CANON新型TS8530と旧型TS8430の違いを徹底比較!インク・サイズ・スペックは?

canon TS8530 アイキャッチ

2021年11月にcanonから家庭用プリンタ「TS8530」が新発売されました。

(canon公式サイトでは、2021年11月11日発売)

2020年以降、在宅勤務や自宅学習の際に家庭用プリンタを使用するシーンが増えた影響で、今、ものすごくプリンタが売れています!!

そして、爆発的に売れている家庭用プリンタの中の絶対的エースとして君臨しているのが、canonのプリンタです。

その人気のcanonプリンタの中でも更に人気が高く、リーズナブルな価格で購入できるのがTSシリーズ!!

今回は、TSシリーズの中でも最上位モデルである「TS8530」と昨年2020年秋に発売された同スペックのモデルである「TS8430」との違いを比較してみました。

価格や、機能、インクについて、また、仕様スペック等の違いをまとめてご紹介いたします!!

 

新型TS8530と旧型TS8430の違いを徹底比較!

早速、新型TS8530と旧型TS8430の違いをみていきます!

実は新型と旧型は1年の差しかありません。

しかし、その1年の間に様々な変化をしているのがTSシリーズのすごいところです。

では、1つづつ違いをみていきましょう!

 

かんたんモードが搭載

「かんたんモード」がTS8530に搭載!!

この「かんたんモード」とは、普段よく使う基本機能を液晶モニタに表示させることができます。

今までのTSシリーズは、使わない設定項目を通り抜けて、自身が使う設定までたどり着かないといけない・・・という手間がかかってしまうことがありました・・・。

SDカードのデータをサクッと印刷したいのに、どこの設定から進んだらいいのか分からない(汗)

そんな悩みを払拭してくれるのが「かんたんモード」です!

細かい設定をすることなく、普通紙やはがきへのコピー、SDカードを使用しての写真プリントなど、基本的な機能だけを液晶モニタに表示をさせておくことができます。

この機能、結構便利です!

インクの種類とインクコスト

続いては、インクの種類とインクコストを見ていきます。

下に表でまとまてみました!

比較項目 TS8530 TS8430
インクの型番

BCI-330(PGBK)
BCI-331(C,BK,M,Y,GY)

BCI-380(PGBK)
BCI-381(C,BK,M,Y,GY)

L版写真印刷(フチなし) 約24.8円 約21.4円
A4カラー文書印刷 約12.4円 約10.9円
A4モノクロ文書印刷 約4.2円 約3.7円

※印刷コストはcanonでcanon純正紙を使用して測定をしている参考データになります。

こうして見てみると旧型TS8430の方がランニングコストは優秀といったところですね。

では、新しいモデルの良さは何か?というと、紙へ、今までのモデルより更に鮮明で綺麗な発色をさせるための工夫が盛り込まれているところです。

canonは、ユーザーがより美しく写真印刷をするために日々惜しみない努力をしてくれているメーカーさんです。

そして老舗のカメラメーカーでもあります。

カメラと写真印刷はセットなので、ここは妥協しない!と家電量販店へいらっしゃっていたcanonのご担当者様がおっしゃっていたことが印象に残っています。

TS8530もTS8430もどちらも印刷に関して及第点は間違いないなく獲得できます。

判断としては、より進化を遂げているインクを採用しているTS8530にするか、印刷コストが優秀なTS8430を採用するか、の違いになってきますね。

 

本体サイズと重さ・本体価格

では、本体サイズと重さ、気になる本体価格は、どうなのでしょうか。

こちらもTS8530とTS8430をそれぞれ表にしてまとめてみました。

比較項目 TS8530 TS8430
本体サイズ 約横372×奥行345×高さ142(㎜) 約横373×奥行319×高さ141(㎜)
重量 約6.6㎏  約6.6㎏
価格(2021年11月時点) 37.950円(税込) 32.450円(税込)

※本体サイズ、重量はcanonのカタログを参照。価格につきましては、canonオンラインSHOPでの販売価格を掲載しています。

以上の結果になりました。

こうしてみると本体サイズは殆ど変わりがなく、新型TS8530が2.4㎜奥行のサイズが大きくなっていることが違っていました。

サイズで重要になるポイントは、プリンタの置き場所です。

もし棚にしまって使うことを想定している場合は、横幅や奥行、高さは非常に重要なポイントになってきます(購入して棚に収納できないとなると悲惨です…)。

次に重量(重さ)ですが、これが新型、旧型で全く同じ重さだったことに驚きました。

これ、ぴったり同じにすることは結構難しい気がします…。

(DIYで制作をする際に全く同じにする苦労を知っている分、感動もひとしおでした)

重さについては、置き場所や使用用途によって重要になってくると思います。

例えば、会社やお店を経営されていて、1台のプリンタを1階と2階で日によって別々の場所で使いたい、だったり、会社と自宅で兼用で使いたい等の用途の時には持ち運ぶ機会もあるので、軽いと有難いと思います。

(とはいえ、プリンタを固定の場所から動かすケースは、そうそうないかもしれないですけどね)

旧型のTS8430を実際持ってみての感想は、軽い!!

これなら女性やご高齢の方でも持ち運ぶことができると思いました。

最後に、気になる価格ですが、canonオンラインshopでの販売価格を参考に新型と旧型を比較すると約5000円程、新型が高いという結果になりました。

実はプリンタはオープンプライス商品のため、価格は販売元によりバラつきが生じます。

プロパー(canon)での価格は表に掲載している金額となりました。

独自に調査をした結果、それぞれの家電量販店(ヤマダ電機さん、ケーズデンキさん、ビックカメラさん、ヨドバシカメラさん)での旧型のTS8430の販売価格は、約29000円~33000円の間で売られているという実績がありました。

ただ、その中の半分は在庫なし、取り寄せに2か月を要すると説明を受けました…。

新型のTS8530は、過去の例から推測するに、恐らく年内は約37000円ほどの金額で販売される可能性が高いかと思いますね。

以前までは新型が発売されると旧型が安くなる・・といった現象が起きていたのですが、ここ2年余り(コロナの影響から)は、プリンタの在庫がなく生産が追い付いていない状況があり、格安で購入できるケースはグンと減ってしまいました(友人のガジェットヲタクが嘆いていました…)

以上の結果から、プリンタを必要としているタイミングで在庫があれば早めの購入をおススメいたします。

 

新型TS8530と旧型TS8430の仕様スペック一覧

新型TS8530と旧型TS8430の主な仕様スペックを表にまとめてみました。

比較項目 TS8530 TS8430
液晶パネル 4.3型タッチパネル  4.3型タッチパネル
消費電力(コピー時) 約14w 約16w
印刷速度 16秒/枚 18秒/枚
印刷コスト(L版印刷) 約24.8円 約21.4円
スマホプリント 対応 対応
自動電源 対応 対応
ネットワーク 無線LAN(有線LAN非対応) 無線LAN(有線LAN非対応)
給紙方法 背面と前面カセット 背面と前面カセット
インクの種類 6色 6色

主要な仕様スペックは以上の結果になりました。

補足でサブ的な仕様スペックはこちら

比較項目 TS8530 TS8430
本体カラー 黒・白・赤 黒・白・赤
自動両面プリント 対応 対応
ディスクレーベル 対応 対応

新型TS8530と旧型TS8430の比較をして、違いといえば、消費電力が新型TS8530の方が良く、逆に印刷コストは旧型TS8430が優秀というところですね。

また、印刷スピードについては、新型TS8530の方に軍配があがりました。

目に見えない時間だったり、日々の積み重ねとなる消費電力のことを考えると新型TS8530を選択することで大きなメリットへと繋がります(塵も積もれば山となりますしね…)。

一方、日々の印刷枚数が多い場合は、ダイレクトにのしかかってくるのが印刷コストになるので旧型TS8430を選択することでコストカットが可能になります。

ここは、自身が何を最も重視をしているのか、時間なのか、スピードなのか、印刷コストなのかによって選択が分かれるところですね。

次にここまでの調査の結果を踏まえて、それぞれのプリンタがおススメな方をお伝えしていきます。

 

新型TS8530と旧型TS8430はどちらがおススメ?

さて、新型TS8530と旧型TS8430の違いをみてきて、それぞれにメリットとデメリットがあることが分かりました。

しかし、それぞれのプリンタの特性を活かして、自身の用途に上手く活用していくことで、更に恩恵に授かることが可能になります。

続いては、TS8530がおススメな方、TS8430がおススメな方をみていくことにしましょう。

 

新型TS8530がおススメな方

まずは、新型TS8530がおススメな方はこちら

  • 多少高くても最新モデルを使いたい方
  • 使用用途がほぼ固定のため、かんたんモードを使いたい方
  • 印刷スピードを重視する方
  • 初めてcanonのTSシリーズを使う方

新型を使用する最大のメリットは新しいモデルを使えることです。

これ、結構重要なポイントです。

新しいモデルを誰よりもいち早く使って、他の人に情報を共有することもできますし、何より新しいものを使っているという優越感と満足感があります!

そして新搭載をされた「かんたんモード」を使えること。

決まった使用用途で使う方には、これすごく便利だと思います。

また、1分1秒でも早く印刷したい方は新型がおススメです。

(現代人は非常に忙しい方が多いですからね。)

そして初めてTSシリーズを使う方は、インクの在庫などを持ち合わせていないのでインクについての心配をすることがなく新型を使えます。

旧型TS8430がおススメな方

続いては、旧型TS8430がおススメな方はこちら

  • BCI-380とBCI-381のインクの在庫をお持ちの方
  • 少しでも安くプリンタを購入したい方
  • インクコストを抑えたい方

旧型の最大のメリットは、新型と大きな機能の差がなく安く購入ができるということです。

また、インクのコストは旧型のTS8430が優秀なので、少しでも日々の出費を抑えたい方は、TS8430がおススメです。

そして重要なポイントがインクの在庫があるのか、ないのか、という点です。

もし過去に発売されていた、TS8330やTS8230を使用されていた方は、旧型TS8430で同じインク(BCI-380とBCI-381)を使用できるので買い替えであればTS8430がおススメです。

純正のインクって意外と高い・・・ですからね・・・・。

CANON家庭用プリンタTSシリーズのクチコミレビューを確認

canon TS8530

続いては、TSシリーズを購入した方のレビューを調べてみました。

まずは、良いレビューから

  • デザインが好き
  • 解像度が良い
  • 数年前のモデルと比較すると音が静かになった
  • PCとの接続もスムーズでスマホとの連携も簡単

続いては、厳しいご意見も・・・

  • インクが高い
  • 2~3年のペースでインクの型番が変わるので互換性がなくなり無駄になる
  • 前側にあるカセットが飛び出していることが気になる・・・
  • スキャンデータでの印刷濃度の設定項目がなくなった

このような結果になりました。

TS8430とTS8530のデザインについて、好感を持っている方が多い印象でした。

また、PCやスマホとの接続は簡単なので、便利だという意見もありました。

(ちなみにMacにはwindowsのようにドライバをインストールせず、USBケーブルを接続するか、Macと同じ無線LAN設定をプリンタに登録することで接続できちゃうので、これまた便利です!)

一方、インクに対しては手厳しい意見が多かったですね…。

正直、高いという意見に対して同意できる部分もあります、確かに純正のインクは高い…。

また、純正インクを使用せず、社外品を使用してインクトラブルで故障となっても長期保証は使えず、実費になってしまうので、社外品は恐ろしくて使えない…。

さらに社外品のインクを使うと内部を激しく汚して、インクトラブルが起こってしまう可能性があります…。

(よく分からないエラーが出て、チーン…となったことがあります)

どんなものもメリットとデメリットがつきものなので、ここは自分の中で線引きをして上手く妥協点を見つけていくことが必要なのかなと思います。

 

新型TS8530と旧型TS8430の違いは?徹底比較まとめ

canon TS8530

では、最後にTS8530とTS8430を比較した結果をまとめます。

 

新型TS8530の特徴

  • 新機能「かんたんモード」を搭載
  • 印刷スピードが早い
  • 省エネ

旧型TS8430の特徴

  • インクコストが優秀

以上の結果となりました。

新型のTS8530は、新機能が搭載され、印刷スピードが向上されて、かつ省エネになっていることが特徴です。

一方、旧型のTS8430は印刷コストが新型TS8530と比較すると優秀です。

ここは、ユーザーがどこを重視するのか、で大きく分かれてくると思います。

できれば、新型TS8530の実機に触れた後で、さらに追加で続編をお伝えしたいなと思う部分があります!

(実機を触ってみないと分からない部分も多くありますので)

年賀状印刷や在宅勤務、自宅学習などで複合プリンタが活躍することは間違いないので、ぜひこの機会にcanonの家庭用プリンタ「PIXUS TSシリーズ」を検討してみては、いかがでしょうか。

きっと生活を豊かにしてくれると思いますよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。