【鬼滅の刃】半天狗の能力と血気術が強い!過去や不死川玄弥との関係も

半天狗

アニメの鬼滅の刃では登場してませんでしたけど漫画ではもうすでに登場していて、刀鍛冶の里編で鬼舞辻無惨の命令を受けて来た上弦の伍の鬼玉壺と一緒について来たのが上弦の肆の鬼半天狗です。

 

半天狗は見た目こそかなり弱そうで倒せそうですが実は意外に強いんです。その能力はやはり印象が強く驚くのは血鬼術の能力だと思います。

 

この記事ではその上弦の肆の鬼半天狗の能力と血鬼術の強さや過去に何があったのか、そして不死川玄弥との関係性があるのかについて詳しく書いていきます。

【鬼滅の刃】上弦ノ肆 半天狗とは

十二鬼月の上弦の鬼の一人で上弦の肆を与えられています。

角が生えていて頭に大きなコブがついていて身体が小柄で老人の姿をしています。見た目は弱そうで、性格も小心で常に怖いと震えています。それでも上弦の鬼なので、実力はあります。

 

自分は力がなくイジメられていると被害妄想をしていてどこまでも自分勝手で他人を考えず現代の醜悪を表しているような鬼です。

 

【鬼滅の刃】半天狗の能力が強い

半天狗の血気術は分身能力です。

自身が窮地に追い込まれたときに抱いた強い感情を元に強力な力を持った分裂体を出すことができます。

 

分裂体は首を切られても死ぬことはなく、切られることでさらに分裂するという厄介な能力で、あえて自身の頸を切らせるような行動をとることもあります。

 

分裂体には舌に感情を表す文字が刻まれています。

ここではそんな半天狗の能力について紹介します。

 

分身能力

【鬼滅の刃】半天狗の能力と血気術が強い!過去と不死川玄弥との関係も

頸が切られることでそこから若返った姿で分身を作り出す血鬼術です。窮地に陥るほどに凶悪な分身を生み出す厄介さがあります。

分身には上弦の鬼の特有の高速で再生する能力と固有の血気術を持っていて即座に戦線に戻ってきます。しかし分身が増えすぎてもその分攻撃が弱くなる弱点もあります。

分身は半天狗においての自分のやってきたことを否定せず肯定して自身の罪を押し付ける分身と言えるでしょう。

 

可楽

 

半天狗の分身の1人で舌に「楽」の文字が刻まれています。

基本的に自分が楽しむことを優先していて、戦っているときもそれが常に表れています。

 

武器は少し仰いだだけで突風が巻き起こる天狗が持っている八手の葉の扇です。

 

人間をいとも簡単に吹き飛ばし、風圧により建物をも押しつぶしてしまう威力があります。

ただこれは可楽の血鬼術ではなくて武器による力なので、その武器が取られてしまうとそれを逆に使われてしまうこともあります。

 

積怒

鬼滅の刃】半天狗の能力と血気術が強い!過去と不死川玄弥との関係も

半天狗の分身の1人で舌に「怒」の文字が刻まれています。

何かに対して常に怒っている節があるりますが、それに反して冷静に判断をすることができます。他の分身に命令を下せる司令塔の役割を担っています。

武器は雷を起こすことができる錫杖です。

錫杖から出る雷は、自分自身には無効なので、自分と同じ細胞を持つ分身も効かず巻き込まないようにできています。

 

空喜

半天狗の分身の1人で舌に「喜」の文字が刻まれています。

他の分身とは異なっていることがありそれが半分の人間と半分鳥の姿をしています。

 

性格は可楽と似ていて戦闘を喜びながらします。

翼があり飛行することができます。

 

武器は金剛石を砕くと言っている鳥の部分の爪と口から繰り出す音波です。

 

哀絶

半天狗の分身の1人で舌に「哀」の文字が刻まれています。

他の分身と比べて意気消沈した事を言う作務衣を着ていています。

 

武器は十文字の槍を使います。他の分身と違って特殊な血気術能力は使いません。

 

憎珀天

憎しみの感情を実現させるために積怒が残り3体の半天狗の分身を吸収をして、合体をして誕生した分身です。

背中に僧の文字が書かれている5つの連結された太鼓を背負っていて、獣の角のようなバチを持って雷神のような見た目は少年の姿をしています。

 

5匹の樹木の竜を召喚して、太鼓を鳴らして竜をコントロールします。5匹の竜は積怒、可楽、空喜、哀絶それぞれの技を使うことが可能です。

 

武器を使って攻撃するというよりバチで太鼓を叩いて合体する前の4体の鬼の血鬼術や合体させた血鬼術や固有の血鬼術や多才です。

 

恨の鬼

半天狗の本体である怯えの鬼が巨大化した見た目をしていて、舌に「恨」の文字が刻まれています。

憎珀天を出しても炭治郎に追い詰められた際に半天狗が出した分裂です。

 

半天狗と全く同じ見た目をしていて、自身が本体だと炭治郎たちを欺くために出しました。

これも分身なので頸を切られても死なず半天狗本体は内部に隠れています。

 

本体

見た目は最初に出てきた半天狗の姿ですが、体の大きさが野ネズミくらいの大きさしかありません。

舌に「怯」の文字が刻まれています。

戦いの場から逃げて隠れるので見つける能力がなければ見つけるのは相当大変です。

 

見つけてもすばしっこくて、本体も小さいため切りにくい上に頸が固くて日輪刀で切って逆に折れてしまうくらい固いです。

 

【鬼滅の刃】半天狗の血気術

半天狗が出した分裂体によってさまざまな血気術を使います。

雷や暴風、叫び、縮小、合体などたくさんの能力があるのですが、ここでは主な血気術について紹介していきます。

 

無間業樹

木でできている竜でそれを呼び出す憎珀天固有の血鬼術です。

竜は1度に5体呼び出せます体力の消耗を抑えるとこの量で考えないと上限はほぼ無いみたいです。

竜の口からは多面的や多角的な血鬼術の砲台攻撃をすることができます。

喜怒哀楽の鬼すべての血鬼術を使うことができます。

 

狂鳴雷殺

鬼滅の刃】半天狗の能力と血気術が強い!過去と不死川玄弥との関係も

喜怒哀楽の鬼の戦い方を合体させたような血鬼術です。

竜の口から雷と怪音波を一緒に打つ技で、複数の方から長くて素早い攻撃ができます。

 

狂圧鳴波

鬼滅の刃】半天狗の能力と血気術が強い!過去と不死川玄弥との関係も

空喜、憎珀天が使った技で口から怪音波を口から放って相手の体を内部から破壊します。

空喜は口から放っていて、憎珀天は口からと血鬼術で生み出した竜の口からも放てます。

 

半天狗の過去(鬼になった理由)

卑怯な戦い方をする半天狗本体ですが、鬼になった理由は何だったのでしょう?

ここでは半天狗の過去についてまとめています。

 

嘘をつく

人間の時に半天狗はガラの悪い男にぶつかり、その時に自分は目が見えないと嘘をついて見逃してもらえます。

目が見えないということで皆が親切にしてくれてそれで味を占めてしまいます。その後も半天狗は自分は目が見えないんだと嘘をつき続けます。

つまり、弱者の振りをして人をだまし、詐欺や窃盗、殺しを繰り返していました。

 

打ち首の刑

半天狗は自分は目が見えないと嘘をついて盗みや殺しなどを犯罪を繰り返します。

そこで自分が目が見えない事だけじゃなくしまいには手が勝手に動いてやったなど嘘をつく始末で最後はお奉行様に嘘だということがバレてしまい打ち首の刑を宣言されます。

 

鬼舞辻と出会い

打ち首が決まった前夜に半天狗は鬼舞辻無惨に会います。

そこの場所で鬼舞辻無惨に勧誘を受けて、鬼になることを決意します。

 

不死川玄弥の相棒は半天狗?

鬼滅の刃】半天狗の能力と血気術が強い!過去と不死川玄弥との関係も

不死川玄弥は特殊な体質で特殊な消化器官を持っていて、鬼を食べることでその鬼の能力を得て使うことができます。

その能力で半天狗の木の竜を食べて、その後に不死川玄弥が半天狗の血気術に似ているのを使う所があり、それがネットで広まってまるで不死川玄弥と半天狗がコンビのような画像やセリフが出回ってしまったために、玄弥と半天狗が相棒というウワサが流れたようですね。

 

まとめ

今回は上弦の肆の鬼半天狗についてまとめていきました。

上弦の鬼で強さは四番目でしかも血鬼術の能力で頸を切れば分身して、それで様々な攻撃を繰り出します。さらに、合体して強化された状態で分身したときに使った技も使うことができ、柱を圧倒した強さを持ち合わせていました。

本体は戦わず、小さくてすばしっこくて、分身に隠れるずる賢さ。

血鬼術の能力や強さは評価したいです。半天狗本人は過去人間と時から嘘つきで被害妄想でほんとに救いようのないキャラです。何で鬼舞辻無惨が仲間にしよと思ったのか気になりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です