サボは死んだのか?死亡シーンがない理由でフェイクニュースの可能性が!?

最近のジャンプでは毎週新たな事実が明らかになっているONE PIECE。

明らかになっていく事実に驚愕する反面、回収された伏線から過去の話を読み返している人も多いのではないのでしょうか?

 

未だ回収されていない伏線もいくつか見受けられる中、まだ回収されておらず、今後の話を左右するといえば革命軍の動向です。

多くの考察がされていますが、サボは死んでしまったのでしょうか?

 

今回はサボが死んでしまったのか?それともニュースはドフラミンゴの時同様にフェイクだったのか?現状を確認しつつ、今後の展開の考察など書いていけたらとお思います。

 

マリージョアでなにが起こっている?

そもそも、革命軍の前に何が起っているか整理しましょう。

現在、天竜人が暮らしているマリージョアでは4年に1度行われる世界会議(レヴェリー)が開催されています。

レヴェリーとは界政府に加盟している代表者達がマリージョアに集結し、世界について会議を行うものです。

代表者の護衛として海軍中将ガープや、大将の藤虎、緑牛などもマリージョアに来ています。

レヴェリーで集まった重要人物

代表者の中には、アラバスタ王国のネフェルタリコブラや、

   

リュウグウ王国のネプチューンやシラホシ、

サクラ王国(元ドラム王国)のドルトンなどがいます。

ドレスローザのリク王や、レベッカ、プロデンス王国のエリザベロー2世など

ドレスローザで共に戦った人たちも来ています。

また、ゴア王国のステリー(サボの義弟)、

元ドラム王国国王で現悪ブラックドラム王国の国王であるワポルなども来ています。

ルフィに因縁のある人物が多く揃っていると言えます。

革命軍がマリージョアに来た理由は?

ここまでだと、革命軍には特に関係がないように見えます。

ですが革命軍が来たことにはある理由があります。

 

マリージョアでは、世界政府に身を売ったバーソロミュー・クマが奴隷として天竜人にこき使われています。

彼の実力であれば、このような状態になることはないでしょうが、世界政府と契約を交わしたことにより奴隷になっています。

 

そしてこのバーソロミュー・クマは元革命軍であり、革命軍のメンバーからは、とても優しいことやその実力から相当慕われていました。

このクマを助けるため、そして天竜人を打倒するため、サボを筆頭に乗り込みました。

サボは本当に死んだのか?

いよいよ本題ですが、革命軍と世界政府はマリージョアにて戦闘を行ったことは事実だと思います。

ですが、サボ死亡と言ったことが明確に書かれているわけではないので確実に死亡したとは言えないでしょう。

 

新聞をみたサボの関係者の反応からサボが死んだように思いがちですが、世界政府にとってはサボを殺すよりも利用した方が何かと得であると思います。

革命軍を操り政府の内部の人間を消すことや、各国の邪魔な代表を消すのに使うことで、革命軍に罪をなすりつけ、政府自らの手を汚さずに済むからです。

死亡記事はフェイク?

以前にドフラミンゴが七武海をやめたというフェイクニュースを出したことがあるため今回もフェイクニュースの可能性はあります。

ですが、ここでモルガンズが気になることを言っています。

 

「この事件を闇に葬り去ることはなんてできるか!!」

それに伴って政府の役人をボコボコにしているシーンがあります。

このことから政府にとって都合の悪い内容であることがわかります。

ここから考察するとすれば、天竜人の誰かが死亡した、海軍の有力者が死亡したなどでしょう。

なので、サボが必ずしも死亡したわけではないと言えるでしょう。

動揺していた人物達

新聞記事を見て驚いた人達は、革命軍のドラゴン、イワンコフ、ベロ・ベティ、コアラ、義弟のステリー、フーシャ村のマキノ、コルボ山のダダン、ドグラなどがいました。

いずれも、「サボが、どうして…」という内容のことを言っているので、サボに関する記事なのは間違いないでしょう。

 

そして、その記事みた黒髭が「海軍にとられるぐれェなら俺が貰っちまおう」と言っていることから、メラメラの実を死んだサボから奪おうとしているようにも捉えられます。

 

海軍大将との戦い

サボは死んでないにしろ負けたのには海軍大将の存在が大きいと言えるでしょう。

マリージョアには、藤虎と緑牛がいます。

藤虎はドレスローザにて実力が出ているため、皆さんもその強さを知っていると思います。

緑牛はまだ未知数ですが、藤虎と同様に世界徴兵にて大将になっているため、藤虎と同等以上の実力を持っていると言えます。

能力は、3年間断食をしていることと緑の色から植物に関する能力なのではと考察されています。

 

今後はどんな展開になっていくのか?

話が膨らませやすいのはサボが生きている方だと思います。

なので、私の考察としてはサボが生きており、緑牛の能力にて囚われの状況に陥っているものと思われます。

そこで、ジュエリー・ボニーが一枚噛んでくると予想しています。

 

ボニーの目的も父親であるバーソロミュー・クマの奪還なので、革命軍と手を組むことで戦力差を埋めようと考えるはずです。

いくらルーキーとは言えガープや大将相手に勝敗はわかり切っています。

囚われのサボをボニーが救出し、革命軍と共闘、そしてサボの恩人であるボニーとルフィものちに仲良くなるという展開になるのではないでしょうか。

 

今までもローやキッド(カイドウ戦にて目的があったため共闘中)、ベッジと言ったルーキーが同盟や協力をしています。

ボニーと協力関係になるのも可能性はあると考えれますね。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

現状ではサボが死んだと思われる描写が多いですが、尾田先生は読者のさらに上をいく人物です。

今後どう裏切られることになるか楽しみですね。

個人的にはサボには生きていて欲しいです。

ワノ国が盛り上がっている一方で、レヴェリーが下す内容や、政府で公開されたロックスの情報など気になる情報がたくさんですが、今後どう影響してくるか楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です