【ワンピース】おでんの最後がヤバイ!伝説の一時間を詳しく解説

おでん最後

今回は、『ワンピース』に登場する光月おでんの最後について紹介していきたいと思います。

 

おでんは、カイドウに敗れたことで、捕まってしまい、家臣である赤鞘九人男とともに捕まってしまい、処刑され、死亡してしまいます。

処刑の日には多くの見物客が押し寄せますが処刑中のおでんは、後に伝説の一時間と語り継がれて死んでいきます。

処刑で死亡してもなお語り継がれるおでんの処刑とは、一体どのようなものだったのでしょうか?

 

それではおでんの最後となぜ伝説の一時間と語り継がれ、死んでいったのかを紹介していきましょう!

 

おでんの最後がヤバイ!死亡シーンを振り返る

おでんは、カイドウに捕まってしまった結果、釜茹での刑に処されてしまいました。

釜茹での刑に処されてから、死亡するまでの一時間。

一体何が起きたのかを振り返ってみましょう!

 

おでんの釜茹での刑は条件付きだった!?

おでんは、釜茹での刑に処される直前に、カイドウとオロチに対して、条件を突きつけました。

『もし釜の中で、指定の時間生きて耐えることができた者がいれば、その者を解放して助けてほしい』という条件です。

オロチとカイドウはおでんの提案を飲み込み、一時間釜茹での刑を耐えたら、解放することになったのです。

おでんが条件を突きつける直前、オロチの家臣が足を滑らせて、煮えたぎる油の中に落ちてしまうという描写がありました。

家臣はあまりの熱さに窯から飛び出すも、全身焦げてしまい、即死してしまいました。

常人であれば即死する程の処刑ですから、おでんが一時間も耐えるなどできないと誰もが思ったことでしょう。

 

家臣を庇い、全てをおでんが背負う

ついに釜茹での刑が始まり、おでんは高温の煮えたぎる油の中に飛び込みます。

さすがのおでんもあまりの熱さに叫びましたが、グッと堪えました。

家臣たちもおでんに続いて、鎌の中に飛び込もうとします。

しかしここで、おでんが家臣たちを板ごと持ち上げたのです。

9人の家臣たちを担いだまま、おでんは窯の中でどっしり構え始めます。

確かに、全員が窯の中に入っているので、約束を破ったことにはなりません。

もしおでんが釜茹での刑に一時間耐えることができれば、家臣たちは無傷で生き延びることができるでしょう。

 

しのぶが事の真相を全て明かす

おでんはすぐにはヘタレることはなく、釜茹での刑に耐え続けます。

見物客たちは、冷めた目でおでんの処刑を見守っていました。

ロジャー海賊団が解散し、おでんがワノ国に帰還した際、ワノ国はすでにカイドウ、オロチによって不当に支配されていました。

おでんの帰還でワノ国を救ってくれると誰もが期待したことでしょう。

しかしおでんはカイドウとオロチを倒すことなく、さらには、毎日定時刻に裸踊りをするようになったのです。

ワノ国が大変な状況なときに意味不明な行動を取り、おでんの信用は完全に無くなってしまいます。

おでんの家臣や家族でさえもおでんの奇行の理由を知らない中、しのぶだけはおでんの奇行について知っていました。

 

おでんが、カイドウとオロチの元へ乗り込んだとき、おでんはカイドウたちに手を出すことができなかったのです。

ワノ国で誘拐された人々を人質に取られていたためです。

もしおでんがカイドウたちに逆らえば人質は助からず、戦いによってさらに多くの人々が傷ついてしまいます。

毎日裸踊りをすれば、1回につき100人の命が救われるという約束と、5年間裸踊りを続ければ造船した船でワノ国を出航するという約束をおでんは信じ続けました。

どれだけワノ国の民から笑われ信用を落とそうとも、おでんは1人で全てを背負い耐え続けていたのです。

 

耐えきったおでん!おでんの意志を未来へ引き継げ!

事実を知った見物客たちは動揺を隠せず、釜茹での刑を耐えるおでんたちを応援し始めました。

そして、一時間の釜茹での刑に耐えきって見せたのです。

真相を知った見物客たちはすでにおでんの味方ですが、オロチがそれを許しません。

釜茹での刑終了間際に、処刑方法を変更し、銃殺の刑にしたのです。

見物客たちは、オロチの身勝手な変更に反対しますが、おでんの味方をした民衆にも攻撃を始めるオロチの家臣。

しかしおでんは一時間耐えきっても助からないことを分かっていました。

そしておでんの家臣である9人の男たちに全てを託したのです。

目的は20年後、ワノ国を開国すること。

赤鞘の侍たち9人はおでんの死を覚悟し、おでんの意志を引き継いで処刑場から逃げ出しました。

 

おでんの最後

1人処刑場に残されたおでんはカイドウと対峙します。

オロチの身勝手な宣言通り、銃殺しようとカイドウは銃を構えました。

おでんは死を覚悟し、笑います。

そしてカイドウに頭を撃ち抜かれて倒れ、そのまま窯の中に沈んでいったのです。

 

おでんの死亡シーンは何巻何話

おでんの死の真相がわかったところで、感動の死亡シーンは一体何巻の何話で描かれてのでしょうか?

ずばり!ワンピース96巻第972話『煮えてなんぼのおでんに候』にておでんは死亡しました。

また釜茹での刑自体は同じく96巻の第971話『釜茹での刑』から描かれ始めているので、後世に語り継がれた伝説の一時間は、2話に渡り描かれたことになりますね!

96巻はおでんとロジャーの冒険も描かれており、ラフテルについても初めて描かれたため、伝説の巻と言っても過言ではありませんね!

 

ONE PIECE97巻を無料で読む

ワンピース97巻

無料で今すぐ読む

 

おでんが死んだ理由

おでんが死んだ直接的な死因は、カイドウが放った銃弾による死亡です。

おでんの頭に一発、即死だったと思われます。

おでんの死のキッカケを作ったのはオロチでした。

釜茹での刑を一時間耐え抜けそうになったため、確実に殺せるように銃殺の刑に変更したのが、オロチでした。

 

おでんの最後に対するネットの声

おでんが最後に死ぬという事実が分かっている状態で、ワノ国の過去編が描かれてきました。

おでんが初登場してから、一体いつどのタイミングで、なぜ死ぬのか読者はヒヤヒヤしていたことと思います。

おでんのことを知れば知る程、おでんの死が辛く、悲しくなっていきました。

おでんの死について、ネットの声を見てみましょう。

 

ワンピースをお得に読める電子書籍サービス比較
サービス提供会社無料・特典無料期間特徴
U-NEXT1冊31日600P付与/40%還元/映画・アニメ・成人動画/雑誌70誌見放題
music.jp1冊30日600P付与/10%還元/動画クーポンあり/音楽充実
FODプレミアム最大2冊14日最大1,300P付与/20%還元/DL不可
ebookjapan6冊半額なし月額定額0円/初回50%OFF6冊まで/アプリ高機能/無料まんが2000冊↑
まんが王国1冊半額なし月額定額0円/初回50%OFF1冊/毎日1pt/クーポン多数/無料まんが3000冊↑

 

まとめ

今回は、おでんの最後の伝説の一時間について紹介してきましたが、いかがでしたか?

おでんが死んだ処刑は、悲しく、残された者にとっては許しがたい出来事でした。

おでんが死亡した事実を受け入れられないキャラクターも多く、カイドウ、オロチが完全な悪役として描かれました。

これから百獣海賊団との全面戦争が描かれていく訳ですが、カイドウとオロチが悪役として描かれてくれたおかげで、ルフィたちを応援しやすくなりました。

そして、おでんは様々な謎を隠したまま死んでいます。

おでんの航海日誌の全貌とは?光月家はなぜ古代文字を解読できたのか?大昔に世界と繋がっていたワノ国はなぜ鎖国国家となってしまったのか?

全てを知ったおでんでしたが、これらが明かされる日はいつ来るのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です