ワンピースワノ国編はいつまで続く?結末はどうなるのか予想!

ワンピースワノ国編いつまで

今回はワンピースワノ国編はいつまで続く?結末はどうなるのか予想!について検証考察していきたいと思います。

この記事では私の考察を含めてご紹介しますので、最後までお付き合い宜しくお願い致します。

毎週のワンピースネタバレあらすじ考察記事も合わせて読んでもらえると嬉しいです!

ではワンピースワノ国編はいつまで続く?結末はどうなるのか予想!について検証考察していきましょう。

 

ワンピースワノ国編はいつまで続く?あと何話?

東京ワンピースタワーリニューアルオープン グリーティングキャビンに「ワノ国 」衣裳の〝麦わらの一味〟が登場「和」をテーマにした新メニューやグッズも続々|東京ワンピースタワーのプレスリリース

ワンピース計画?はあと5年と作者尾田先生は仰ってました。

ということはあと5年でルフィが海賊王になり、シャンクスや黒ひげや海軍、世界政府とも戦うことになりますよね。

ワノ国は今後のワンピースにおいて、重要な役割を果たすことになることは間違いありません。

以前から温めていたという”ワノ国編”はまだまだ続くと思われます。

個人的には今が992話で1000話カウントダウンの可能性もありますが、低いでしょうね。

やっとカイドウとの対決が始まったところで、無理やり1000話にむけて終わらせることはないでしょう。

個人的にはあと半年から1年かけて描かれる壮大すぎるスケールと、今までの伏線回収にも当たるところではないでしょうか?

 

ワンピースワノ国編結末はどうなる?

まだまだ先の展開が読めないワノ国編ですが、結末はどのようになるのでしょうか?

ここではワノ国編の結末に関わるであろう5つの場面に分けて考えてみたいと思います。

 

VSカイドウ

カイドウとの決着はつきそうですすね。

おでんの意思を継ぎ、そしてカイドウのいなくなったワノ国を治めていくのが、「モモの助」でしょう。

そのためには赤鞘は生き残らなければなりません。

赤鞘に死傷者が出ることも考えられますが、モモの助を支える人物が必要になるでしょう。

そこで錦えもんは生き残り、カイドウ亡き後のワノ国を率いるのではないでしょうか。

 

ビッグ・マム

カイドウとビッグ・マムは史上最悪の海賊同盟を結んでいますが、これは崩壊するのではないかと思われます。

ロックス海賊団は汚名が多いですし、現状ビッグ・マムは場外に飛ばされている状況です。

本当にカイドウとビッグ・マムが同時に攻撃してきたら、さすがのルフィたちも堪らないでしょう。

ここで何のためにぺロスぺローがマルコと一緒に登場したのかが鍵になる可能性があります。

ペロスペローはこのビッグマムとカイドウの同盟のこともよく思っていません。

いち早くビッグ・マムの元へ駆けつけ、カイドウが裏切るとか言って同盟破棄を促すようなことをする可能性が高いのではないでしょうか。

 

ヤマトの旅立ち

無事に生き残ったヤマトの夢はおでんのように世界中を旅することでしょう。

エースとの約束でしたが、エースはもういません・・・。

そこで、麦わら最後のクルーとして旅に出るのではないでしょうか?

勿論おでんの航海日誌を見せることはルフィーやクルーたちにとってはタブーです。

ヤマトは独自の航海日誌をつけることになり、おでんの航海日誌は「モモの助」に託されることになるかもしれません。

 

ワノ国の開国

長い間鎖国国家として、外部から遮断されていた「ワノ国開国」もおでんの悲願です。

ここでジョイボーイの存在が明かされるかもしれないですね。

ワノ国を開国し、カイドウの手から国を救出したヒーローとしてルフィたちは感謝されるかもしれませんが、自由に生きるルフィは別れを済ませたら新たな旅立ちに向かうことでしょう。

ワノ国を解放したら、アラバスタ・ドレスローザ・魚人島も解放することになります。

まだ島の名前はわかりませんが、途中で5番目の解放となるわけです。

新天地で待ち受ける強敵は現四皇として残る誰かか?それとも海軍?はたまたマリージョワか目が離せませんね。

 

最悪の世代の同盟終結

キッドはともかく?ローとはパンクハザードから今まで共に歩んできました。

しかしカイドウの首をとるまでという期限付きでしたよね。

せっかく仲間のように親しくなった友人(少なくルフィの中では)ですが、今後は別の道を行くことになるでしょう。

カイドウのあと誰と戦うかは分かりませんが、お互いのビブルカードの交換などして直接対決ということはなさそうな気がします。

ともあれ、三人とも一団の船長です。

自分の道を突き進んでいくのでしょう。

少し寂しいですね。

 

ワンピースワノ国編は裏切りの嵐

ワノ国編は裏切りに次ぐ裏切りでその意外性も楽しめるポイントの1つ。

ここまで裏切りが明らかになった人物を振り返りましょう。

この後裏切りは起こらないのか?それとも…

 

オロチ

オロチはDrベガバンクを利用して世界征服を目論んだ!?

ベガバンクを欲しがるオロチは、花の都のオロチ城で「ワノ国は・・・自給自足できておるのじゃ”更なる力”!!今回は戦艦で手をうったが、・・継ぎはDrベガバンクじゃ!!!」(929話)

この言葉からオロチが世界最高と呼ばれるベガバンクを欲していることが明らかになりました。

オロチの過去

オロチは過去に「黒炭」の名がつけば何もしてなくても罪人であるという悲しい過去をもっていましたが、それが成長するにつて悪賢く権力を握るようになっていきました。

自らの素性を隠し、裏で極秘におでんの父を殺して、自分が大名としての実権を握り、贅の限りを尽くしました。

最後はカイドウに首をはねられ絶命したと思われましが、オロチの能力はヤマタノオロチがモデルとなっています。

首一つ刎ねられただけで、あっさりと死亡するでしょうか?まだ疑問が残ります。

 

カン十郎

赤鞘の侍の中で誰がスパイかという話がありました。

結果はカン十郎でした。

カン十郎はオロチのスパイとして、赤鞘の侍たちと同じく家臣として行動していたのです。

カン十郎も幼き日がら言われも無い迫害を受けていたことは作中で明かされています。

しかしなぜカン十郎はスパイとして、オロチにつくことになったのでしょう。

そう、カン十郎も同じ黒炭家の血縁だったからです。

カン十郎は心を閉ざして生きることにしますが、そこに現れたのが「オロチ」です。

オロチにいいように利用され、おでんをも裏切り、その臣下たちの信用まで欺いたカン十郎。

オロチより悪魔の実を授けられカン十郎は能力者となり、ずっとそばでそれこそ侍たち同様20年間裏切り続けていたのです。

 

カイドウ

カイドウは軍事力を集めるために、おろちを利用していただけで、当初から仲間とは思っていなかったでしょう。

自分の直属の配下しか信用していないようです。

オロチの首を落としたのは、オロチがもうカイドウにとって価値のない不要の者となったからでしょう。

カイドウは「海賊は裏切るぞ」と赤鞘の侍たちにも言っていますが、カイドウ自身も裏切り者なのでしょう。

過去がカイドウをそうさせたのかもしれませんが、今同盟中のビッグ・マムすら囮?欺くかもしれませんね。

 

狂四郎

20年前におでんの処刑により方々に逃げた仲間たち、その中で狂四郎はあまりの悔しさのために顔が変形するまでに至ってしまいました。

そして傳ジローはサカキなどと親しげに会話するシーンが多くありましたよね!

顔が変わっている点と20年の時を過ごし味方を少しでも増やし、自分が絶対的信頼される位置まで我慢を重ねていました。

裏切りは敵味方なく、罪は重いですよね・・・。

しかし傳ジローが卑怯という点では他の裏切りものとは一線を隔していますよね。

無事錦えもんたちに合流でき、カイドウは目の前にいますが、カイドウの首をとることができるのでしょうか。

ルフィたちにかかっていると言っても過言ではないでしょうね。

 

ドレーク

ドレークが当初なぜカイドウの元に従ったのか少し理解に苦しむところでしたが、海軍のソードの一員でコビーの仲間と知ったときは嬉しかったですね。

要は敵対するのはまだ先になるということです。

実際クイーンとフーズ・フーに裏切り者扱いされていました。

ローを逃したこともバレています。

しかし唯一ばれてないのが、”海軍”だということです。

今後海軍とバレれば確実に狙われてドレークの命の保証はないでしょう。

ドレークはカイドウからの裏切りものであっても、ルフィたちに対して裏切りをしたわけではありません。

今は孤軍としても、ルフィたちと共闘することで活路を見出すことになるでしょう。

 

ワンピースワノ国編の謎は回収される?

ワノ国編では今までの伏線の回収が行われるのではないでしょうか?

 

エースとヤマト

エースは死にましたが、ワノ国にも伝説を残していました。

お玉との約束、ヤマトとの出会い、今エースの気持ちを受けつぎルフィが動くでしょう。

ワノ国をカイドウの支配から解き放ち、みながお腹一杯食べられるようにするでしょうね。

問題は”自称おでん・ヤマト”です。

ルフィの出現に興奮気味で、航海に連れて行ってくれるように頼むか、おでんのように堪えきったら(ルフィはそんな試練与えないでしょうが)ヤマトもエースの憧れを抱き、いつの日か冒険に出たいと心から願っています。

カイドウとの戦いぶりにもよるかもしれませんが、ワノ国に平穏が戻れば共に旅立つ日もくるのではないでしょうか?

ナミ・ロビン・ヤマトとなれば女性も3人なので、サンジも大喜び?

 

ゾロと霜月家

ゾロはワノ国出身の侍たちの血を引いている?

作中でワノ国の過去の出来事が明らかになるにつれて、ゾロの自体もワノ国に関わりがある可能性が出てきました。

ゾロはワノ国の人間の血を引いている?

ゾロに「スナッチ」という言葉を教えた人物の正体

チョッパーやモモの助たちは浜辺で記憶喪失状態のビッグ・マムを拾ったあと、ワニガメにのって兎丼へと向かいます。

その道中モモの助は「スナッチ」という掛け声を発しながら素振りをしていました。

このスナッチという言葉の意味は「”名を捨てろ”」「“知恵を捨てろ”」「頭を空にして飛びこむのみ”」という意味が込められています。

ゾロが教わったというスナッチは村のジジーに教わったといってますが、96巻SBSで「55年前に刀鍛冶にして剣豪の霜月コウ三郎が海へ出て、イーストブルーに到着。その後シモツキ村を作り、息子のコウシロウが生まれた」とあります。

村のジジーは霜月コウ三郎だったことも明らかになりました。

伝説の大剣豪も霜月性だった!

96巻SBSで「あれ?ゾロの祖先は!?」という何かを匂わせた発言をされています。

「ワノ国の侍たちが大冒険を経てイーストー・ブルーにたどり着いた」とあるので、彼は1人ではなくて、他のものも一緒に旅に出たのです。

可能性が高いのは霜月の名をもつ侍たちだったのではないでしょうか。

作中では何人か霜月のキャラクターが存在していますが、伝説の大剣豪・リョーマも、霜月の性を持っています。

リョーマたちの子孫がノノロアの性の人間と結ばれていたとしたら、リョーマはゾロの祖先ということになりますよね。

 

ワンピースワノ国編はいつまで続く?結末はどうなるのか予想!記事まとめ

今回はワンピースワノ国編はいつまで続く?結末はどうなるのか予想!について検証考察してみました。

ワノ国は作者曰く超態勢ともいえるべき編なので、期待度も高まりますね!

他の考察部分に関しては、ワンピースあらすじ考察にてご紹介しておりますので、そちらも是非読んでみて下さい!

最後まで御愛読ありがとうございました!また次回をお楽しみに!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です