内田慎也の学歴調査!出身高校や大学は群馬大学?新島学園教師が教え子を監禁で母親が謝罪!

担任教師が教え子を監禁するという

信じられないニュースが報道されました。

 

2019年6月25日、スタンガンと包丁を所持して、

勤務先である新島学園で担任をしていた女子中学生を

車内に監禁したとして、

群馬県高崎市寺尾町の教員・内田慎也(うちだしんや、27歳)容疑者が

逮捕されました。

その後、内田慎也容疑者の生い立ちや学歴等が分かってきました。

この記事では

監禁事件の詳細

内田慎也容疑者のプロフィール

内田慎也容疑者の学歴

についてまとめています。

 

 

内田慎也容疑者の14歳少女監禁事件の詳細

25日午後1時ごろ、群馬県内に住む10代の女子生徒の母親から「留守番しているはずの娘がいない。家の中が荒らされている」と110番があった。県警捜査1課などは、周辺の防犯カメラの映像や自宅内の状況などから、女子生徒が何者かに車で連れ去られたと断定。緊急配備を敷き、行方を捜していたところ、捜査員が同県高崎市寺尾町の山林内の路上に停車している車を発見。窓ガラスを割り、女子生徒を救出、車内にいた男を監禁容疑で現行犯逮捕した。
 
男は同県内の私立学校の教員、内田慎也容疑者(27)=高崎市寺尾町。逮捕容疑は25日午後4時半ごろ、車の中で女子生徒を監禁したとしている。容疑を認めている。

県警によると、車を発見した捜査員は、後部座席に内田容疑者と女子生徒がいるのを見つけ、窓ガラスを割ってドアを解錠。内田容疑者が持っていた包丁を自分の腹に突き立てたため、包丁を取り上げて現行犯逮捕した。女子生徒は負傷しており、高崎市内の病院に搬送された。

自宅内は家財が散乱していたといい、県警は、女子生徒が激しく抵抗したとみている。救出された際、靴を履いていなかった。

出典:毎日新聞

内田慎也容疑者の14歳少女監禁事件の要約
  • 群馬県私立学校(新島学園)2年の女子生徒が監禁された
  • 逮捕されたのは、被害者の担任教師 内田慎也容疑者(27)
  • 事件発覚のきっかけは女子生徒の母親から「留守番をしているはずの娘がいない。家の中が荒らされ家の中が散乱している」と警察への電話
  • 通報から3時間後に高崎市の山林で内田容疑者と女子生徒が乗る車を発見
  • 内田容疑者は包丁とスタンガンを持っていた
  • 女子生徒の首に切り傷があった
  • 自宅内は家財が散乱していた

 

犯行の動機は「わいせつ目的でやった」

と話しているようです。

 

発見されたときの少女の状況ですが

  • 少女には殴られたような痕があり
  • 首に圧迫痕や両目に出血があった、
  • 首にはスタンガンを押し当てた際にできたとみられる傷痕があった
  • 首に切り傷があった

内田容疑者は少女を監禁している時、

普段見ている先生とはまるで別人、

包丁とスタンガンを持った男から暴力を振るわれたと考えると

女子生徒はとても怖い思いしたと思います。

 

内田容疑者は事件前日と当日は体調不良を理由に

学校を休んでいますが、

通信販売などで

入手した包丁やスタンガンなど

多数の凶器をあらかじめ用意した上、

担任の立場を利用して

少女の家族の勤務状況などを把握。

期末試験を午前中に終えて

帰宅した少女しかいない時間帯を狙ったとして、

犯行には計画性があったとみられています。

綿密に計画されていますね。

 

 

内田慎也容疑者のプロフィール

氏名:内田 慎也

年齢:27歳

住所:群馬県高崎市寺尾町

職業:教師(新島学園教員)

担当科目:数学

部活動:硬式テニス部の顧問

逮捕容疑:監禁、わいせつ行為

2016年から新島学園で勤務する専任講師

「まじめな先生で驚いている。非常に残念だ」

「非常に誠実で真面目で、勤務態度も決して悪くない先生。そういう意味では、ちょっと真面目すぎて…」

という声も聞かれていますが、

週刊文集によると

中学校に子供を通わせる保護者が明かす。

 

「今回の事件後、保護者向けの説明会が開かれました。この席上で校長は、内田について『女子生徒の胸を触った』『女子生徒の着替えをのぞいた』などの問題が指摘されていたことを報告したのです。いずれも本人の『誤解だ』という弁明で不問に付したということですが、今となってはその判断が正しかったのか大いに疑問です」

出典:週刊文春

学校の対応にも問題がありそうです・・・

 

 

内田慎也容疑者の学歴

内田慎也容疑者の学歴はどうだったのか気になったので調べてみました。

 

出身高校はどこ?

出身高校は高崎市にある東京農業大学第二高等学校出身。

東京農業大学第二高等学校は、群馬県高崎市にある私立の高校です。学校法人東京農業大学によって設置された男女共学校です。通称は「東農大二(とうのうだいに)」です設置されている学科は普通科のみです。早慶上理やMARCH、国公立大への合格者を多数輩出しており、私立高校の中では群馬県内トップクラスの進学校です。 部活動においては、ラグビー部は全国大会へ20回以上の出場を誇っている強豪校です。

出典:みんなの高校情報

2019年版ですが、群馬県内でもトップクラスで、

かなり優秀な高校ですね。

勉強だけでなく、スポーツでも有名なようです。

まさに文武両道。

内田容疑者はテニス部の顧問をしていますが、

高校時代に何らかの部活動をしていたのでしょうか?

 

出身大学はどこ?

大学について調べてみると

群馬大学教育学部を卒業していました。

国立大学だけあって教員就職率75%を誇る

地元では有名な大学なのだそうです。

 

内田容疑者を知る人の声

中学時代から学校の先生になるために勉強をがんばっていた内田慎也容疑者。

彼を知る人も「誠実でまじめな人間」「こんなことをする男ではない」と、

悪い評判はなく、

「信じられない」という声が相次いでいます。

 

母親もコメントを発表

「被害者に申し訳ない。」

とショックを抑えながらも女子生徒に謝罪。

ただ、「教員生活でストレスがあった」

という趣旨のコメントもしていて、

信じられない息子の犯行にショックを受けているようです。

 

 

ネット上の反応

「実際に被害者本人が名乗り出てくることもなかった。」とか「逆に学校としては、内田氏に担任を任せて許容量を超える仕事で追い詰めたのではないかとも思っています」って、生徒の立場、気持ちを考えていますか?性被害にあった10代の子が積極的に名乗り出ると思いますか?もちろん昨今の先生方の激務はお察ししますが、それでも学校は生徒を第一に守るべきでしょう。

あまりにも校長のコメントが言い訳じみている。

胸を触られたという被害生徒が名乗り出なかったから?女子中学生がそんなことされて、はい私が触られました!なんて言えるわけがない。
校長の監督不行き届きで責任問題になるのを恐れて隠蔽したとしか考えられない。
これまでにも辛い目にあった女子生徒は複数あるのではないかと心配になる。

担任を任せたことが負担になって追い詰めてしまったように言うが、
担任をもっている先生がみなそんなことをしたりしないでしょう?
明らかに教師としての資質に欠けるものを採用してしまったということだと思う。

 

自宅にいたのに誘拐されて、あんな山奥まで連れ込まれて、被害者の子は一生心に残るくらい怖かったと思う。本当にかわいそう。最悪な事態にならなくてよかったと思うけど、これは運がよかっただけで発見が少しでも遅かったらもっと悲惨な事件になっていたはず。
学校関係者は事件の重さをきちんと感じて、責任逃れしないで、この教師が事件を起こすような前兆があったなら、ちゃんと事実確認してほしい。

 

私立新島学園中学校
私立なんだから、校長の一存でどうにでもなったはず。疑いであれ前兆があったのだから教員の管理をすべき。身内擁護の発言に納得できない。
被害にあったお子さんの未来が明るいものになるよう願うばかりです。

 

仮に許容量を超えた仕事で追い詰められたからといってわいせつ、連れ去り、殺人未遂が許されるわけではない。どんな仕事にも責任とストレスが伴う。嫌なら職を変えればよいが変えないのはロリコン、わいせつが目的で教師してたんですよね。生徒に手を出すなど言語道断。発見が遅れていたらもっと危険だった。生徒の恐怖を思えば厳罰にすべき。

 

スタンガンまで用意して自宅に押し掛けるほどの相当な異常者。仮に負担かけ過ぎても生徒にここまでのことしませんよ、校長先生。重く受け止めてないんでしょ。

出典:Yahoo!ニュース コメント

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です