NiziUダンス上手い順ランキング!その魅力の秘密とは?

NiziUダンス上手いランキング

日本中でK-POPブームが起こっている昨今。

その人気を更に躍進させたのが、今回紹介する「NiziU」です!

日本の大手レコード会社ソニー・ミュージックと韓国の大手芸能プロダクションJYPエンターテイメントがタッグを組んで企画したオーディション番組「Nizi Project」によって勝ち残った9人のメンバーから結成され、その感動の様子が大きな話題となり日本中が応援ムードでしたね。

そんな厳しいオーディションを勝ち抜いた9人のダンススキルはもちろん全員が素晴らしいですが、その中でもあえてダンスの上手い順に並べるとしたら誰が1位に輝くのでしょうか?

そこで今回は「NiziU」のメンバーをダンスの上手い順にランキング化してみました。

 

NiziUダンス上手い順ランキング

韓国のアイドルグループのダンススキルは、世界中でブームを巻き起こすほど卓越していますよね。

やはりその裏側には厳しい評価から勝ち残ってきたという苦悩があります。

「NiziU」は、そんな韓国の厳しい評価を日本人の女の子たちが体感することによって成長していくという姿に感動を呼びました。

過酷なオーディションの中から見事勝ち残った9人の中で、一番注目すべきダンススキルを持っているのは誰なのでしょうか?

それでは早速、1位から見ていきましょう!

 

1位:マコ(MAKO)

 

第1位に輝いたのは、マコ(MAKO)さんです!

マコさんは「NiziU」メンバーの中で最年長の19歳で、リーダーを務めているチームの中心核です。

個人順位において日本合宿では1位、韓国合宿では2位を獲得するほどの実力を持っているのにも関わらず、毎日の筋トレや日記など小さな努力の積み重ねを忘れないという申し分のないリーダーですね。

日々の筋トレや体調管理が行き届いているのでパフォーマンススキルにムラが無く、どんな曲においてもその曲ごとに対応させた感情を表現できる魅力を持っています。

 

2位:リオ(RIO)

 

続いて2位は、リオ(RIO)さんです!

リオさんは小学2年生の頃からダンスを始め、「Nizi Project」に参加する前は「EXPG STUDIO名古屋」に所属していたそうです。

そのため、早いテンポやキレのある振り付けの際にリオさんの持ち前のダンスの魅力が際立ちます。

落ち着いた女性らしい振り付けはリオさんの得意ジャンルとは正反対ですが、個人レベルテストの際にあえて大人の女性を表現する曲にチャレンジすることによってその表現力の幅を見事広げました。

メンバーの中で「NiziUの元気の源」というキャッチコピーがついているほど普段からパワフルで明るいリオさんですが、合宿中に成長していく中で大人の女性の魅力も付けたようです。

これからの成長も楽しみですね!

 

3位:リマ(RIMA)

 

続いて3位は、リマ(RIMA)さんです!

リマさんは父親にラッパーのZeebra、母親にモデルの中林美和を持つサラブレッド。

父親から受け継いだ卓越したリズム感とグルーヴ、母親から受け継いだ端正な顔立ちと豊かな表現力でダンスも難なくこなします。

同じ振り付けをしていてもリマさんの表現力は一線を画していて、ついつい目で追ってしまう存在ですね。

今回はダンススキルが基準ということで3位という結果でしたが、表現力という面では断トツの魅力を持ったパフォーマーだと思います。

 

4位:マヤ(MAYA)

 

続いて4位は、マヤ(MAYA)さんです!

マヤさんは韓国の大手芸能事務所YGエンターテイメントの日本法人であるYG JAPANの元練習生だったそうです。

そのほかにもキッズダンスコンテストでの優勝経験やご当地アイドルグループに所属など、わずか18歳ながらに数々の舞台で表現を経験してきた実力派です。

そんな素晴らしい経歴を持つマヤさんは、ダンスでも色気のある落ち着いた表現力を発揮します。

幼少期からの多様な経験が、複雑な感情を醸し出すことの出来る要因となっているのかもしれませんね。

 

5位:ミイヒ(MIIHI)

 

続いて5位は、ミイヒ(MIIHI)さんです!

TWICEのコンサート会場でスカウトされ、JYPエンターテイメントの練習生であったミイヒさん。

練習生として7か月レッスンを受けていたミイヒさんですが、J.Y Parkさんとはオーディションが初対面だったようです。

そんなJ.Y Parkさんから「スターになる準備が出来てる子。すべてが揃っている。」と太鼓判を押されていたミイヒさんの個人レベルテストで披露した「Nobody」は、その評価を全員が納得するほど圧倒的なスター性を見せつけました。

ミイヒさんは与えられた振り付けを自分の物として完全に消化した途端、そのスター性を最大限に発揮します。

デビューが決まりスターとしてのオーラに更なる磨きをかけたミイヒさんのパフォーマンスには、今後も目が離せないですね。

 

6位:マユカ(MAYUKA)

 

続いて6位は、マユカ(MAYUKA)さんです!

マユカさんは滑り込みの13位で韓国合宿行きを決めたものの、その後の成長が凄まじいものでした。

個人レベルテルトではその努力の成果によって、自身に満ち溢れるすばらしいパフォーマンスを披露しました。

13位からスタートしたマユカさんは見事7位でデビュー。

まだまだ16歳という若さなので、これからもその忍耐力と謙虚な姿勢で成長し続けてくれること間違いなしです!

 

7位:アヤカ(AYAKA)

 

続いて7位はアヤカ(AYAKA)さんです!

アヤカさんは9年ものダンス歴があるのですが、ダンスが苦手でそのダンススキルはとてもデビューできるほどの物ではありませんでした。

しかしそんな苦手なダンスに向き合い必死に努力する姿と、自然体でいるのになぜか頭から離れないという不思議な魅力が買われて見事デビューを果たします。

J.Yparkさんにも「こういうオーディションをしていると、たまに説明できないけど魅力的な人がいる。それがアヤカさん。」と評価されるほど不思議な魅力で全員を虜にしました。

ダンスへの苦手意識が完全に取り払われた時のアヤカさんの踊りは、どのような魅力に溢れるのかとても楽しみですね。

 

8位:リク(RIKU)

 

続いて8位は、リク(RIKU)さんです。

日本合宿の際には、特技の空手を披露するほど身体能力の高いリクさん。

しかしその身体能力をダンスに生かすことが出来るようになるまでには、かなり時間がかかったようです。

「型」で魅せる空手と、音楽を表現する「グルーヴ」で魅せるダンスとでは同じ体を使う動きでも使い方が全く異なります。

そんな苦悩を抱えながらも、見事ダンスのグルーヴを少しづつ手に入れていったリクさんの成長は素晴らしいものでした!

 

9位:ニナ(NINA)

 

最後に、9位はニナ(NINA)さんです。

ニナさんはダンススキルでは9位という結果となってしまいましたが、その歌唱力では他を圧倒するほどの魅力を持っています。

ダンスの経験が乏しいためにそのダンススキルは最初から指摘されていましたが、ダンススキルをカバーできるほどの歌唱力でJ.Yparkさんも圧倒されていました。

最初こそ集中的に指摘されていたダンススキルですが、最後には驚くほどの成長を遂げています。

歌も踊りも最高難易度を求められる、本当に厳しい世界ですね。

 

NiziUのダンスのレベルはどれくらい?上手い理由は?

「NiziU」のメンバーをダンスが上手い順に並べてきましたが、オーディション中こそ大きな差があったダンススキルも、デビュー後の《Make You Happy》では全員がぴったりと息の合った踊りを披露しています。

彼女達のダンスはなぜこんなにも息がぴったりなのか。

それはやはり日本合宿と韓国合宿という2度に渡る厳しい合宿を共に乗り越えてきた仲間だからだと思います。

もし初めからそれぞれプロレベルのダンサーを集めたグループであったとしたら、ここまで人々を魅了する踊りは生まれなかったのではないでしょうか?

「NiziU」のダンスはただスキルが高いだけでなくメンバー同士の関係性が見ている側にも伝わってくることから、とても魅力のあるものになっていることが分かりますね。

 

まとめ

今回は「NiziU」メンバー内でダンスが上手い順にランキング化してきましたが、いかがでしたか?

メンバーのダンスに注目する際の参考にしてみてくださいね。

「NiziU」のダンスはぴったりと息が合って揃っているのに加えて、9人全員がそれぞれの個性を持った踊りをすることがよく分かりました。

ここで低い順位だったメンバーも、見る人によって一番魅力的な個性を持っているかもしれません。

是非自分にとって一番魅力的な個性を持ったメンバーを見つけてみてくださいね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です