五条悟は誰の子孫?家族構成や親戚を今ある情報からまとめてみた

五条悟は誰の子孫

「呪術廻戦」の中でもダントツで人気、かつ最強の呪術師といえば五条悟。

もはや主人公の虎杖悠仁を凌ぐほど「呪術廻戦」の代表的キャラクターになっている五条ですが、その飄々として掴めない性格のせいか、謎の多い人物です。

実際作中でも、五条が自分に関することを話すシーンは少ないため、彼の出自や出生がそこまで明るみになっていないと思います。

また、呪術界御三家と言われる五条家も、他の加茂家、禪院家と比べて内部事情が明かされていないため、五条悟の家族に関する情報や、五条が誰の子孫なのかについても多く触れられていません。

そこで今回の記事では、今まで「呪術廻戦」の作中で出てきた五条悟と五条家の情報をまとめて、彼が誰の子孫で、どのような家族構成かを紹介していきます。

 

五条悟の家系とは?誰の子孫?

五条家は、「日本三大怨霊」の一人である菅原道真(すがわらのみちざね)公の子孫であるようです。

五条家は呪術全盛の平安時代に台頭し始めた呪術師の家系で、のちに禪院家や加茂家とともに呪術界御三家と呼ばれていきます。

ちなみに五条家のモデルには、菅原高長を祖とする菅原氏五条家という平安時代から続く貴族家系があります。

こちらの菅原氏は、相撲の神と称される野見宿禰(のみのすくね)を祖とする土師(はじうじ)氏の中から姓を「菅原」に改めた家系であるため、もしかしたら実在する菅原氏五条家は、菅原道真とは関係がないのかもしれません。

しかし、「呪術廻戦」の世界の中では五条家は菅原道真の血を汲む家系です。

学問の神様として祀られる菅原道真の子孫には、学者になった人間が数多くいるようなので、恐らくその中から呪術を研究し、家業とした家系が現れたのでしょう。

 

五条悟の家族構成

「呪術廻戦」本編で、五条家を出自とする人間は五条悟以外現れていません(143話現在)。

11巻の96話で、赤ん坊の五条悟が描かれていますが、そこに彼の母らしき手が添えられている程度で、他に五条の家族に関する描写はありません。

そのため、五条悟の家族構成に関しては不明です。

他に五条家のことで分かることといえば、呪術界のパワーバランスを変えるほど強大な力を持つ五条悟が、何らかの理由でいなくなってしまった場合、五条家は失墜するということです。

なぜなら五条家は現在、当主の五条悟のワンマンチーム状態であるため、他に術式が強力で発言力のある呪術師がいないからです。

それほど、五条悟は五条家において超重要人物なのです。

今後、五条悟の家族構成に関する情報が分かり次第、追記します。

 

五条悟は乙骨と親戚?

「呪術廻戦」0巻終盤で、主人公の乙骨は超遠縁ですが、五条悟と親戚であることが明らかとなります。

といっても血筋はものすごくかけ離れてしまっているため、五条と乙骨はほとんど他人と言っていいでしょう。

乙骨は特級過呪怨霊の祈本里香に取り憑かれた被呪者ですが、乙骨と生前の里香は幼少時に結婚の約束をしていました。

そのことから乙骨は「里香ちゃんが僕に呪いをかけたんじゃなくて 僕が里香ちゃんに呪いをかけたのかもしれません」と呟きますが、その一言を聞いた五条は気になって乙骨の家系を調べることに。

すると、乙骨は五条と同じく、菅原道真を先祖とすることが判明します。

目の前で里香の事故死を見たことをきっかけに、乙骨も呪術の才能に目覚めたのかもしれません。

 

五条悟の家紋は?

「呪術廻戦」作中で五条家の家紋は出てきていないです。

他の御三家である、禪院家、加茂家の家紋も作中で出てきていません。

もし、五条家の家紋が今後描かれることがあれば、「無限」を操る一子相伝の術式や五条悟の持つ特殊な目「六眼」をモチーフとするのでしょうか?

実際、五条悟の「六眼」の緻密な呪力操作があることで、ようやく術式の「無下限呪術」が扱えるという性質や、印象的なスカイブルーの目の色といった見た目を考えると、「六眼」が五条家の家紋代わりになっていると言えるかもしれません。

こちらも新しい情報が分かり次第追記します。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回の記事では、五条悟が誰の子孫なのか、五条悟の家族や親戚に関する情報をできる限りまとめて紹介しましたが、まだまだ五条家は情報が少なくて実態が掴めないですね。

もしかしたら、五条家には重大な秘密があって、作者である芥見先生が意図的に五条家の登場を少なくしているのかもしれません。

そして、菅原道真の子孫には五条や乙骨といった、呪術界を震撼させるほどの呪術の才に恵まれた人間が現れることも興味深いです。

五条悟は世界の均衡を担うほどの最強呪術師でしたし、今後の展開では、乙骨の動向が非常に鍵を握っているため、呪術界において「日本三大怨霊」であり、学問の神様である菅原道真公の余波は凄まじいものを感じますね…!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。