煉獄杏寿郎の刀を紹介!日輪刀の色や鞘・鍔の特徴や煉獄杏寿郎の強さは?

今回は煉獄杏寿郎の刀を紹介!日輪刀の色や鞘・鍔の特徴や煉獄杏寿郎の強さは?について検証考察していきたいと思います。

この記事では私の考察を含み紹介させていただきたいと思います。

柱の中でもトップクラスであったはずも煉獄が柱の中で一番最初に命を落とすことになってしまいました。

もしも痣が発現していたら、赫刀に至っていたらなども合わせて考察したいと思いますのでおつきあいよろしくお願い致します。

では煉獄杏寿郎の刀を紹介!日輪刀の色や鞘・鍔の特徴や煉獄杏寿郎の強さは?についてみていきましょう。

煉獄杏寿郎の日輪刀を紹介

煉獄杏寿郎の日輪刀かっこいいですよね。

そんな煉獄さんの日輪刀を詳しく見ていきましょう!

日輪刀の色

煉獄杏寿郎の刀の色は「赤い色の刀身」です。

しかしこれは赫刀というわけではありません。煉獄家は代々炎の呼吸を継承してきました。

日輪刀は色変わりの刀です。炎の呼吸を扱う煉獄の刀身が赤くなるのは炎の呼吸に適しているからです。

 

「縁壱は誰にでも剣技や呼吸を教える。しかしだれ一人として縁壱と同じようにはできない。縁壱はそれぞれの者が得意であること、できることに合わせて呼吸法を変えて指導していた。そして日の呼吸の派性が次々とできあがった」黒死牟の発言より抜粋。

これが語られた場面のカットには、縁壱の弟子と思われる者が複数存在しており、その中には煉獄家の特徴的な髪型をしたキャラクターも描かれています。

 

この人物は煉獄家の子孫に当たる人物で炎の呼吸の始祖なのではないでしょうか。

炎柱は代々煉獄家から排出されているので、始まりの呼吸と同時期に派性してできた呼吸なのでしょう。

 

また「炎の呼吸」を「火の呼吸」と呼んではならない!と、しのぶが語っていたように「日の呼吸」があったからこそ、「日」と「火」を同一視されないために「火」を使う呼吸に関しては「炎」とした可能性が大きいのではないかと思います。

「日の呼吸」の使い手は無惨と黒死牟によって次々に殺害された過去がありました。

つまり「火の呼吸」と呼んでしまうと、無惨から狙われてしまうからという理由で「炎の呼吸」を「火の呼吸」と呼んではいけないというルールができたのでしょう。

日輪刀の鞘

煉獄杏寿郎の鞘も他の隊士同様、特別に違うわけではありません。

煉獄の鞘は黒色となっています。刀身と鞘の関係性はやはりあまり関係ないように思います。

鞘と隊服だけは柱もほかの隊員も大差ないようですね。

日輪刀の鍔

煉獄の鍔は炎を連想させる形状になっています。

煉獄は残念ながら無限列車でひとりの犠牲も出すことなく、上弦の参である猗窩座の前に敗れ、柱として最初の犠牲者となってしまいました・・・。

 

しかしその生き様は後輩たちに受け継がれていくことになります。煉獄の鍔をつけて無惨を打ち負かした炭治郎のように。

 

煉獄の性格からして彼の家族も明るく関係も良好かと思いきや、実際には冷え切った状態にりました。

煉獄家は代々炎の呼吸を受け継いできた一族です。父親もかつては炎柱をしていたいわいる炎柱のサラブレッドということになります。

しかし父親は日の呼吸の存在を知った時に自分の無能さを痛感し、追い打ちをかけるように最愛の妻を亡くし酒浸りになってしまったのです。

 

杏寿郎の意思を受け継いだ炭治郎は自分の怪我も癒えぬうちに、煉獄家を訪問します。

そこで煉獄杏寿郎を「愚かな息子」とけなす父親槇寿郎と激突します・・・。炭治郎は杏寿郎の弟千寿郎に煉獄杏寿郎の最後の言葉を伝えました。

父に残した言葉は「体を大事にしてほしい」というものでした。杏寿郎は最後まで父親を尊敬していたのです。

その言葉を聞いた父は息子の名前を呼びながら一人涙を流したのです。

 

また心優しい杏寿郎は今際の際に炭治郎たちにも

今度は君たちが鬼殺隊を支える柱となるのだ 俺は信じる 君たちを信じる

という言葉を残しました。

杏寿郎を看取った炭治郎たちは、煉獄杏寿郎の言葉を大きく成長させることになります。

杏寿郎の炎のような信念はしっかりと後輩に受け継がれ、無惨を打ち負かすことができたのです。

炭治郎の刀の鍔となった煉獄の鍔は精神的にも常に支えになっていたのです。

 

煉獄杏寿郎に赫刀出現!?

万が一煉獄に痣と赫刀が出現していたならどうなっていたかを考察していきたいと思います。

痣に関しては行冥が自由に操ったように自力で発現させることができそうな気がします。炎のような痣が出てくれたらかっこいいでしょうね!

 

赫刀に関してはやり方さえ分かれば自力で赫刀にすることができるように感じます。

理由として煉獄の精神も技も磨き抜かれていて、やり方さえ知れば「うむ やってみよう」と言いそうな気がするからです。

 

猗窩座との戦いで痣と赫刀の同時発動が行われていたら、もしかしたらもっと優位に戦えたと思います。

倒せたと断言できないのは、無限城においてほぼ柱や隊員数人がかりでやっと倒せたというのが理由になります。

煉獄がいくら強く痣と赫刀を発動していても倒すという事には結び付かなかったかも!しれませんが少なくとも死ぬことはなかったと個人的に思います。

 

煉獄杏寿郎が強い理由

杏寿郎の家族には父で元柱である槇寿郎弟の千寿郎がいますが、息子と父の関係は先ほどもいいましたが冷え切っています。

槇寿郎はかつて柱を務めるほど優れた剣士でしたが、日の呼吸という始まりの呼吸であり最強の呼吸を知ってしまったことで自分の無能さを痛感し、剣を捨ててしまいます。

さらに最愛の妻に先立たれてしまった事で酒におぼれ、子供たちをないがしろにするようになりました。

 

そんな父に対して杏寿郎は怒りを現すことも、嘆くこともありませんでした。

むしろ気弱な弟の方を不憫に思っていて、父親の変わりに励ます姿が見られます。

また父親のへの愛も失われておらず最後まで父の事を気にかけていました。杏寿郎の遺言を聞い涙を流し、親子の間にあった溝はようやく修復されたのかもしれませんが、それはあまりにも遅いものでした・・・。

 

強力な鬼を前にしても挫けず、最後まで家族を気遣った杏寿郎の強さは一体どこからくるものなのでしょうか?

母親が生前「なぜ自分が人よりも強く生まれたのかわかりますか?」と杏寿郎に尋ね答えられない時に

弱き人を助けるためです 生まれついて人より多くの才に恵まれた者はその力を世のため人のために使わなければなりません

と意思を託し通したことによって杏寿郎は、鬼から弱きものを助ける柱となるべく、血のにじむような努力を独学で学び努力を重ね続けました。

煉獄杏寿郎が心身ともに強いのは母親ゆずりなのかもしれません。

 

煉獄杏寿郎の日輪刀の作り方を動画で紹介

煉獄の刀の魅力はやはり赤い刀身ですよね!あと燃えるような鍔だと思います。作り方を見て造ってみようなか?とも思ったんですが、途中で挫折してしまいそうなので、子供が作っているのを横目で見ていることにします。

毎回思うのですが、考える人ってすごいですよね。想像力と器用さがありえないくらいですよね!

 

まとめ:煉獄杏寿郎の刀を紹介!日輪刀の色や鞘・鍔の特徴や煉獄杏寿郎の強さは?

今回は煉獄杏寿郎の刀を紹介!日輪刀の色や鞘・鍔の特徴や煉獄杏寿郎の強さは?について検証考察してみました。

やはり無限列車での早々の死亡は早過ぎたのではないかと思います・・・しかしその想いを受け取った炭治郎たちは急速に強く負けない意思を受け継ぐことになりました。

いつも心に煉獄がいたからこそ無惨を打ち負かすことができるほdの力や連携を身に付けたのかもしれないですね。

最後まで御愛読いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です