岡山の潮干狩り2021の時期はいつから?狙い目や適した日を紹介!

岡山 潮干狩り

潮干狩りシーズンに突入しながらも新型コロナウイルス感染症対策の緊急事態宣言で「ステイホーム」が呼びかけられていましたが、ようやく全国的に解除になりました。

解除されたとはいえまだ遠出のしづらい状況ですが、岡山は獲れる貝の種類が豊富で、他県からも潮干狩り客が訪れる有名なスポットもあります。

岡山での潮干狩りの狙い目や一度は訪れてみたいおすすめスポットなどをご紹介します。

 

岡山の潮干狩り2021の時期はいつ?日程紹介

岡山 潮干狩り

岡山の潮干狩り狙い目

瀬戸内海の山陽側での潮干狩りでは、あさりやマテ貝が定番ですが、岡山では穴ジャコもよく獲れ、地元では珍味として親しまれています。

特に倉敷市周辺は瀬戸内工業地域として沿岸部に工場群が形成されて潮干狩りスポットが少なくなっていますが、海水浴と併せて潮干狩りを十分に楽しめます。

工場が連なる一方で干潟も整備され、地元住民にも旅行者にも人気の観光潮干狩りスポットもあります。

季節が夏に向かい天候も気になりますが、岡山は「晴れの国」という愛称を持つほど年間を通して雨が少ないという特徴もあります。

 

岡山の潮干狩りの適した日・ベストな時間は

周辺の広島や山口と同様、岡山の潮干狩りに適しているのは3月下旬からお盆にかけてです。

瀬戸内地方ではお盆を過ぎたら海には入るなと言われており、潮干狩りに出かけるのもそのあたりまでが無難です。

潮干狩りのベストな時間はやはり昼間で、干潮になる時間帯があると特によいでしょう。

遅くても18時頃には撤収するようにしてください。

 

岡山の潮干狩りのおすすめの名所・穴場を紹介

岡山の潮干狩りでぜひ押さえておきたい名所は倉敷市児島の高州での観光潮干狩りです。

毎年4月から8月の間の干潮時に3時間だけ現れる幻の砂浜で、船での送迎がつくので潮干狩りが初めての方にも最適です。

公式サイトには潮干狩りの開催スケジュールのほか、準備するものなども案内されていて大変便利です。

事前予約制ですが天候不順の際は中止されることもあるのでこまめにチェックしてみてください。

 

岡山の潮干狩りの穴場

定番のあさりだけに留まらない岡山の潮干狩りの穴場をご紹介しましょう。

浅口市の青佐鼻海岸は岡山名物の穴ジャコ釣りを楽しめるスポットで、「穴ジャコの浜」とも言われています。

瀬戸内海国立公園にも近く、ツーリングスポットとしても人気があります。

また倉敷市玉島の玉島発電所近くの高梁川河口ではマテ貝を捕ることができます。

但し、これらのスポットに限らず瀬戸内海ではまれに赤潮や貝毒が発生することがあり、残念ながらその時期は潮干狩りは避けたほうが無難です。

 

岡山の潮干狩りは無料?料金調査!

岡山の潮干狩りは海岸や河口などで個人で行う場合は原則無料です。

倉敷市の高州での観光潮干狩りも無料で、獲れた貝類などは追加料金なしですべて持ち帰ることができます。

但し高州への送迎船「からこと丸」の乗船料金が別途必要となります。

乗船料金は往復で設定されており、中学生以上は1300円、4歳から小学生までは650円となっています。

潮干狩りに必要な道具の貸し出しは行っていないので必ず事前に準備しておきましょう。

 

まとめ

岡山 潮干狩り

2020年の潮干狩りシーズンは新型コロナウイルスの感染拡大防止や前線の停滞などで出かけるのが難しくなっています。

しかし、穏やかな瀬戸内海に面し、珍しい魚貝類も摂れる岡山の潮干狩りは旅の思い出にもなるでしょう。

新幹線でも飛行機でもアクセスできて交通の便がよいのもうれしい点です。

間もなくGoToトラベルキャンペーンも始まることから県をまたいだ外出も少しずつ可能になりますが、引き続きソーシャルディスタンスを守って気持ちよく滞在できるよう心がけたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。