ROG Cetra IIとROG Cetra II core の違いを比較!どっちがおすすめ?

asusイヤホン

ASUS JAPANより2021年10月15日に不要なノイズを遮断するアクティブノイズキャンセリング機能を搭載したゲーミングイヤホン「ROG Cetra II」が発売されました!!

ASUS JAPANさんの「ROG Cetra」シリーズは、人気があり品質もよく大変評価の高いイヤホンなんです。

その「ROG Cetra」シリーズ待望の新作である「ROG Cetra II」は、ゲームファンのみならず、イヤホンファンも注目の製品であること間違いなしの製品です。

デザインは現行シリーズから引き継いでいるクールさはそのままに、機能面も更に強化されました。

そこで今回は、すでに発売されている「ROG Cetra II core」と比較をして、どんな点が違うのか?音質の違いは?デザインは?どんな機能が追加されたのか?などなどをご紹介していきます!!

 

ROG Cetra IIROG Cetra II coreの特徴

実は、機能面など様々な違いがある「ROG Cetra II」と「ROG Cetra II core」!!
1つづつ掘り下げて紹介していきます!!
 

アクティブノイズキャンセレーション

2021年10月15日に新発売をされた「ROG Cetra II」で追加された目玉の機能といえば、ANC(アクティブ・ノイズキャンセリング)です。
 
公式サイトには下記の記載があります。
 

ANC(アクティブ・ノイズキャンセリング)技術により、周囲の騒音を排除し、ゲームに没頭することができます。

 
このノイキャン、すごくいいです!!
外出先の騒音を遮断してくれて、ゲームの世界に没頭することができます。
もちろんゲームだけではなくMUSICを聴くときにも大活躍すること間違いなしです!
 
対する「ROG Cetra II core」は、ノイキャン機能は非搭載です。
ですが、液体液状シリコーンゴムを搭載しているので音は抜群に良いです!
 
公式サイトには、下記の説明があります。
液体液状シリコーンゴム(LSR)ドライバーにより、安定したスピーカー性能、強い低音、最適化されたゲーミングオーディオを実現。
液体液状ゴム(LSR)ドライバーを搭載することで歪みの少ない音域の音と深みのある低音を楽しむことができます。
 
外でイヤホンを使用する機会の少ない方は、ROG Cetra II core」で十分楽しんでいただけると思います。
 
一方、外に出る機会の多い方は新作の「ROG Cetra II」をおすすめいたします。
 
 

デザイン

次にご紹介したいのは、デザインです。
 
ROG Cetra II」のデザインを見た印象はCool!!
個人的にインラインコントローラーの物理ボタンが小さくなったのも好みにバッチリはまりました!!
(ロゴがなくなったのは少し寂しいですが・・・)
 
イヤーフィンのロゴの色も光るとパープルになり、本体のブラックに馴染む良い色だと感じました。
 
一方のROG Cetra II core」のデザインもイカしてるんですよ!
ブラック×レッドのROGさんらしいデザインでイヤーフィンにも同じロゴが入っていて「ROG」のイヤホンと分かるのもGOODです!
 
正直デザインは、甲乙つけがたいというのが本音です!!

 

ROG Cetra IIROG Cetra II coreの違いを比較

ゲーム イヤホン3 

ROG Cetra IIROG Cetra II coreの違いは、

  1. ノイズキャンセリング搭載か非搭載か
  2. 接続はUSB-cタイプか、4極3.5mmステレオミニプラグか

この2つが大きな違いです。

では、まずノイキャンから見ていきましょう。

 

ノイズキャンセリング搭載と非搭載の違い

まずは、ノイキャンは外気音(周囲の音)を遮断できるのでゲームをPLAYする際に自分の世界に没頭できることが大きな利点です。

周りの音を遮断してくれるので小さな音をしっかり拾ってくれて、さらに耳への負担が軽くなることも有り難い機能です。

大きな音を長時間聴いていると耳の中の聴毛が傷ついてしまうため、難聴に陥るケースがあります。

ノイキャンを活用することで音量を60%以下に抑えても、しっかり音を拾って耳に届けてくれるので耳への負担を減らすことができるのも嬉しいですね。

一方、ノイキャン非搭載のROG Cetra II coreですが、こちらも液体液状シリコーンゴム(LSR)ドライバー搭載で実は外気音を大きく遮断してくれる優秀なイヤホンです。

ただノイキャンより若干は、周りの音を拾ってしまうので、仕事中に好きな音楽を聴きながら作業をしつつ、周りの音や声を気にする必要がある場合は、このイヤホンが便利です。

 

USB-cタイプと4極3.5mmステレオミニプラグの接続の違い

続いて、接続はUSB-cタイプと4極3.5mmステレオミニプラグの違いについてを見ていきましょう。

接続ができる機器に関しては、今はアクセサリが充実しているので不便に感じるケースは少ないと思います。

これはゲーム機器に関してもスマホに関しても同様です。

では、この2つの違いで1番気になる点をあげるとしたら「ノイズ」です。

4極3.5mmステレオミニプラグは、オーディオ機器で使用でき利便性も高いのですが、PCに接続をするとアナログ信号の影響でノイズが入ることがあります。

ゲームに没頭している時のノイズって結構耳障りなんですよ・・。

またWEB会議などで使用している時にノイズが入ってしまうと上司の声が聞き取りにくいなどの障害になります。

重要な会議で聞き漏れが出ると致命的なミスにつながる可能性も無きにしも非ず・・・です。

一方、USB-cはアナログ信号を用いないためにノイズの心配がありません。

困るとすればUSBの挿しこみが他の機器で埋まっていて使用できない・・・ことですかね・・。

ここは、PCメインで使用するか、ゲーム機を含めて他オーディオ機で使用するかなどの使用用途によって選択すると間違いが起こらず、快適に使用できるかと思いますよ。

 

音の違いは?

続いて音の違いですが、実はどちらのイヤホンも低音が強いので、ゲームに適しています。

(やっぱりゲームは、低音がしっかりしていると臨場感を味わえます!)

ただシューティングゲームなどの効果音が頻繁に続出するゲームでの低音は、人によっては耳障りに感じるケースもあるかもしれないです。

(私は気になりませんでしたが)

有名RPGなどのテーマソングは荘厳な重々しい低音が世界観を演出してくれるので、まるで自分が勇者になった気持ちでPLAYすることができますよ!!

ゲームにとってのBGMは、料理でいうところの味を左右する重要なスパイスの役割なので、なくてはならない存在です。

 

ROG Cetra IIROG Cetra II coreの違いを比較記事まとめ

ゲーム イヤホン2

最後にROG Cetra IIROG Cetra II coreの違いを表にしてまとめてみました。

  ROG Cetra II ROG Cetra II core
ノイキャン 搭載 非搭載
接続方法 USB-cタイプ 4極3.5mmステレオミニプラグ
デザイン イヤーフィンにロゴなし イヤーフィンにロゴあり
音の違い 荘厳な重々しい低音が魅力 外部音を拾うものの低音良

以上の内容になりました。

どちらのイヤホンを選択するかは、自身の使用用途を合わせることで快適に使えます。

両方、購入するものアリですけどね(笑)

ASUSさんのイヤホンは、本当に音がよくてユーザーの気持ちを考えて制作してくれていると感じられる製品が多いです。(イヤホン含め)

きっと制作チームの皆さんもゲーム愛に溢れている方々なんだろうと思うくらい(笑)

まだ発売したばかりで気づいていない点も多くあるので、ある程度使用した頃に再度レビューをお届けしたいですね。

ASUSさんのイヤホンをお供に大好きなゲームを堪能して、日頃の疲れを癒してくれる人が増えたら嬉しいです!!

結果、ROG Cetra IIもROG Cetra II coreも、どちらもおすすめしたいイヤホンです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。