【鬼滅の刃】手鬼の声優子安武人のプロフィールや出演作品について!

【鬼滅の刃】 最終選別のラスボス 手鬼の声優 子安武人

アニメが終わるも人気が途絶えることを知らない鬼滅の刃。漫画も入荷次第売り切れという状況が続いているようです。

2020年に映画が公開されることも決まりまだまだ鬼滅の刃熱は冷めません。

今回はアニメの中で出た最初のボスでもある異形の鬼の手鬼の声優にスポットを当てます。

見た目も恐ろしいのもあり声からも感じる独特な不気味な雰囲気が出ています。どんな声優さんがしてるんだろと気になります。

この手鬼の声優をしているのは子安武人さんです。

この記事では『異なる奇怪な姿の異形の鬼の手鬼の声優は?子安武人のプロフィールや出演作品について!』と題しまして子安武人さんについてまとめて紹介します。

手鬼のキャラクター説明

手鬼は鬼殺隊に入隊するための試練の「最終選別」が行われる藤襲山にて長年生き延びていた鬼で、最終選別においてラスボス的な存在です。

巨大な体に何本もの太い腕が無数に生えていて、それを何重にも重ねて頸を守っているため、刃が届きません。

抜きんでた実力を持っていた錆兎でさえも、刀を折ってしまい、手鬼に命を奪われてしまったのです。

それまでの普通も鬼とは一際異なる奇怪な姿をして異形の鬼と呼ばれてます。

 

47年前に当時隊士だった鱗滝により捕まえられて、逃げ出すことのできない一年中咲いている藤の花に囲まれている藤の牢獄の中に入れられてしまいますが、選別へ参加した者を喰らい生き延びて力を蓄えました。

これまでにおよそ50人の鬼殺隊の候補生達を食べて来て、その内の50人の中の13人に錆兎真菰を含む鱗滝の弟子が含まれていました。

鱗滝への恨みが強い手鬼は鱗滝が弟子のため自分で彫りお守りとして渡した狐の面厄除の面」を目印にして襲っています。

候補生を襲っていたところで竈門炭治郎に遭遇し彼の彫った狐の面「厄除の面」を見て鱗滝の弟子と分かり襲いかかってきました。

 

過去に鱗滝の弟子を狙って食ったことを言って炭治郎を怒らせて冷静さを失わせる、大量の腕の攻撃で空中へ追い詰めます。

しかし炭治郎の咄嗟の機転で頭突きの反動で体勢を変えて炭治郎に懐へ飛び込まれてしまいます。

そこで手鬼は自分の頸の硬さで刃を弾いた隙を狙おうと考え安心していましたが、全集中水の呼吸を会得していた炭治郎の刃によりあっさりと頸を斬られて負けてしまいました。

死に際に炭治郎に手を握られると、大好きだった兄と手を繋いだことを思い出して、涙を流して消滅していきました。

手鬼の声優子安武人のプロフィール経歴紹介

異なる奇怪な姿の異形の鬼の手鬼の声優は?子安武人のプロフィールや出演作品について!

子安武人のプロフィール

  • 出生地:神奈川県横浜市
  • 生年月日:1967年5月5日
  • 声優活動期間:1988年
  • 所属事務所:ティーズファクトリー
  • デビュー作:どんどんドメルとロン

子安武人の経歴紹介

中学生の時に映画で活躍している俳優になるのが夢だった子安は学校にも行かずに映画を毎日見るくらいに好き。

その中でもたまたま見た劇場版の銀河鉄道999の『さよなら銀河鉄道999』で星野鉄郎が旅立つ前に名もない兵士たちが鉄郎を999に乗せて旅立たせる場面に感動をして、凄く深みが感じられて、立体感があるように見えたそうです。

その後、声優が気になり、それ以来、自分のポリシーで、目指すところ「立体的な芝居」になったそうです。

高校を卒業した後に声優の養成所に入ります。

子安武人の経歴

  • 1988年に『どんどんドメルとロン』で声優デビューします。
  • 1989年には『天空戦記シュラト』の夜叉王ガイにて初のレギュラーキャラクターを演じました。
  • 1990年発売のOVA『アリーズ』ではミノース役を担当しました。
  • 『楽しいムーミン一家』では人気キャラクター・スナフキンを演じたが、声質にこだわり過ぎて無理に声を作ってしまい、
    その喋り方をしないとスナフキンにならなくて苦労することになる。そのため回を重ねるごとに地の声に近づくよう、少しずつ軌道修正していった。
  • 1992年放映の『宇宙の騎士テッカマンブレード』では、主人公のライバル・テッカマンエビル(相羽シンヤ)を担当しました。
  • 1999年の『∀ガンダム』では、それまでの「子安が担当する悪役=クールな二枚目」というイメージを大きく逸脱したギム・ギンガナムを担当しました。
    また、同じく富野由悠季監督作品の『キングゲイナー』のアスハム・ブーン役(2002年)では、あまりに演技に熱を入れ過ぎ、過呼吸を起こしたこともあります。

子安武人の出演作品

ゼクス・マーキス / ミリアルド・ピースクラフト

秘密組織であるOZのスペシャルズに属する仮面をかぶった士官です。

完全平和主義を唱えたサンクキングダム王国の王子として生まれましたが、王国を地球圏統一連合に滅ぼされしまい、ミリアルドは復讐のために仮面を被って顔を隠して、名前を変えてゼクスとして連合に入ります。

OZの中でも頭角を現してきて、敵からも見方からも恐れられるほどのパイロットになります。

ヒイロ・ユイとの初じめての戦いで機体性能が劣っているリーオーを使い、ガンダムの動き封じ込めました。

更には常人では発するGによって命を落としかねないトールギスを最初は苦しみながらもなんとか短時間使え、後にはトールギスの方がゼクスの反応速度に追いつけなくなってしまうほどです。

ギム・ギンガナム

月面都市ゲンガナムを守る軌道艦隊総司令をしているムーンレィスです。

他者をも威圧する程の大きい体と、人を見下す態度が目立つ男です。

好戦的で厳しく激しい性格をしており、劇中では従わせようと話し聞かせる女王ディアナ・ソレルの言葉にも耳すらも傾けませんでした。

日本刀を持ち、サムライのような身なりをしていて、頭頂部に小さいチョンマゲがあります。

戦闘を肯定していて戦いが好きすぎる戦闘狂だが必ずしもが破壊だけではなく、祖先が起こしたと言われるゲンガナムをも破壊しようとは思っていないと発言してます。

ボボボーボ・ボーボボ

マルハーゲ帝国に反旗を翻して「鼻毛真拳」を使い毛狩り隊の基地を次々と潰していく。

毛の王国に伝わる五大毛真拳の中の一つの「鼻毛真拳」の使い手です。

見た目は巨大な金髪のアフロとグラサン高い身長が凄い分かりやすい特徴です。

現在のキング・オブ・ハジケリストです。

いつもハチャメチャ事をしたり言ったりで誰もそれを読めないほどのハジケっぷりでついて行けないテンションだが、仲間思いな部分もあり、戦闘で仲間(特にビュティ)が傷つけられた場合は本気でブチ切れ怒ります。

しかし、一概に全員のことを思っているわけではなく、天の助や首領パッチは平気に武器にして使い盾にもしたりしています。

高杉晋助

自分が率いている武装集団の鬼兵隊のボスであり、江戸を壊そうとしているほどの過激派のテロリストで危険人物です。

かつては坂田銀時、桂小太郎、坂本辰馬らと共に攘夷戦争で戦った友人であったが、坂田銀時、桂小太郎とは絶縁状態になってしまい、坂本辰馬との交流も分からない状態です。

女物を思わせるような着物を着ていますが、見つからないよう侵入した際には落ち着いた風合いの着物も着ています。煙管を持ち歩いて咥えていて、派手な祭りをするのが大好き。

左目を覆い隠すように包帯で巻いて隠しています。

目は閉じているものの傷跡がなく別にケガをしているわけではありません。これは「恨み節」であり、過去で受けた痛みや呪いそれを忘れないようにするために目に見える形で表現したようです。

銀時からは「独善的な勘違い野郎」と言われて、良くも悪くも他人の評価や周囲の価値観に流されず自分の思ったように貫き通す強靭な精神力を持っています。

ディオ・ブランドー/DIO

非常に顔立ちが良く整っている上に、高い知性とカリスマ性持ち合わせていて、そしておごりたかぶり人を見下す所もあります。

自分が一番でないと気に入らない程極度の負けず嫌いでありより上を目指す欲が強く、どんな汚い手を使ってでも目的を果たし上に立とうとする反面、冷静かつ慎重に証拠を残さないように心掛ける悪く賢い野心家です。

後に石仮面を被って、驚異的な力とすぐにも再生する能力、さらに年を取らない不老の肉体を手に入れる、自身の知恵から様々な能力や技を編み出してしまう吸血鬼になります。

全身に大火傷を負ってその際に自分の体を治癒するために「若い新鮮な生気」が必要という理由で女性の血を好んで吸血しており、現代でも女性を餌としています。

Part1終盤でジョナサンと相打ちになり倒したかに思いましたが、Part3にて復活を遂げてしまい、多くの部下を従える「悪の帝王」として君臨するようになってしまいます。

ンドゥールやヴァニラ・アイスなど、DIOの持つ「悪の魅力」惹かれて、スタンドを含めたその絶大な力に崇拝する者は数多い。

まとめ

  • 手鬼の声優は子安武人さん
  • クールな二枚目の悪役だったりそれを大きく逸脱したおふざけキャラや好戦的で苛烈な悪役などもこなす。
  • 演技に熱を入れ過ぎて過呼吸を起こしたことがある。

異形の鬼の手鬼の声優をやっている子安武人さんについてでした。

手鬼は最初に出てきたボスという印象があります。竈門炭治郎にとっても鬼に対しての印象や大切な経験をしたと思います。

元が人間で事情があり鬼になり望みをかなえてあげて竈門炭治郎の優しさが垣間見えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です