ベルミスのサイズの選び方!身長ごとに適切なサイズをまとめてみた

ベルミス

履いただけで見た目の印象が変わる!と話題のベルミス。

いつものタイツをベルミスに置き換えるだけという簡単さが魅力的です。

足元の冷え対策にも良いですね。

これからの季節は部屋着としてTシャツの下に合わせるのもおすすめです。

今回はベルミスのサイズの選び方について誰でも簡単にポイントが分かる記事をテキスタイルアドバイザーの資格を持つmocoanがお届けします。

「加圧タイツのサイズ選びって普通のタイツと同じでいいの?」

「身長って関係ある?」

こんな疑問を持っている方、そのお悩み解決します。

自分にぴったりのサイズを見つけてベルミスの効果を最大限にいただいちゃいましょう!

5枚セットだと1枚2,856円

夏に向けて魅せる脚

公式サイト限定キャンペーン中

まとめ買いならサイズ交換保証付き

>>ベルミスを最安値で手に入れる

 

ベルミスのサイズの選び方

早速ベルミスのサイズの選び方を見ていきましょう!

 

サイズ展開

ベルミス

ベルミスのサイズ展開は2種類です。

通常のタイツより詳しくサイズ範囲が書かれているのが特徴です。

  • M-Lサイズ
    ウエスト 64~77cm
    ヒップ 87~100cm
  • L-LLサイズ
    ウエスト 69~85cm
    ヒップ 92~105cm

 

丈の長さはどれくらい

ベルミスの気になる丈の長さはどれくらいでしょう。

ベルミスはつま先まであるタイツタイプです。

レギンスと違ってつま先とかかとで止まるので、あまり丈を気にしなくていいのが嬉しいですね。

 

公式サイトのサイズ選びのポイント

公式サイトにサイズ選びのポイントがありました。

各サイズ毎に着圧差はございませんので、少しでも丈やお腹周りがご心配な方はL-LLサイズを推奨いたします。

サイズによる着圧差はないので、ウエストとヒップで異なるサイズに入ってしまった時はL-LLサイズを選びましょう。

 

ベルミスのサイズの選び方を身長ごとに口コミからまとめてみた

ウエストとヒップのサイズは分かりましたが、身長は表記がありません。

身長によって着用感に違いはあるのでしょうか。

口コミを調べていきます。

 

150㎝~  

パンツは身長155でMサイズにしました。
産後色々な物を試してきましたが、サイズも着圧感もここまでジャストな物はありませんでした。
チクチクするというのを口コミで見たので不安でしたが、私は全然大丈夫でした。
着圧具合はちょうどいい気持ちよさなのに、ちゃんと太ももの間に綺麗な隙間が出来て履くだけで痩せた気になります笑
トップもフィット感がたまらないのでこれは外出する時も常に中に着ようと思います。
前に違うブランドのトップを買ったらにキツすぎて着れなかったのでベルミス感謝です。
子供が生まれてから何種類もネットで買ってサイズ感も何度も間違えてきたし、着圧感も納得いかないものが多かったのですが、ベルミスは全くそんな事がなかったのでリピ確定です‪!(amazon口コミ)

こちらは155cmの方の口コミです。

Mサイズでちょうど良いようですね。

通常の衣料品の場合、婦人服は158cmをMサイズの基準に作られていることが多いので158cm付近の方は、ウエストとヒップが範囲内であればMサイズでちょうどいいはずです。

 

160㎝~  

160cmあるとMサイズでは丈的に厳しいようですね。

おすすめはLサイズです。

 

こちらも身長160cmでおすすめはLサイズということです。

 

他社の着圧タイツを使っていたのですが買い換えようと思い1着購入しました!161センチでLサイズ丁度よかったです。
むくみ体質と仕事も立ち仕事で夜には足がパンパンで痛みもあります。夜寝る時に他社の物と交互に履いているのですがこの着圧タイツを履いた日の仕事終わりは足が痛くないです!着圧が強いのではく時は大変ですがもう1枚購入しようと思います!(amazon口コミ)

161cmでLサイズジャスト!

160cm以上の方はウエストとヒップがMサイズの範囲でもLを選択するというのもありですね。

 

170㎝~

170cmを超えると股下というよりはお腹の部分の丈に不安があるようですね。

ウエストをすっぽり覆うことで得られる効果も大きいのでウエストの上までは長さが欲しいところですね。

 

こちらも170cm超えできついとの声です。

足のサイズも多少は関係ありそうですね。

身長も高めで足のサイズも大きい方はつま先部分をカットしてしまうというのもありかもしれません。

 

ベルミスのサイズ選びの注意点

次は

「長さが足りない!短い!」

「履けない!入らない!」

という場合はどうするのが正解なのでしょう?

ベルミスのサイズ選びの際の注意点を見ていきます。

 

長さ足りない・短い

長さが足りない場合ですが、まずはM-Lサイズの方はL-LLサイズに変更してみましょう。

それでも股下が足りない場合はつま先を切るというのが一番の対処法です。

ではお腹の部分が短い場合はどうでしょう。

お腹の部分が一番気になっていて効果を出したいという方もいますよね。

M-LサイズであればL-LLサイズに変更しましょう。

それでも長さが足りない場合は残念ですがベルミスではなくほかの着圧アイテムを探すというのも手ですね。

 

履けない・入らない

履けない場合の対処法は「履き方を工夫する」がまずは試してみたい方法です。

タイツは本来2倍以上の伸縮性を持っています。

なので生地をどのように取り扱うかでフィット感も違ってくるんです。

一部分だけが伸ばされていたり、どこかに生地が集まっていたりすると着用感としてはいまいちと感じることがあります。

ベルミスの正しい履き方はこちらです。

STEP1
タイツを両手で手繰り寄せる

つま先→かかとの順にピッタリ合わせて履くことがポイントです。

つま先とかかとは網目が切り替わっているのでどの位置なのかわかりやすいですよ。

STEP2
膝までタイツを引っ張りながら左右交互に引き上げる

タイツの生地を傷めないように爪は立てないように注意しながら引き上げます。

右と左のどちらかを一気に上げるのではなく、少しずつ交互に引き上げていきましょう。

STEP3
膝→太もも→腰回りまで引っ張りながら左右交互に引き上げる

膝まできたらあと一息です。

ここから先も一度に引き上げず無理なく引っ張りながら左右交互に引き上げて下さいね。

STEP4
ヒップラインを合わせて引きあげてぴったりフィットするように着用

ヒップラインにも加圧に効果的な編み方が採用されています。

円形の模様のように見えるのがヒップの位置です。

STEP5
手のひらで上→下へタイツの網目をならしていきます

手のひらを使って優しく網目を整えます。

タイツの生地がどこか1カ所に集まってしまっていないか確認しましょう。

鏡でシワがないかチェックしフィットしていれば完成です。

 

ベルミスのサイズの選び方!記事まとめ

最後にベルミスのサイズの選び方をまとめます。

MEMO
  1. ウエストとヒップを測りましょう
  2. 下記の範囲を参考にサイズを選びます
    *M-Lサイズ
     ウエスト 64~77cm
     ヒップ 87~100cm
    *L-LLサイズ
     ウエスト 69~85cm
     ヒップ 92~105cm
  3. ウエストとヒップでサイズがまたがってしまった場合はL-LLサイズを選びます
  4. 身長が160cm以上の方はL-LLサイズがおすすめです

ベルミスを含めてタイツは試着ができないものがほどんどなので、サイズ選びは慎重に行いましょう。

素材の特性としてベルミスはタテ方向の伸びよりもヨコ方向の伸びの方が大きいので、細身の方でも身長が高い場合はL-LLサイズを選択した方がお腹から足先までをしっかりカバーできます。

こちらを参考に自分にぴったりのサイズを見つけて下さいね。

5枚セットだと1枚2,856円

カラダにいいもの大賞【2020年受賞】

公式サイト限定キャンペーン中

むくみ解消の口コミ多数

>>ベルミスを最安値で手に入れる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。