田島将吾のジャニーズ時代の同期や在籍期間は?現在の事務所は韓国?

田島将吾の事務所とジャニーズを辞めた理由

PRODUCE101JAPAN SEASON2の練習生として出場している田島将吾さん。

第1回順位発表式で第2位に輝き、注目を浴びています。

田島将吾さん、実は元ジャニーズJr.として活躍されていました。

 

では現在の事務所はどこなのか?そしてなぜジャニーズ事務所を退所したのか?

Jr.時代の同期やジャニーズ事務所に在籍していた期間など、気になることを調査してみました。

 

田島将吾のジャニーズに所属していた

田島将吾さん、もともとジャニーズ事務所に所属していました。

そんな彼の同期は誰なのか?何年間活動をしていたのか説明していきます。

 

田島将吾のジャニーズの同期は

田島将吾さんと同時に入所したメンバー

井上瑞樹(HiHi Jets)

中村嶺亜(7 MEN 侍)

そして同じ年に入所したメンバー

松村北斗・高地優吾(Six TONES)

七五三掛龍也・吉澤閑也(TravisJapan)

橋本涼(HiHi Jets)

岸優太(King&Prince)

SiX TONEやKing&Princeなど有名な人が多く、もしかしたらこれに続いて活躍していたかもしれませんね!

 

田島将吾の入所日は

2009年10月3日にジャニーズ事務所に入所していることが分かっています。

 

KAT-TUNのコンサートで和太鼓演奏に感動したことをきっかけに、ジャニーズ事務所に入所しています。

 

Jr.時代、ダンスが評価されSEXY ZONEのバックダンサーとして活躍もしてきました。

そして、さまざまなバラエティ番組やドラマに出演するなど活動の幅を広げていたそうです。

 

田島将吾のジャニーズ期間は

入所が2009年で退所が2016年なので約7年間ジャニーズ事務所に在籍していたことになります。

 

田島将吾さんが事務所を退所したのは突然のことでした。

2016年1月6日にジャニーズ公式サイトの「Jr.名鑑」から写真や名前が消えていることが分かり、配信されていた動画も田島将吾さんの部分だけがキレイにカットされていました。

そしてジャニーズショップから田島将吾さんのグッズもなくなる始末で、ファンは大騒ぎだったそうです。

 

田島将吾のジャニーズをやめた理由

理由については本人からは明かされていません。

 

退所した翌日発売の雑誌に田島将吾さんのインタビューが載っていました。

お仕事では、いろんなスキルを磨いて、成長できるように頑張りたい。

歌の勉強もしたいし、ダンスももっと上手くなりたい。

この時点ではまだまだ仕事として芸能界での活動を続けていくようにもみえますね。

この時、高校最後の1年ということもあり「自分の進む道を進んでしっかり歩みたい」ともコメントをしています。

>>田島将吾の高校や卒アル情報

 

詳しいことは分かっていませんが、『自分の進む道』と『ジャニーズ事務所との方針』が合わなかったのかもしれませんね。

 

田島将吾の現在の事務所は?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Tajima Shogo(@tajima_shogo101)がシェアした投稿

2016年に、当時のグループを脱退してから韓国へ渡っていることが分かっています。

 

そこで「CUBE」という韓国の事務所に2年間修行を積んでいました。

CUBEとは、今や人気の「NiziU」や「TWICE」が所属するJYPエンターテンメントに所属していたホン・スンソンさんが開業した事務所です。

しかし、2020年に事務所の会長が変わったことをきっかけに、この事務所を辞めています。

そのタイミングでPRODUCE101JAPANの企画発表があり、飛び込んだそうですよ。

 

まとめ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Tajima Shogo(@tajima_shogo101)がシェアした投稿

田島将吾さん22歳。

2009年にジャニーズ事務所に入所し、2016年に退所。

活動期間は約7年間で、バックダンサーに抜擢されるほどのダンスで高評価。

Jr.時代ではバラエティ番組やドラマでも活動し、そして可愛さでもファンを魅了してきたそうです。

 

ジャニーズの退所理由として本人から明かされていませんが、ジャニーズ事務所と自分の進む道での方向性が違ったのかもしれませんね。

 

韓国で2年間練習生として修行を積んだが、これも退所せざるを得ない結果に…

しかし、タイミングよくPRODUCE101JAPANが開始したことによってまた注目されることになりました。

 

田島将吾さんのさまざまな活動、経験があってこそ今があるのではないでしょうか。

必ず努力は報われるということを証明させてくれそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。