甘露寺蜜璃の恋の呼吸の型(技)を画像付き一覧で紹介!読み方が難しい

メインビジュアル

素直で頑張り屋な甘露寺さん。人気絶頂中の彼女。

色っぽいキャラから多くの鬼滅ファンを虜にしている彼女ですが、戦闘シーンでは炭治郎を守りながら戦ったり、敵の攻撃をいなしたりと多彩な一面を見せてくれました。

彼女特有の恋の呼吸や、見た目からは想像つかない豪快な技の数々。

それらを駆使し、みんなのために頑張る姿は本当に魅力的ですよね。

特異体質で筋肉密度が常人の8倍あったり、大好きな桜餅によって変化した髪であったりと数多くの魅力を持っている彼女ですが、今回はそんな甘露寺蜜璃さんの呼吸法や技を紹介していきます。

 

甘露寺蜜璃の恋の呼吸とは

彼女の戦闘スタイルの特徴として、彼女自身の柔軟な体、筋肉密度8倍の力、薄くしなやかな日輪刀が挙げられます。

これらの要素が全て合わさり、蜜璃さん独特の技になっていると言えますね。

炎の呼吸から派生してできた恋の呼吸

甘露寺さん独特の呼吸ですが、現在作中では、壱ノ型、弐ノ型、参の型、伍ノ型、陸ノ型が明らかになっています。

肆ノ型はまだ使っている場面が作中で描かれていなく、漆の型以降の技があるかも不明です。

どの型の名前にも猫に関連する言葉が含まれています。これは彼女が猫好きであるからですね。

 

甘露寺蜜璃の恋の呼吸の型(技)一覧

現在では恋の壱ノ型、弐ノ型、参の型、伍ノ型、陸ノ型が作中に登場しています。

どの技も恋柱らしいネーミングであり、甘露寺さんの特性や刀を十分に活かした技になっています。 

壱の型:初恋のわななき(はつこいのわななき)

大きく踏み込むことで、刀を最大限活用することができ、敵が気づくことが出来ない速度で切り刻むことができる技です。

刀鍛冶の里で上限の伍の玉壺が出した大きな金魚の化け物を倒す際に使用した技です。

弐ノ型:懊悩巡る恋(おうのうめぐるこい)

前方に進みながらしなやかな刀を扱うことで、敵を螺旋状にきる技です。

上限の肆の半天狗と戦った際に見せていて、見事な太刀筋です。

参の型:恋猫しぐれ(こいねこしぐれ)

まるで猫が飛び、舞っているかの様な軌道で切っていく技です。

半天狗の出した衝撃波や雷までを切り裂きながら進んでいました。

色々な場所を飛ぶのは狙われにくくする為であったりするかもしれませんね。

伍ノ型:揺らめく恋情・乱れ爪(ゆらめくれんじょう・みだれづめ)

後方に宙返りをしながら広範囲を切り裂く技です。

しなやかな体と刀を活かすことで、相手の攻撃をいなすことに特化しています。

半天狗が繰り出した広範囲の技をこの技で見事受け流しました。

陸ノ型:猫足恋風(ねこあしこいかぜ)

陸ノ型

自分の周囲を覆う形で螺旋状に斬撃を行います。これにより、半天狗の技を見事去なしています。

伍ノ型同様に、あらゆる体勢から出すことが可能なのでしょう。

 

今後の蜜璃さんはいつ活躍する…?

以上で現状作中に出てきている技の紹介は終わりますが、伍ノ型以降が出てきているので、肆ノ型も存在するとは思います。

一体どんな技なのか、作中でいつ登場するのか楽しみですね。

無惨と交戦し負傷しましたが、これでおしまいなのか、はたまた一風巻き起こしてくれるのか楽しみですね。

 

まとめ

以上、甘露寺さんの呼吸法や技についてでしたが、彼女はやはり柔軟な体としなやかな刀をフルに活かした戦い方をしています。

まるでリボンを使う新体操選手のようですね。

戦闘に関しては天賦の才を持っているということができ、継子時代から独自の呼吸法を編み出して柱になったのも納得ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です