五条悟はいつから特級術師?高専時代の同期や親友の名前は?

五条悟はいつから特級術師?高専時代の同期や親友の名前は?

人の負の感情から生まれる呪いと、それを祓う呪術師の活躍を描いた「呪術廻戦」では、呪術師の強さの目安があります。

その目安とは、呪術師それぞれに付与されている等級のことで、4級~1級、そして特級といったように階級が分けられています。

呪術師の階級は昇級審査を受けることで、次の階級へと進めますが、特級となると話は別。

高専の正式な手続きはないですが、規格外の強さを誇る呪術師や、異常なポテンシャルを秘めた呪術師の卵が高専と協力関係にある場合は特級を付与されます。

特級呪術師は日本に4人しかいませんが、その中に入るのが五条悟です。

特級呪霊の漏瑚や花御をものともしない五条悟の戦いっぷりは、間違いなく特級呪術師ですが、五条はいつから特級なのでしょうか?

今回の記事では、「五条がいつから特級になったのか」について迫るとともに、五条の高専時代を振り返って、彼の同期と親友の名前についても紹介していきます。

 

五条悟はいつから特級術師?

五条がいつ特級呪術師になったのかは本編で明確に描かれていませんが、手がかりとなるものはいくつかあります。

高専時代、夏油傑(げとうすぐる)と特級呪術師の九十九由基(つくもゆき)が偶然出会った後、別れ際に九十九が「これからは特級同士 3人仲良くしよう」と言っています。

このときの夏油は高専3年で、3人とは、夏油・五条・九十九を指してるため、五条も高専3年のときには特級のようです。

しかし、五条は繊細な呪力操作ができる「六眼」(りくがん)を持って生まれた特異体質であるため、幼少時から特級を付与された可能性もあります。

断定できることといえば、五条は10代からすでに特級呪術師だったということです。

 

五条悟は高専時代は何級?同期や親友の名前は?

上記のように、五条は高専3年のときには特級呪術師であることが判明しています。

一旦、「五条が幼少期から特級付与」説を抜きにして考えると、五条が高専2年のときは1級である可能性が考えられます。

というのも、高専2年にして五条は夏油とともに、呪術界の結界の要である呪術師・天元に指名されて、天元と「同化」する少女の護衛をする任務を受けています。

この任務は遂行しなければ、天元が暴走して最悪、人類の危機になりかねないものであるため、かなりの実力を必要としますし、1級呪術師(あるいは特級)にしか託されない事案なのではないでしょうか。

続いて、五条の同期と親友について紹介していきます。

 

同期

高専時代の五条と同期になるのは、家入硝子(いえいりしょうこ)と夏油傑です。

本編で三人が揃うシーンは少ないですが、三人いるときはクラスメイトらしく仲良くしていますよね。

家入は回復に長けた反転術式の使い手であるため、外で危険な任務をすることはなく、基本的には五条と夏油が組んで呪霊討伐していたようです。

三人が高専3年になると、五条が「無下限呪術」の真髄を会得したことで、まさに最強になり、五条と夏油、家入は単独で任務をこなすようになっていきました。

 

親友の名前

五条の親友の名前は、上記にもあるように夏油傑です。

少女の護衛を任された際に、五条は夏油に「まぁ大丈夫でしょ 俺達最強だし」と言っているところから二人の信頼関係がうかがえますし、随所に二人が悪ノリをするシーンもあるため、それも親友ならではでしょう。

また、夏油はあるきっかけから呪詛師となってしまいますが、「呪術廻戦」0巻では終盤五条が、そんな夏油を「僕の親友だよ たった一人のね」と称しています。

お互いが敵対する立場となって時が経っても、五条にとって、夏油が親友だった記憶は忘れられないものとなっていると思います。

 

五条悟はいつから特級術師?記事まとめ

今回の記事では、五条悟がいつから特級呪術師になったのかを紹介していきましたが、まだ断定する情報が少ないため、何とも言えませんが、五条が高専3年のときには特級だったことが分かりましたね。

五条が幼少期から特級を付与された説も考えられますが、個人的には五条が高専2年時の任務の戦闘によって覚醒し始めた頃、あるいは高専3年始めで自分の術式を理解し、使いこなせるようになったあたりではないかと見ています。

何はともあれ、高専に在籍していた頃から「最強に成った」五条は、他の呪術師と一線を画していますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。