鬼滅の刃の作者吾峠呼世晴が引退の理由は?家庭の事情って何?

鬼滅の刃の作者である吾峠呼世晴先生「鬼滅の刃」終了と同時に漫画家を引退するというニュースが飛び込んできました。

突然の引退でびっくりしている人も多いのではないでしょうか。        

そもそも、吾峠呼世晴先生が引退というのは本当なのでしょうか?

もし引退が本当なら引退の理由は何かも気になりますよね。

家庭の事情という噂も出ています。

今日は鬼滅の刃の作者吾峠呼世晴が引退の理由は?

そして、噂になっている家庭の事情って何?なのかをお伝えしていきます。

 

鬼滅の刃の作者吾峠呼世晴が引退の理由は?

なぜわかるわかった理由

鬼滅の刃の作者吾峠呼世晴が引退の理由とは何なのでしょうか。

週刊文春によると

家庭の事情もあり、長く東京で漫画家生活を続けることができないみたいです。』

『連載終了のタイミングで実家に帰るのではないかと囁かれています』

と載っていました。

家庭の事情って何?

実家に帰る?

この週刊文春の文章はとても気になることが多くないですか?

どういうことなのか色々調べて行きたいと思います。

まずは鬼滅の刃の作者である吾峠呼世晴(ごとうげこよはる)さんについて。

プロフィール】

氏名:吾峠呼世晴

読みがな:ゴトウゲコヨハル

通称:ワニ先生

性別:女性

生年月日:1989年5月5日

年齢:31歳(2020年5月時点)

活動期間:2014年〜

執筆作品
・過狩り狩り
・文殊史郎兄弟
・助骨さん
・蝿庭のジグザク
・鬼滅の刃

とても若い方なんですね。

そして、2020年4月30日に発売された週刊文春2020年5月7・14日号によると、吾峠呼世晴さん(ワニ先生)の性別が女性だと確定したようです。

「ネットで女性ではないかと噂されてきましたが、実は作者は女性です。」とジャンプの関係者が発言しました。

引退の理由は公式には発表されていませんが、作者が女性だという事から私なりに引退の理由をいくつか考えてみました。

引退の理由①親の介護説

吾峠呼世晴さんが作品をきっちり終わらせた理由が家庭の事情で実家の福岡に帰ると週刊誌に書いてありました。

実家に帰るということで、親の介護の可能性がネットで挙げられています。

しかし、吾峠呼世晴さんはまだ31歳

もし親の介護だったら地元に帰らなければいけないでしょうし、どんな容体かによって付きっきりになりますしとても大変だと思います。

 

でも、吾峠呼世晴さんの年齢的にまだご両親はお若そうですよね?

ご両親はまだ60代くらいだと考えられます。

なので親の介護と決定ではないですが、とりあえず東京から実家に帰らなければならない事情があるのかもしれませんね。

もし実家に戻ったとしても今なら電子媒体でのやりとりをすることも出来るかもしれませんよね?

引退と決めるのは早いのではないかと思います。

引退の理由②結婚説

吾峠呼世晴さんの引退理由のひとつに結婚と噂になっています。

年齢が31歳ということで、結婚は考えられる大きな理由ですよね。

家庭に専念したい、出産で子育てに専念したいという理由も考えられますよね。

結婚しただけなら漫画を書き続けられそうですよね。

もし妊娠されて里帰り出産となるとさすがに赤ちゃんを育てながら週刊誌の連載は難しいような気がします。

しかし、これもはっきりとした発表はされていません。

私の勝手な想像ですのでこの理由も確かではないようですね。

引退騒動はデマ?

もう一つが引退騒動はデマではないのか。

吾峠呼世晴先生の引退についてなぜ引退が囁かれたのでしょうか?

吾峠呼先生はまだまだお若くて新人の先生みたいです。

なので、まだ漫画家自体は引退しないのではないかと思われます。

これほどの大ヒットをしたのに、すぐに引退をしてしまうなんて寂しいですよね。

鬼滅の刃の大ヒットでもちろん金銭的には困らないと思いますけど…。

では何が引退騒動の理由なのでしょうか。

実は鬼滅の刃の20巻の話の内容がキリがいいので連載をやめようとする声があったみたいです。

週刊ジャンプの204話から205話までがすごく話が飛んでいたことで、キリが良いから焦って最終回にしたのではないかという声もありました。

もちろん良い終わり方だったという声もたくさんありました。

終わり方が残念と思った方も皆さんきっともっともっと鬼滅の刃を見たかったからなのでしょうね。

 

鬼滅の刃続編や番外編の可能性

そして気になるのが、鬼滅の刃続編や番外編の可能性があるのかどうかですよね。

2020年5月18日(月)発売号の週刊少年ジャンプに掲載の鬼滅の刃(きめつのやいば)は『週刊少年ジャンプ』2020年24号をもって、最終話を迎えました。

このまま鬼滅の刃が終わるなんて寂しすぎます。

鬼滅ロスの方多いですよね。

そんな方に嬉しいお知らせがあります。

週刊ジャンプ2020年24号の「鬼殺隊報」では、『鬼滅の刃』スピンオフ短編『煉獄外伝』の始動が発表されました。

 

その作画を務めるのは、過去にもスピンオフ『鬼滅の刃 冨岡義勇【外伝】』を描いている平野稜二先生のようです。 

なので皆さん安心してください。

これからも『鬼滅の刃』は引き続き皆さんと一緒に盛り上がって行くと思います。

そしてそして、漫画以外にも映画が2020年10月16日に公開が決定しています。

しばらくは鬼滅の刃は終わらないみたいですね。

これからも楽しみです。

 

まとめ

今回は鬼滅の刃の作者吾峠呼世晴さんの引退の理由についてお伝えしました。

引退説の理由は親の介護、または結婚。

それとも引退はデマの可能性もあります。

ご本人からのきちんとした理由の発表がないので本当のところは残念ながらわかりませんでした。

もし、引退されても平野稜二先生により『鬼滅の刃』スピンオフ短編『煉獄外伝』が始まること発表されましたよね。

そして漫画以外にも映画が2020年10月16日に公開が決定していることもお伝えしました。

ですので、鬼滅の刃はこれからも続いて行くと言うことです。

引退と聞いてショックですが、これからの新しい鬼滅の刃を楽しみにしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です