ワンピースヤマトが仲間になるのか?麦わらの一味仲間は全部で何人の設定?

モンキー・D・ルフィが故郷であるフーシャ村を出てから彼は様々な強敵とぶつかり、数多くの困難を乗り越えてきました。

その過程でロロノア・ゾロを始めとする、多くの個性的なキャラクターたちを仲間にし、共に冒険をして来ました。

 

そんなルフィに最近近づいたのがヤマトです!

ルフィの宿敵カイドウの娘でありながらも自らを光月おでんと名乗り、ルフィと共にカイドウ討伐を目指します。

 

今回はそんなこれまで以上に個性的で、これまでのどのキャラクターよりも不思議な立場に立つヤマトについて深掘りすると共に、ヤマトが今後麦わらの一味に加わる可能性を見ていきます!

 

また、それと併せて麦わらの一味が最終的に何人になるかも予想していこうと思います。

 

ヤマトは仲間になる?ヤマトの願いとは

カイドウの娘でありながらも、カイドウの意に反してルフィと手を組んだヤマトはそもそも一体何者なのでしょうか?

カイドウの娘であれば、囚人採掘上の奴隷のように心を折られていても不思議ではありません。

 

しかし彼女は彼女自身の信念を貫き、赤鞘九人男と同様にワノ国の開国を望んでいます!

 

そんなヤマトの正体を彼女を取り巻く環境、成長していく過程で経験したであろう事柄から暴いていきたいと思います!

 

ヤマトとカイドウの願い

まずはヤマトとカイドウの関係から見ていきます。

この二人の関係は親子ですが、今回注目したいのはこの二人の関係の良さの経緯です。

つまりはこの親子の仲は良いのか悪いのかと言うことです。

 

まずカイドウはヤマトに自分の跡を継いで欲しいと考えています。

しかし対するヤマトはカイドウの跡継ぎになるつもりはなく、むしろ光月おでんの遺志を継いで開国したいと考えています。

彼女は実際にカイドウに面と向かって「光月おでんになりたい」と言い放ったこともあります!

 

二人の意思や願いは真っ向から対立しているのです。

 

ヤマトの発言に激昂したカイドウはヤマトが8歳の頃、ヤマトを半殺しにした上に爆弾付きの手錠をかけた経緯があります。

光月おでんとスキヤキのように絶縁状態とまで行かなくとも、カイドウのヤマトに対する仕打ちは相当なものです。

 

この事から、二人の仲は最悪であることがうかがえます。

 

『新鬼ヶ島計画』に見るカイドウの理想

真っ向から対立しているカイドウとヤマトの意志ですが、カイドウが跡継ぎをヤマトに迫る理由は『新鬼ヶ島』の将軍にする為です。

これはカイドウ本人が『新鬼ヶ島計画』を発表した時に明言しています。

 

ではヤマトを将軍にした後、カイドウが大人しく身を引くのかと言うとそうではありません。

カイドウの構想する『新鬼ヶ島計画』の概要は以下の通りです。

 

  • 鬼ヶ島を花の都に移してワノ国を滅ぼし、海賊の楽園と呼べる無法地帯にする。
  • ワノ国全土で武器の製造を始める。
  • ヤマトを『新鬼ヶ島』将軍に

 

それと同時にカイドウはビッグ・マムと手を組み、古代兵器を手に入れた上で『一繋ぎの大秘宝(ワンピース)』を狙おうとしています!

 

つまり元々入国自体が困難なワノ国を圧倒的武力で難攻不落の要塞にし、古代兵器を復活させて外海においても圧倒的力を誇ることがカイドウの狙いと考えられるのです!

古代兵器が復活すれば、それを欲して大きな争いが生まれるでしょう。

この争いこそがカイドウの言う『世界最高の戦争』かもしれません。

 

また、カイドウの趣味は自殺です。

これらのことからカイドウは、『新鬼ヶ島』建国後ヤマトに国を任せ、自身は世界最高の戦争で海賊王として死ぬのが望みなのかもしれません!

 

ヤマトの願い

カイドウがヤマトに跡継ぎを熱望する一方、ヤマトはワノ国の開国を夢見ています!

そのせいでカイドウに酷い仕打ちを受け、20年もの間監禁状態にありました。

 

カイドウは囚人採掘場と同様に、心を折るためにヤマトを半殺しにし、監禁したのかもしれません。

しかし、ヤマトが見た光月おでんの最期の勇姿が彼の気持ちを更に焚き付けたのです!

その思いはおでんの死後拾った航海日誌を『聖書』と崇めるほどです!

 

おでんの航海日誌とはつまり、海賊王ゴール・D・ロジャーと行動を共にした記録です。

ヤマトは空白の100年やDの意志、更にドンキホーテ・ドフラミンゴが知る秘宝を知っている可能性が高いのです!

 

ヤマトはおでんの死に様だけでなく、その航海日誌を見てより一層開国すべきと考えるようになったのかもしれません。

自身を光月おでんと名乗り、よりおでんに近づくために男になったりとカイドウの意志とは反対方向に突き進んでいます。

 

これまでの考察から、ヤマトが一時的にルフィの味方をして後々裏切ると言った展開は考えにくいです。

 

このままカイドウ討伐まで味方であると見て間違いないでしょう。

 

次の項からはいよいよヤマトが今後麦わらの一味に加わる可能性を掘り下げていきます!

 

ヤマト麦わらの一味加入説

ここまでヤマトとカイドウの思想の違いを比較しつつ、ヤマトがどの様な人物か考察してきました。

鬼ヶ島討ち入り真っ最中の『ONE PIECE』ですが、もしカイドウの討伐に成功したらヤマトはどうするのでしょうか。

 

おでんに憧れている点から、かつて光月おでんがワノ国を飛び出したように麦わらの一味についていくのでしょうか?

 

まずはかつての光月おでんの行動と比較しつつ、ヤマトが仲間になる可能性から探っていこうと思います。

 

ヤマトと光月おでん

光月おでんはかつての外海と距離を保つワノ国の方針に疑問を抱き、事ある毎に出国を試みていました。

「窮屈でござる!」を口癖に、何物にも自由な生き方を貫き、一時は白ひげ海賊団に加入します。

しかし道中出会ったロジャー海賊団に一時的に加わり、世界の全てを彼は知ったのです。

 

ヤマトはおでんの航海日誌を持っているため、世界の全てを知っている可能性は大いにあります。

しかしかつての光月おでんと同様に、ワノ国以外の世界を見たことがありません。

私たちが映画にハマり聖地巡礼をするように、特定の人物に憧れた人が憧れの人と同じ景色を見たいと思うのはごく自然の事でしょう。

 

また、ヤマトはルフィと会ったとき「君をずっと待っていた!」と面と向かって言っています。

私はこの台詞を『カイドウに太刀打ちし得てワノ国を開国するに相応しい人物に出会えた』と言う意味合いと同時に、かつてのロジャー海賊団の様に自分を連れ出してくれる』と言うヤマトの勝手な信条もあると考えます。

 

ヤマトが光月おでんと同じ道を辿ることを心から望むのならば、開国後に麦わらの一味に加わる可能性は高いでしょう。

 

アラバスタ王国の事例と次の将軍

しかし一方で、ヤマトが仲間にならない可能性も一味に加わる可能性と同等にあると私は考えます。

その根拠がアラバスタ王国の事例です。

 

かつてルフィたちとウィスキーピークから旅をしたネフェルタリ・ビビはアラバスタ王国の王女でした。

バロックワークスを壊滅させ、アラバスタを後にするルフィたちと一緒に冒険を続けるか悩んだビビは、愛鴨カルーと共にアラバスタに残る決意をしました。

 

ヤマトはワノ国の要人と言うわけではありませんが、カイドウを討伐した後に重要な地位に就く可能性は十分あり得ます!

 

更に言えばカイドウを討伐した後のワノ国には、1つ問題が残ります。

それは新しい将軍が誰になるかです。

 

おでんの息子であるモモの助が第一候補として挙がりますが、将軍になるには幼すぎるでしょう。

菊之丞など大人がサポートすれば大丈夫かもしれませんが、知識や経験も無しに一国を治めるのは困難に思えます。

ワノ国を開国しておでんの長年の夢を果たした後に、おでんの息子であるモモの助をヤマトが支える可能性もまた考えられるのではないでしょうか。

 

これらの考察から、ヤマトが麦わらの一味に加わることなく、ワノ国に残る可能性もルフィと共に冒険する可能性と同等にあり得ます。

 

カイドウ討伐後ワノ国の安定を優先するか、おでんの軌跡を辿るかが大きな鍵になるでしょう。

 

麦わらの一味はどこまで増える?

ヤマトの人物像、そして続けてヤマトが仲間になる可能性について述べてきました。

ではそもそも、麦わらの一味はどこまで増えるのでしょうか。

 

ここからはヤマトが仲間になる可能性とは別に、麦わらの一味の船員数について考察していきます。

 

尚、ここで言う『麦わらの一味の船員数』はサウザンド・サニー号に乗る人数に限らせて頂きます。

よって、バルトロメオやキャベンディッシュなど最近麦わらの一味の傘下に加わった人数は含みませんので、予めご了承ください。

 

人数の経緯

まずはこれまでの人数の経緯を今一度振り返ってみましょう。

 

最初に東の海(イーストブルー)でロロノア・ゾロやナミ、ウソップやサンジの4人を仲間にしました。

そこから暫く間が空き、ドラム王国で5人目の仲間であるチョッパーが加わります。

 

アラバスタ出港後ニコ・ロビンが加入しますが、私自身は彼女の正式な加入は彼女が心を打ち明けたエニエス・ロビー後と考えています。

後にフランキー、ブルックそして最近ではジンベエが麦わらの一味に加わりました。

 

今現在総勢9人の仲間とルフィは冒険をしているのです。

ルフィはフーシャ村を出たとき仲間の人数として最低10人を目標に掲げていました。

 

ここ最近の次なるルフィの仲間に注目が集まるのは、次に加わる仲間が記念すべき10人目となるせいもあるかもしれません。

しかし、ルフィの当初の台詞は「仲間10人は欲しいなぁ。」です。

つまりルフィの目標は10人仲間にすることではなく、最低10人仲間にすることです!

 

仮にヤマトが加わると仮定して、ミンク族からも加わるとすれば仲間の人数は11人になります。

 

今後更に荒れ狂うONE PIECEの世界情勢の最中でどこまで増えるか明言はしかねますが、船の大きさと上記の考察から最終的にルフィの仲間は11人以上20人未満と予想します。

 

ルフィの特殊能力と擬似的な万国(トットランド)

ルフィの仲間に関して言えば、マリン・フォードの頂上戦争でジュラキュール・ミホークはルフィの特殊な力について言及しています。

 

またスリラーバークではチョッパーが、ルフィの魅力とも言える器の大きさについて叫んでいました。

 

彼らの思う通り、ルフィはあらゆる種族を敵味方分け隔てなく味方につけています!

直近ではそれまで敵対勢力であったX・ドレークが共闘するようになりました!

 

 

ゲッコー・モリアのように物言わぬ影で操ったり、斧手のモーガンの様に脅したりせずとも、麦わらの一味は皆心の底からルフィの事を信じてついて来ます!

ハイルディンを始めとする巨人たち、レオを始めとする小人族も今やルフィの味方です。

 

戦いの最中に味方を増やすルフィの魅力があれば、シャーロット・リンリンの夢である全種族が手を取り合う万国(トットランド)の実現もルフィなら可能かもしれません!

これらを考慮に入れると、前項では仲間の数を20人程と予想しましたが、それ以上に膨れ上がる可能性も多いに考えられるでしょう。

 

ドフラミンゴは獄内で「誰が誰を裏切る?誰が誰に加担する?」等とこれから更に荒れ狂う海賊の世界を楽しみにしていました。

しかし、ルフィにはそんなこと取るに足らない問題かもしれません。

 

これから更に輝くであろうルフィの魅力に要注目です!

 

ワンピースヤマトが仲間になるのか?麦わらの一味仲間は全部で何人の設定?記事まとめ

当記事ではヤマトが麦わらの一味に加わる可能性や麦わらの一味の最終的人数に関して考察しました。

また、併せてルフィの魅力に関しても改めて確認しました。

 

赤鞘九人男がカイドウに挑み、ルフィは城内部からカイドウのいるステージを目指します!

ドレークがルフィに加担する中で、同盟を組んだローの動きが現在不明確です。

 

ヤマトのこれからの動向、麦わらの一味の進撃、同盟は最期まで裏切ることなく保たれるのか等当記事の内容と併せて注目すべきことがワノ国には多数あります!

当記事が皆さんがワノ国編を更に楽しむための材料になれれば幸いです。

1 COMMENT

匿名

仲間になるのかならないのか、5:5の可能性が登場したキャラにはある、それを考察によって7:3なり2:8なりで予想するのがこうゆう記事の醍醐味なのに、なる可能性もならない可能性も同等にあります!!ドヤ ってされても苦笑いも出ませんよ

返信する

匿名 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。