STU48 異例の全員選抜の理由は?センターは瀧野由美子で7.31発売

瀬戸内7件を拠点に活動している「STU48」。

6月2日放映されたCSファミリー劇場「STU48イ申テレビ シーズン5」番組内で発表されました。

7.31に3枚目のシングルを発売、しかも今回は異例の全員選抜。

 

 

STU48異例の全員選抜の理由は?

選抜制度をとる48グループでは異例の“全員選抜”。

所属レコード会社は4月に船上劇場がオープンしたことから「新たな船出を全員で飾るため」と説明しています。

NGT48の問題などもあり、グループ全体の今後の厳しい状況を打破するために、何か今までと違うことをして注目を集めたかったのでしょう。

 

表題曲のセンターは瀧野由美子(21)

「3rdシングルを発売できるのもすごく嬉しいですし、またセンターを任せて頂けるのもすごく嬉しいので、「暗闇」よりも「風を待つ」よりも、もっともっと素敵な曲にできるように私もがんばりたいと思います。

2019年は2枚目のシングルを出すことができて本当に嬉しいですし、こうして発売できるのも私達の力だけじゃなくていろんな方のおかげだと思っています。今回全員選抜にして頂いたのはチャンスだと思っているので、この曲で29人全員が輝けるようにみんなで一生懸命がんばりたいと思います。」とコメントしています。

 

 

番組では発売を記念した握手会も決定!

初回限定盤を対象とした「三都市握手会」を3日間、劇場版を対象とした「個別握手会」を7日間開催することも決まった。

 

 

おわりに

今まで選抜でメンバーを決めてきたグループです。

選抜には”光と影 “があります。

これはどんな物事においても必ずあることなんですが 今回全員選抜で、初のメンバーも、がんばってよい作品になれればよいと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です