呪術廻戦138話のネタバレ考察と感想まとめ!黒幕の仕業か!?不自然な遺言書!

呪術廻戦138話ネタバレ

この記事では呪術廻戦138話のネタバレ最新情報をいち早く紹介する記事となっております。

また新しい情報が入り次第、追記していこうと思います。

この記事では私の考察を含めるのでご了承ください。

前回はまさかの乙骨が登場しさらに里香を所持している状態で虎杖の討伐・・・。五条の永久追放、関わる者も同罪。夏油の死刑。夜蛾の死罪。などかなりあわわわ~って展開になってきました。

乙骨の登場がこんな形になるとは思いませんでした。0巻主人公圧倒的な力を持つ乙骨VS本編主人公宿儺を宿した虎杖になる!これはどんな展開になるのでしょうか!?

目が離せない展開が始まります!!!

では呪術廻戦138話のネタバレ最新情報についてみていきましょう!

>>呪術廻戦137話『乙骨登場!展開が急すぎてついていけない』はコチラ

 

 

呪術廻戦最新14巻を無料で読む

無料で今すぐ読む

 

呪術廻戦138話ネタバレ確定最新速報

最新話の速報情報が出ましたので、わかる範囲で紹介してきますね。

呪術廻戦138話ネタバレ①直毘人の死亡と真希の瀕死

渋谷事変において特級呪霊である陀艮との交戦を真希や七海とともに行い、その際に直毘人は片腕を失ってしまいました。

陀艮を殺すことには成功しましたがその後の漏瑚戦で、片腕を失った直毘人は力が出しきれずに、漏瑚に焼かれて死んでしまっていたことが明らかになりました。

そして同じく真希も漏瑚に焼かれ瀕死の状態であることが明らかになりました。

 

呪術廻戦138話ネタバレ②遺言

禪院家の術師であり、1級術師である禪院直哉・扇・甚一に直毘人の死が知らされました。

そして直毘人が遺した遺言状が公開されることになります。

遺言書には禪院直哉が当主となることが記されていたのですが、遺言には驚くべき事実が追記されていました・・・。

五条悟が死亡、もしくは能力を喪失している場合は、伏黒恵を禪院家当主として迎え入れるというものでした!

この遺言書をみて怒りにみちた禪院直哉は虎杖と伏黒の抹殺を決意するのでした。

 

呪術廻戦138話ネタバレ③兄?の決断

場面は移り変わり、脹相と虎杖の会話が聞こえます。

脹相がやはり虎杖のことを弟だと思っているようで、兄として弟である虎杖を守り抜く覚悟を決めています。

虎杖が他の兄弟を殺してしまったことは事故だとして、虎杖のことは責めません。

虎杖はとにかく呪霊の数を減らそうと脹相に伝えます。

 

呪術廻戦138話ネタバレ④ダブル抹殺

そこに虎杖の抹殺を以来された乙骨と、同じく虎杖と伏黒を抹殺するつもりの禪院直哉が姿を現し、虎杖たちは大ピンチに・・・!?

 

呪術廻戦を無料で!

 

呪術廻戦電子書籍U-NEXT

 

呪術廻戦最新刊を無料で!

3分で無料トライアルへGO

↑1,990円→0円↑

 

 

呪術廻戦アニメU-NEXT

 

アニメも好きなときに

3分で無料トライアルへGO

↑お得に見ちゃう♪↑

 

呪術廻戦138話の考察

呪術廻戦138話考察①里香とリカは違うのか

乙骨は里香の開示前は里香ちゃんという呼び方をしています。しかし前回登場した時に乙骨は里香のことをカタカナでリカちゃんと呼んでいます。

これは里香とリカが同一人物ではないということを指しているのでしょうか。

乙骨の術式がコピー能力だとすれば、里香をコピーして自在に操れるということになります。乙骨は0巻で狗巻の呪言もコピーして使っているので可能性は高いと考えられます。

無限の呪力も乙骨本来の呪力ということになります。コピー能力が乙骨の術式だとした場合、六眼を使う五条の術式以外はコピーできるという最強の術式を操る能力を所持していることになります。

 

呪術廻戦138話考察②乙骨の真の目的は?

乙骨が虎杖を殺す動機として、狗巻の怪我だけでは動機が薄いような気がします。もちろん仲間を傷つけられることを嫌う優しい性格の乙骨。狗巻とも仲が良かったので、動機に成りえるかもしれませんが、それだけでは少し不足しているように感じます。

乙骨がどこまで知らされているかは分かりませんが、虎杖が宿儺の器と知らされていたなら、宿儺の驚異をこの世からなくすために、乙骨も全ての指をとりこませてから抹殺を考えるはずです。

乙骨は従順に上層部に従うふりをして、情報を集めているのかもしれませんね。乙骨が縛りを結んでまでというのも、最終的には全ての指を取り込んだ虎杖を処刑するという意味かもしれません。

 

呪術廻戦138話考察③虎杖は仲間とバラバラなのか

渋谷事変が終わり、時間が進んでいる中で逃げている虎杖の描写。仲間はいまのところ脹相だけのようです。

確実に虎杖についていると思われるのは、同じ同級生の伏黒・自称お兄ちゃんの脹相辺りでしょうか。パンダは死刑判決の下っている夜蛾の救出に向かっていると考えられるので、いずれは合流することになりそうです。

特級呪術師の九十九もパワーバランスを考え、虎杖側についている可能性が高そうです。

 

呪術廻戦138話の感想

いよいよ追い詰められる虎杖、今は脹相さえも心強い仲間でしょうね。

直毘人の死や真希の瀕死状況は分かりましたが、まだまだ分からない仲間も多いので心配ですよね。不自然な遺言書も気になるところです。これも黒幕の仕業なら相当の人物ですよね。

御三家も禪院家だけではなく今後揺れてきそうです。

狙われていない伏黒は今どこにいるのでしょう。早く仲間と合流して単独行動は避けて欲しいところですが、姉積美紀の呪いとしての目覚めも気になります。

夏油も追われる身ですが、黒幕と内通していそうなので、今後の出現に注意ですよね。獄門彊を取り戻さなければいけませんし、五条復活なくして事態の収拾は難しいのではないでしょうか。

 

呪術廻戦138話へのファンの声

 

呪術廻戦をお得に読める電子書籍サービス比較
サービス提供会社無料・特典無料期間特徴
U-NEXT1冊31日600P付与/40%還元/映画・アニメ・成人動画/雑誌70誌見放題
music.jp1冊30日600P付与/10%還元/動画クーポンあり/音楽充実
FODプレミアム最大2冊14日最大1,300P付与/20%還元/DL不可
ebookjapan6冊半額なし月額定額0円/初回50%OFF6冊まで/アプリ高機能/無料まんが2000冊↑
まんが王国1冊半額なし月額定額0円/初回50%OFF1冊/毎日1pt/クーポン多数/無料まんが3000冊↑

 

まとめ:呪術廻戦138話ネタバレ確定

今回は呪術廻戦138話ネタバレ考察をご紹介させていただきました。

元から人気の高かった呪術廻戦ですが、アニメ化をきっかけにますます人気に拍車がかかってきましたね。

乙骨の登場はアニメのオープニングで予想はしていましたが、まさかの展開で0巻主人公VS本編主人公とは思ってもいませんでした。乙骨の登場があったので、謎に包まれている秤の登場もありえるかもしれないですね!

五条を助け出し、黒幕を倒す事ができるのでしょうか!?

楽しみな展開が続きますね。

新しい情報が入り次第追記していきますので、楽しみにしてて下さいね!

最後までご愛読ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。