【転スラ】ディーノの正体は?裏切りや最後はどうなったのか?

転スラディーノの正体と裏切り

今回は転スラに出てくる魔王「ディーノについてご紹介させて頂きます。

ディーノとは魔王の1人であり、あの最強格である「ギィ・クリムゾン」とも知り合いです。

彼とリムルはギィを通じて知り合う形になりますが、実はある人の命令により最後はディーノ自身リムルを裏切る形になってしまいます...。

果たしてある人とは誰なのでしょうか...?

また、彼の正体や転スラの中でどのくらい強いのか?検証していきたいと思います!

 

【転スラ】ディーノの正体とは?プロフィール紹介

書き方

見た目の特徴やキャラ設定

魔王ディーノは青年のような見た目をしており、彼の髪の毛と瞳は紫色をしています

普段眠たそうにしており、何をしても無気力な感じでミリムと同じく普段は単独行動をしています。

性格は彼の行動からすると意外にもフランクなところがあり、その馴染みやすい性格のおかげで初対面のリムルともすぐに打ち解けました。

私は彼を初めてみたとき、「どちらかというと無口でめんどくさがりな性格をしているのかな?」と思いましたが実際はとてもフランクで「学校のクラスにいたらお調子者だったのかも?」っと思ったほどです。

彼は怠惰を司り、見た目や動作はその名に相応しいですが、彼のフランクな性格だけは積極的ですのでそこは皆さんも意外だと思われるかもしれませんね!

 

怠惰の司る八星魔王

そんなフランクな彼は、「八星魔王」に所属し、眠る使者という異名を持ち「怠惰を司どる魔王」でもあります。

元々は、魔王が10人いたため「十大魔王」と呼ばれ構成されていましたが、メンバーが抜けたこと、リムルが加入したことにより元の十大魔王よりも強力になったため、「八星魔王」が誕生しました。

メンバーはそれぞれ進化し、新たな究極能力を取得した為、異なる魔王へと覚醒しました。

元の十大魔王よりも遥かに強い存在になったのです。

因みに、八星魔王とはリムルが加入した際、彼がつけた名称であり、ディーノと同じ魔王メンバーのギィからはとても絶賛されました。

 

【転スラ】ディーノの裏切りや最後はどうなった?

ダグリュールとの関係

ディーノはダグリュールを魔王から陥落させ、自身の配下に加える計画を密かに考えていました。

それだけではなく、子供達を魔王に継がせたかったことや、魔王陥落後はスキルを奪う計画も考えていました。

ワルプルギスの参加要請がきたことが自身の作戦のチャンスだと睨んだ彼は、ダグリュールと子供達を「魔王達の宴(ワルプルギス)」に参加するように提案します。

しかし、ヴェルドラの一言がダグリュールの更なる高みへと気づかせる結果となってしまい、向上心が芽生えてしまい彼のスキルでは及ぶ相手ではなくなってしまいました。

 

リムルとの関係

リムルとはひょんなきっかけから、ディーノと出会う形になります。

彼がダグリュールの元を追い出されてしまった為、行く宛がなくなっていたところをギィがリムルに半ば強引に頼んだことがきっかけでした。

ギィはリムルに「ディーノの面倒をみてやって」と一言書かれた手紙を貰います。

リムルはやれやれと思いつつもギィを敵に回すと後々厄介なことになると考えた結果、彼の面倒を見ることを承諾しました。

このとき丁度、ラミリスが「魔物育成研究」の助手を探していたことを知ったリムルはディーノをラミリスの助手として彼女に任せました。

ラミリスも心よく引き受けてくれたおかげで彼は無事テンペストで暮らせることになりました。

しかし、このことがきっかけでこのあとからのテンペストは殺伐とした世界へ変貌します。

 

ユウキとの関係

実はディーノの正体は、天使の対抗する勢力である魔王達に潜り込み「監視者」として活動するのが目的でした。

その目的の為、彼はリムル達を裏切ります。

元々ディーノはユウキに操られており、ラミリス殺害を計画していました。

自身の武器「崩牙」持ち出すとラミリスの配下であるベレッタと交戦することになります。

ディーノのが優勢に思われましたが、ベレッタの攻撃センスにより互角の戦いを繰り広げました。

後に、アダルマンとアルベルトそして迷宮最強のゼギオンが駆け付けた為作戦は失敗に終わりました。

 

【転スラ】ディーノの強さやスキルを紹介

書き方

双剣を扱う最強剣士

実はディーノ神話級の双剣を扱うことができ、更にその強さは転スラの世界では最強クラスであり、アルベルトやグラソードも凌ぐレベルです。

そして彼、神話級の神器にして星の核を鍛え上げた最強の剣「金色の剣」「闇銀の剣」を両方巧みに使うことができ、2本の剣で戦うことがディーノの得意とする戦い方でもあります。

 

ユニークスキル:怠惰者(ナマケモノ)

ディーノのユニークスキルは、怠惰者(ナマケモノ)を所有しておりその能力の効果は、「堕落した者を配下に加えることができ尚且つ、その者の能力を奪う」ことができます。

方法として、戦う必要は全くなく逆に言葉巧みに相手を誘導し、その力を腐らせてしまうというものです。

能力を知らないと対処が難しく、魔王ダグリュールも堕落寸前まで追い込まれ危うく能力を奪われるところでした。

 

究極能力:怠惰之王(ベルフェゴール)

ワルプルギスの宵でヴェルダナーヴァの娘であるミリムがクレイマンから殴られそのあと酷い仕打ちをされていたことを知り、その悔しさから彼のスキルは「究極能力:怠惰之王(ベルフェゴール)」と進化します。

今までの能力とは違い、非常に強力ですがこの能力、使用者のディーノの本人が動くほど弱くなるのが特徴です。

本来の使い方は相手を配下にすることが目的だからです。

しかし、この能力の強さは異常であり究極能力を応用した「滅びへの誘惑」で対象者を永遠の眠りに誘うことが可能です。

更に対象は1人ではなく、広範囲での使用が可能な為、ラミリスがいる迷宮内の魔物を全て眠らせることができ一気に敵の戦力を落とすことに成功しました。

 

究極能力:堕天之王(ルシフェル)

そしてディーノのもう1つの究極能力「堕天之王:ルシフェル」を所有しています。

この能力は、最古の究極能力の1つであり「ギィとミリム」の力を合わせた最強の力です。

ヴェルダナーヴァに与えられた究極能力であり、「天空之王:ルシフェル」が変異した力であり国を簡単に滅ぼすことができます。

ただし、この能力実際にはギィとミリムの力には及ばない為作中で使われることがありませんでした。

 

【転スラ】ディーノの声優は果たして誰が演じるのか?

さて、ここで気になるディーノの声優さんは果たして誰になるのか…

残念なことに今のところ誰になるかは決まっておりません。

ここからは私個人の意見になりますが、ディーノの役に果たして誰が相応しいか解説していきたいと思います!

ディーノ役に似合いそうな声優さんは「銀魂の主人公、銀さん役の杉田智和さん」です!

怠惰であるディーノは基本的にはダルそうにしていますが、コミュニケーション力が異常に高いことを上述で説明させて頂きましたが、銀さんもディーノと同じく普段はダルそうにしており、やたらとコミュニケーションが高いことで有名です。

そして、普段死んだ目をしている銀さんもディーノと同じくやるときはやる男です。

私としては、ディーノ演じる杉田さんの演技がとてもみたいと思っております。

誰になるか楽しみですね!

 

転スラ二期でのディーノに注目!!

今回は転スラのディーノについてご紹介させて頂きました。

なんと転スラ2020年の秋放送予定ですので、果たしてディーノはどうリムル達を欺いてくれるのでしょうかね?

私はとても楽しみにしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です