土屋炎伽「ミス・ジャパン」東京代表に!妹は土屋太鳳 夢は「3姉弟で共演」

日本国内を代表するミスコンテスト「2019ミス・ジャパン」の東京大会最終選考会が3日、都内で開催され、女優土屋太鳳(24)の姉の会社員土屋炎伽(ほのか=26)が選ばれた。弟は声優の土屋神葉(23)。

「自分を変えたい」という思いから家族にも内緒で応募したという。「妹も『頑張って』と言ってくれてすごくうれしかった。会場でも手を振ってくれた」と会場で見守る家族の応援を力に変えた。芸能界への興味を聞かれると「いただいたチャンスはものにしたい」。太鳳との姉妹共演にも「ぜひしたい」と意欲を見せた。

3歳から日本舞踊を学び、明大時代と現在の富士通チアリーダー部で活躍する。「次は日本一を目指して頑張ります」。日本大会は9月11日に都内で開催される。またこの日、他の地方大会の代表者も集まった。

出典:日刊スポーツ

土屋炎伽のプロフィール

  • 本名:土屋炎伽(つちやほのか)
  • 生年月日:1992年8月26日
  • 出身地:東京都
  • 身長:155cm
  • 血液型:A型
  • 最終学歴:明治大学
  • 富士通のチアリーダー部で活躍

土屋炎伽さんは「ほのか」さんと読むんですね。

妹の土屋太鳳さんも「たお」という名前が珍しいですが、お姉さんも珍しい名前なのでびっくりです。

画像を見るとわかりますが、太鳳さんに負けないくらいの美人でさらにびっくり!!

太鳳さんは炎伽さんのことを尊敬しているそうです。

以前番組で、「いつも一歩先をいくヒーローのような存在」だと語っていました。

 

 

土屋炎伽「ミス・ジャパン」審査のようすは?

日本舞踊とチアスピリット、異なる2つの文化を学び、実践してまいりました。

この経験を翼とし、多くの人の心に触れて、笑顔を咲かせる女性になります」と宣言。

身長155センチで、最終選考に残った21人の中では最も小柄だが、とりわけ大きなオーラを放った。

グランプリ受賞後のスピーチでは

「信じられない気持ちもありつつ、日本大会に向かっています」と次を見据え、

「大会に出場するにあたり、家族、友人、職場の方々に理解をいただきました。サポートをくださったみなさまへの感謝の気持ちを込めて、日本一を目指して精いっぱい頑張りたいです」と意気込みを語りました。

 

 

土屋炎伽と太鳳、最後にはこんなワンシーンも

この日は会場に太鳳も応援に訪れていたことを明かした炎伽さんは「グランプリが決まった後に、妹がいる方を見たら、わーっと手を振ってくれていてうれしかったですね」とニッコリ。

土屋炎伽さん『ミス・ジャパン』東京グランプリ受賞おめでとうございます。

9月11日に行われる日本大会でも吉報をお待ちしております^^

 

 

ぐるナイゴチで土屋太鳳が驚異の大開脚!からだが柔らかすぎる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です