金は判明していません。

ページワンの声を担当しているのは、青山穣です。

『炎炎ノ消防隊』ではDr.ジョバンニ、『BLEACH』では伊江村八十千和を演じています。

 

ページワンの能力は、リュウリュウの実古代種モデルスピノサウルスの能力者です。

スピノサウルスに変形することができる能力があります。

スピノサウルスは、非常にワニに似ています。

大きな特徴は2つあり、1つは大きく長い口が特徴です。

また強力なあごを持っており、獲物を捕らえます。

2つ目の特徴は、背中に船の帆のようなものがあることです。

この帆のようなものがなぜあるのかについてはまだはっきりと解明されていません。

最近の研究ではスピノサウルスが水棲生物で、生活のほとんどを水中で過ごしていたとする説が有力になっています。

ただ『ワンピース』の世界では、悪魔の実の能力者はカナヅチのためスピノサウルスが水中で活動できるという能力は意味がありませんね。

ページワンが初登場時にはまだスピノサウルスが水棲生物であるという説が有力ではなかったため仕方がないのかもしれません。

 

ササキ

ササキのプロフィール
  • 年齢:34歳
  • 身長:318㎝
  • 出身:不明

ササキは、過去に海賊団の船長も務めていたこともある元海賊団の船長組と言われる1人です。

元海賊団の船長だったということもあり、過去カイドウに敗北してしまったのではないでしょうか?

ササキの声を担当しているのは、ボルケーノ太田です。

2016年のとき本格的に声優デビューを果たした遅咲きの声優でまだ出演作は少ないですが、ササキ役に抜擢されました。

デジモンシリーズではボルケーモンの声も担当しています。

 

ササキの能力は、リュウリュウの実古代種モデルトリケラトプスの能力者です。

トリケラトプスに変形することができる能力を持っています。

皆さんもトリケラトプスについてはご存知の方も多いと思います。

大きな特徴は頭部の大きなフリルと3本の大きな角です。

目の上にある角は大きさが1メートルにも及びます。

敵から襲われ際には、大きな角を突き刺すなどして攻撃していたと考えられています。

ササキもトリケラトプスに変形し、角を駆使して突進するなどのパワータイプの攻撃をしました。

また鉈状の刀を所持しており、人型や人獣型の際に刀を使用した攻撃も見られるのではないでしょうか?

 

フーズ・フー

フーズ・フーのプロフィール
  • 年齢:38歳
  • 身長:336㎝
  • 出身:不明

フーズ・フーは元海賊団の船長組と呼ばれており、百獣海賊団に加入する前は自身の海賊団を率いていました。

ササキと同様に過去カイドウに敗北してしまったのではないかと考えられます。

フーの声を担当しているのは、野島裕史です。

『弱虫ペダル』の石垣光太郎、『イナズマイレブン』の豪炎寺修也などを担当しています。

 

フーの能力はネコネコの実古代種モデルサーベルタイガーの能力者です。

サーベルタイガーに変形することができる能力を持っています。

サーベルタイガーの1番の特徴は大きく長い2本の牙です。

この大きな牙はマンモスも仕留めることができる程だったと言われています。

またスピードもかなり速かったのではないかと思います。

まだ戦闘シーンは描かれていませんが、素早い動きで相手を惑わせ、牙を使った致命傷を与えるのではないでしょうか?

 

ブラックマリア

ブラックマリアのプロフィール
  • 年齢:29歳
  • 身長:820㎝
  • 出身:不明

ブラックマリアは、妖艶な姿をしており、身長が8メートルを超える高身長です。

鬼ヶ島内では女性の部下たちを従え遊郭を管轄にしています。

そんなブラックマリアの声を担当しているのは、小林ゆうです。

『進撃の巨人』ではサシャ・ブラウス、『ブラッククローバー』ではシャーロット・ローズレイの声を担当しています。

 

ブラックマリアの能力はクモクモの実古代種モデルロサミガレ・グラウボゲリィです。

古代に実在したロサミガレ・グラウボゲリィですが、情報が少なくどのような特徴があるのかは分かりませんでした。

非常に小さなクモであることは分かりましたが、ブラックマリア自身の身長が大きいためロサミガレ・グラウボゲリィが小さいという特徴はほとんど感じられません。

ブラックマリアはSMILEの能力者なのではないかという噂もあります。

SMILEの能力者は通常のゾオン系の能力者とは異なり、体の一部のみを他の動物に変形することができます。

また変形した箇所を能力者の意志とは異なり、単独で動くことができるのです。

ブラックマリアも下半身はクモに変形していますが、上半身はブラックマリアの姿のままです。

またクモに変形した下半身には目が付いており、独立した意志を持っていると考えられます。

ブラックマリア自身が体格が大きいため、妖艶な見た目に反して戦闘方法はナックルを装着した物理的攻撃を得意としています。

またブラックマリアが生み出すクモの糸はかなり頑丈で簡単に解くことはできません。

 

かっこいいと話題の飛び六胞の能力とは!?!年齢や声優も紹介!のまとめ

今回は、飛び六胞のメンバーの能力や年齢などのプロフィール、声優についても紹介してきましたが、いかがでしたか?

どのキャラもかなり強そうですよね。

さらに全員がゾオン系の能力者で古代種という希少な悪魔の実を食べた能力者たちで構成されています。

まだ戦闘シーンがほとんど描かれていないキャラも多くどのように戦うのかも気になるところです。

今後新たな情報が分かり次第、追記していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。