『鬼滅の刃』悲鳴嶼行冥の声優はアドリブが得意な杉田智和

悲鳴嶼行冥声優

アニメ、映画、ラジオ、原作コミックと幅広い活躍をみせる『鬼滅の刃』

『鬼滅の刃』悲鳴嶼行冥の声優はテンポよくアドリブを入れ作品を盛り上げてくれる面白い声優なのをご存知でしょうか。

今回は有名作に数多く出演する『鬼滅の刃』悲鳴嶼行冥の声優・杉田智和さんについて詳しくご紹介します。

『鬼滅刃』悲鳴嶼行冥と声優「杉田智和」のプロフィール

名前悲鳴嶼行冥(ひめじま きょうめい)
役職岩柱
誕生日8月23日
身長220㎝
体重130kg
出身地東京府 靑梅
趣味尺八
好物炊き込みご飯

『鬼滅の刃』 悲鳴嶼行冥とは?

どこまでも慈悲い岩柱 悲鳴嶼行冥

行冥は、盲人でありながら孤児を寺で育て暮らす優しい男であった。

ある夜に鬼が寺の中に侵入することで行冥の人生は狂わされることになる。

 

行冥は子ども達を集め隠れるよう指示するが、子ども達はその言葉を無視し家を飛び出した挙句鬼に殺されてしまう。

 

行冥は怒りを込み上げながらも鬼を素手で倒し一人の幼子を救ったが、幼子は駆けつけた人々に「あの人は化け物。みんなあの人が、みんな殺した」と行冥を指差し言うのです。

 

日が昇り鬼は消えてしまい証拠がない彼は守り抜いた幼子の言葉にて、罪人となってしまった。

 

しかし、鬼殺隊のお館様が行冥の話を聞きつけ、行冥の無実を証明します。

 

行冥はそんなお館様に感謝すると鬼滅隊となることを決めました。

「自分を守るためなら平気で嘘をつき、平気で残酷なことをする我欲の塊」が子どもという存在だと話す場面がありますが、裏切られた幼子に対し「あの緊迫した状況の中で気が動転してしまったが故の行動であろう」「子供はいつも自分のことで手一杯だ」と庇うような発言もしていて、行冥が実際は優しく慈悲深い人間であるのがわかります。

そんな悲鳴嶼行冥の声優を務める杉田智和さんとはどのような人物なのでしょうか。

悲鳴嶼行冥の声優
「杉田智和」のプロフィール

名前杉田智和(すぎた ともかず)
生年月日1980年10月11日
身長177cm
血液型B型
出身埼玉県
職業声優・作家
活動期間1998年~
所属事務所株式会社AGRS(代表取締役)

杉田は、高校時代は家庭科の先生や製菓職人、デザイナーをやりたいと考えていたが兄に声や喋りを活かした仕事をしてみたらと言われた事で声優を志す。

 

そして杉田は声優養成所のオーデションを受けるが結果は不合格。

それでも諦めることはせず杉田はインパクトを残すために漫才口調で再度オーデションに挑戦します。

そしてアイディアが功を奏し合格を勝ち取りました。

 

その後、大学と声優活動を両立する忙しい日々を送りながらも得意な「アドリブ」「モノマネ」を多く披露したことで活動の幅を広げ知名度を大幅に上げた。

「アドリブが上手い」で有名な杉田さんですが本人曰く「台本そのままだったりする」「本当のアドリブは気づかないようなブレスひとつ」だと述べています。

ブレスだけで作品を魅力的にできるなんて杉田さんは凄い才能を持つ声優さんだと感じます。

 

そんな杉田智和さんは『鬼滅の刃』悲鳴嶼行冥の声優以外ではどのような役を演じたのでしょうか。

杉田智和の他出演作品

声優としての活動期間も20年以上、会社の代表取締役もしている杉田智和さんは鬼滅の刃の悲鳴嶼行冥の他にどのような作品に出演しているのか紹介していきます。

「涼宮ハルヒの憂鬱」キョン役

「涼宮ハルヒの憂鬱」は涼宮ハルヒとが立ち上げた部活「SOS団」の中で様々なトラブルを解決していきながらも涼宮ハルヒという存在の重要性が徐々に暴かれていく。

杉田さんが演じた「キョン」とは涼宮ハルヒに巻き込まれ「SOS団」に入部した一人であり「やれやれ」と冷めた態度を示しながらもハルヒのワガママにいつも付き合う優しい男の子です。

「涼宮ハルヒの憂鬱」では、心の声が多くセリフが長い「キョン」を面白く演じたことで杉田さんの知名度が上げた作品の一つでもあります。

「銀魂」坂田銀時 役


「銀魂」とは侍であった坂田銀時が「万屋」を立ち上げ、さまざまな依頼を仲間達とこなしていくギャクアニメです。

杉田さんが演じた「坂田銀時(さかた ぎんとき)は普段はチャランポランなだめ男ですがシリアス場面で剣を握った姿はカッコい強い侍でもあります。

ギャグセンスが高く人気が高い有名な作品であると同時に、坂田銀時の男らしい姿と杉田ボイスは多くの女性ファンを虜にしました。

「初恋モンスター」三宮 銀次郎 役

「初恋モンスター」とは、小学生と高校生の奇妙な交際を面白可笑しく描いた作品です。

杉田さんが演じた「三宮 銀次郎(さんのみや ぎんじろう)」とは、主人公の友達の一人。

小学生ながらにクール。将来の夢は産婦人科医、小学生とは思えないい性知識があるませた子どもでもある。

「男子高校生の日常」 ヒデノリ役


「男子高校生の日常」とは男子高校生の平和でおバカな日常を面白可笑しく描いた学園ギャクコメディ。

杉田さんが演じた「ヒデノリ」とは眼鏡をかけているが本当は視力が良い男の子。
場の空気を読むのが得意で女性から好意を寄せられる事が多いが彼女はいないことを悩んでいます。

杉田さんが演じた他作品を振り返ると面白いキャラを演じており、独特的な声質や喋る口調から杉田さんが演じていると分かりやすいと感じました。

杉田さんは『鬼滅の刃』について‘‘自分にとって蚊帳の外にて爆音で盛り上がる今時のお祭りといった印象”だと言っており自分が選ばれると感じていないように思われる発言をしています。

そんな『鬼滅の刃』悲鳴嶼行冥の声優に「杉田智和」が選ばれたことで『鬼滅』ファンはどのように反応したのでしょうか。

『鬼滅』ファンは悲鳴嶼行冥の声優をどう評価している?

杉田さんが悲鳴嶼行冥の声優になるのではないかと予想していたファンや杉田さんが悲鳴嶼行冥を演じる事をワクワクしているファンが多いようです。

『鬼滅の刃』悲鳴嶼行冥の声優はアドリブが得意な杉田智和!:まとめ

今回は『鬼滅の刃』悲鳴嶼行冥の声優「杉田智和」さにについてご紹介しました。

キャラを魅力的に引きかけてくれる杉田さんが今後どのように活躍していくか楽しみなのと同時に今後の杉田さんの声優以外の活動も楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です