【海軍中将】白猟のスモーカーの名言・名シーン9選!このおれの誇りにかけて奴らを新世界で叩き潰す!他

ローグタウンで当時懸賞金3000万ベリーだったルフィを取り逃がしたことから、執拗にルフィに固執するようになった海軍

白猟のスモーカー

アラバスタ編や頂上戦争編、パンクハザード編などでたびたび登場し、ルフィをとらえようと奮闘するも、時にはわざと逃がしたり互いに協力して共通の敵に立ち向かったりと、ルパンと銭形警部のような関係にある2人。

海軍としては異端児なスモーカーですが、非常に正義感の強いキャラクターでこれまでに数々のぐっとくる名言や名シーンを残してきました!

スモーカーの経歴や強さに触れつつ、私なりの名言・名シーンを紹介していきます!

 

スモーカーの名言6選

  • クソ食らえってな
  • 俺の部下に手ェ出してんじゃねえよ!!!
  • ”海賊”は…どこまでいこうと”海賊”なんだ!!!
  • 泣くほど悔しかったら…もっと強くなってみせろ!!!!
  • このおれの誇りにかけて やつらを”新世界”で…叩き潰す!!!
  • 法律じゃあ”落とし前”ってもんはつけられねェんだ…
  • 俺がいつ上官の意見を聞いたんだ!!?

ルフィとはアラバスタ編からの因縁を感じているスモーカー。であった頃は大佐でしたが、今では海軍の中将まで昇りつめています。

そんなスモーカーの胸アツの名言や名シーンを紹介していきますね。

 

クソ食らえってな

原作23巻アラバスタ編 第212話より、ルフィが死闘の末に撃破した七武海・クロコダイルを海軍の上層部はその場に居合わせたスモーカーたち海軍の手柄として、丸く収めようとしました。

しかしスモーカーはそんな上層部の身勝手な判断に納得するはずもなく、反論します。同期であるヒナの制止を無視して言い放った名言がこの一言です。

このスモーカーの言動は、読んでいてとても胸がすかっとしました!
正義の執行機関はいつでも臭いものや不都合なことにはふたをして隠匿しようとするものですが、スモーカーのこのセリフは、そんな腐った組織に一矢報いてくれたように感じました。

自分の進退をも顧みずに信念を押し通すスモーカーの心意気、見習いたいです。

俺の部下に手ェ出してんじゃねえよ!!!

原作69巻パンクハザード編 第684話より、海軍のスパイとして潜入していたヴェルゴに部下をやられたスモーカーが、その怒りをぶつけるシーンでの名言になります。

長い年月もの間潜入していたヴェルゴは、当然部下からも慕われていましたが、そんな部下をヴェルゴはなんの躊躇もなく手にかけていきました。涙を流しながら倒れている部下を見てスモーカーは、改めて海賊という存在に心からの怒りを露わにしたのです。

海軍の中で荒れくるものが集う支部G-5ですが、スモーカーはそんな部下たちでさえ決して蔑ろにすることなく、面倒を見ていました。

彼の部下思いの精神を存分に堪能させてくれたセリフだと思います!
まさに上に立つ者の鏡といえるでしょう。

私もこんな上司や先輩に巡り合いたいですし、いずれはこういう部下を思いやれる人間になりたいと思いました!

”海賊”は…どこまでいこうと”海賊”なんだ!!!

原作18巻アラバスタ編 第159話より、スモーカーが部下のたしぎに対し、海賊とはなんたるかについて説いたシーンでの名言になります。

前提として、アラバスタ王国では王の座についていた七武海のサー・クロコダイルがその権力を私利私欲のために用いて国を実質の支配下に置いていました。

有事の際は海軍に協力することを条件としてその存在が公認されている海賊が七武海。ある程度の悪事は黙認されるわけですが、結局のところはただの海賊です。

そんな七武海が海軍として許せないスモーカーは、たしぎにこの言葉を伝えたのです。

海賊であるルフィたちが主人公のワンピースですが、その海賊を取り締まるいわば敵の海軍も確固たる信念をもっているということを認識させられた一言だと思います。

スモーカーの海軍としての正義感を強く感じました!

泣くほど悔しかったら…もっと強くなってみせろ!!!!

原作23巻アラバスタ編 第212話より、「自分には、クロコダイルを倒し疲労困憊状態にあるルフィたちをただそっとさせておくことしかできなかった」と悔しがるたしぎに対してスモーカーが放った名言になります。

自分がまだ未熟であるがゆえに、本来は海軍の役目だったことを何ひとつできなかったたしぎにとってこの言葉は深く刺ささったと思います。

頭ではわかっているのに、自分が何をすべきなのかを理解しているのに、ただ力がないというだけでそれができない……この悔しさは人間であるなら誰しも経験のあることではないでしょうか?

ですが、それで悩んでいても仕方ありません。前を向いて前進していくしか方法はないのです。
大切なものを守りたい、自分の責務を全うしたい…そのためには他者をねじ伏せるだけの力が必要なのです。それは腕っぷしだったり地位だったり、経済力だったり人によって様々です。

いたってシンプルでなんの変哲もない言葉ですが、「頑張ろう!」と思える力強いセリフだと思います!

このおれの誇りにかけて やつらを”新世界”で…叩き潰す!!!

原作45巻エニエスロビー編 第440話より、CP9を破ったルフィら麦わらの一味のニュースはスモーカーの耳にも入りました。どんどんその悪名をあげていくルフィに、スモーカーも必ずルフィを討ち取るという決意を固めます。

その際の名言がこの一言ですが、詳しいことは抜きにしてかっこよすぎじゃないですかね???

個人的にスモーカーの名言の中では、私はこのセリフがダントツで好きです!(私事で恐縮ですが…)

もう海軍とかの枠を出て、完全に一人の海兵としてのスモーカーの信念を感じます。自分がある意味で見込んだ小物海賊がここまで来たわけですから、そりゃエンジンかかりますよね!

「俺ももっと強くなってやる!」とでもいわんばかりのこの表情がほんとにかっこいい!!

法律じゃあ”落とし前”ってもんはつけられねェんだ…

原作68巻パンクハザード編 第678話より、ヴェルゴの裏切りが発覚したことでスモーカーはヴェルゴに落とし前をつけに向かいます。

落とし前の行為は自分たち海軍が本来守るべき法律が禁止しているわけですが、それを破ってまでヴェルゴに一泡吹かせたいスモーカーの強い正義感と破天荒さを感じる一言でした!

現実世界でも仕返しや仇討ちというのは当然のことながら法律で禁じられていますよね?
ですが受け手側からすれば、やった相手に対し自らの手で制裁を加えてやりたいと思うのは当然です。

海軍でありながら、法律よりも願望を優先させたスモーカーに好感度爆上げです!!

俺がいつ上官の意見を聞いたんだ!!?

原作19巻アラバスタ編 第176話より、麦わらの一味を追うという名目でクロコダイルの悪事を暴くため、スモーカーはアラバスタ王国に援軍を召集するように部下に命じました。

上司が許可してくれるかどうかを理由に戸惑う部下に対し、言い放ったのがこのセリフ。

顔が怖すぎる……(汗
スモーカーが海軍の異端児と呼ばれる理由が垣間見えたシーンではないかなと感じました。

行く先やそこでやることに、いちいち上官の意見なんてきかねぇよという意思がむき出しですね。

いつか自分も同じセリフを、こんなかっこよく言ってみたいな~と思いました!……クビ覚悟で(笑

 

スモーカーの名シーン3選

おれのズボンがアイス食っちまった…

原作11巻東の海編 第98話より、スモーカーの原作初登場の回です。
部下がビビるほどのオーラを放っていたスモーカーに、アイスクリームを買ってもらいはしゃいでいた少女がぶつかってしまいました。

三段のアイスクリームはスモーカーのズボンにべったりとくっついてしまい、少女の父は必死に謝ります。少女の頭をつかんだスモーカーでしたが……次の瞬間、

スモーカーは自分のズボンがアイスクリームを食べてしまったことを謝り、アイスクリームの代金を少女に返したのです!!!

これが名シーンでなくて何だというのでしょうか? 
もうこのシーンで私はスモーカーが好きになりました!まさに強くて優しいとはこのことですね!

かっこよすぎる…スモーカー大佐!

サボとスモーカー 炎と煙の合体技炸裂!

2016年7月公開の映画 ONE PIECE FILM GOLDより、メラメラの実を受け継いだサボと、スモーカーの二人による合体技が炸裂したシーンです。

このシーンの前には二人の能力がぶつかり合う描写があり、サボはいつしかのエース同様に「お前と俺の能力では勝負がつかない」と言っていました。

そんな二人が敵の装甲を破壊すべく力を合わせ攻撃を仕掛けたのですが、これがとにかくかっこいい!

”ホワイトブロー”と”燃える竜爪拳”…

是非、映像にてご賞味あれ!!

頂上戦争編 ルフィを圧倒!

原作57巻頂上戦争編 第559話より、エース救出のため進撃を続けるルフィの前に我らがスモーカーが立ちふさがります。

すかさず”ギア2”を発動し応戦するルフィでしたが、当時はまだ覇気は使えなかったルフィ。
これまで、砂や電気という覇気以外の対抗手段がある自然系には勝利してきたものの、煙には覇気しか通じません。

結局、スモーカーにダメージも与えられずに海楼石入りの十手で抑え込まれてしまいました。
覇気なしの状態では、スモーカーに手も足も出ないことが明らかになったシーンになりました。

2年前までだったらスモーカーは相当強いキャラの部類に入っていましたね!

 

スモーカーのキャラクター紹介

  • 所属:
    海軍本部大佐→海軍本部准将→海軍G-5支部中将→(中将兼)G-5基地長
  • 本名:
    スモーカー
  • 出身地:
    偉大なる航路(グランドライン)
  • 年齢:
    34→36
  • 誕生日:
    3月14日
  • 身長:
    209
  • 星座:
    うお座
  • 好きな食べ物:
    スモークチキン
  • 趣味:
    陶芸、カジノ
  • 悪魔の実:
    モクモクの実 (自然系)

原作11巻のローグタウンにて、初登場した当時海軍本部大佐だったスモーカー。
名前の通り重度のヘビースモーカーで常に葉巻を2本ふかしており、ジャケットのポケットには大量の葉巻を常備しています。正義感は強いものの、独断での行動が目立ち海軍上層部からは「野犬」と呼ばれています。

ローグタウンで取り逃がしたルフィに海賊王ゴールド・ロジャーの面影を見出し、いずれ危険な存在になるといち早く察したスモーカーは、その後執拗にルフィを追うようになります。

悪事を行う海賊やそれが公認されている七武海を忌み嫌ってはいるものの、誰に対してもきちんと筋は通す性格で、わざとルフィを見逃がしたり時には共闘したりしたこともあるほどで、二人の関係はよきライバルともいえるほどの仲になってしまっています。

 

スモーカーの名言・名シーンまとめ

スモーカーの名言・名シーンを紹介させていただきました!

上司の指示にはあまり従わず身勝手な行動も多いスモーカーですが、非常にまっすぐで部下思いであることから好きなファンの方も多いのではないでしょうか?

2年後編ではローやヴェルゴ、ドフラミンゴなどに負けが続いており、あまり見せ場という見せ場がない状態ですが、いずれまた再登場し読者を熱くしてくれるような活躍を期待したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。