成田山の初詣の混雑を避けるには?期間と時間帯に注意!!

成田山初詣

千葉県成田市にあります成田山新勝寺といえば、言わずと知れた開運厄除けの神様です。

1070年余りの歴史ある寺院で、年間なんと1000万人もの参拝客が訪れる、寺院となります。

また、都心から1時間から1時間半で電車で行くことができ、成田空港からもほど近く、沢山の老若男女が参拝に訪れる大人気のスポットです。

伝統ある歌舞伎の世界では、古くから成田山に厄除け祈願し願いをかなえていただいた経緯があり、またお礼にお布施をさせていただくことが繰り返されていて、そんな歴史から開運厄除けを信じて、祈願する人々の波が絶えません。

そこで成田山に初詣に出かける際の混雑を回避することはできるのでしょうか。

調査しました。

成田山の初詣の期間・時間を紹介

初詣

成田山への初詣は、期間はいつまでに行けばいいのでしょうか?

そして時間は何時頃参拝に行くのが良いのでしょうか。

できれば混雑は避けたいですよね。

成田山の初詣の期間はいつまでに行けばいい?

初詣は三が日に、または、松の内の7日に参拝することが、基本とされていますが、成田山新勝寺は、1月中に参拝すると、初詣になります。

屋台も1月31日まで開店しています。

沢山の屋台が並び、お土産屋さんも軒をつらねていますが、混雑をさけていかないと、1時間以上並んで買い物する羽目になります。とても寒いですしそれは避けたいものです。

成田山の初詣の時間は期間によって違うの?

成田山新勝寺の開門時間

12月31日 朝5時半~終日

1月1日 前日~21時

1月2日 朝5時半~20時

1月3日 朝5時半~20時

このように、三が日の開門時間は、通常時と違いますのでしっかり確認してから、初詣の計画を立てましょう。

成田山の初詣の混雑を避けるには?

初詣3

成田山では、1000年以上、御護摩の火を絶やすことなく灯し続け、厳しい修行を積んだ僧侶による祈りや、参拝客の心願成就を祈願しています。

弘法大使『空海』によって敬刻開眼された、御本尊不動明王をお慕いし、訪れる参拝客は国内第二位の、成田山新勝寺の初詣です。

かなり混雑することは、テレビのニュースでもよく流れていますね。

調査した結果なんとか混雑を避ける方法がありました。

次にご紹介しますのでご参考になさってくださいね。

成田山の初詣の例年の混雑状況は?

成田山の初詣は、空港からのアクセスも良く、都心からも電車で行きやすいため、毎年かなり混雑します。

最も混雑する場合は、並び始めてから、参拝まで3~4時間かかります。

成田山の初詣の混雑を避ける方法

成田山に初詣にくる人数は、参拝者300万人と驚異の数になります。

繰り返し混雑予想を書きました通り、ハードな混み具合となりますが、それを避ける方法があります。

比較的空いている時間帯を次にご紹介します。

成田山の初詣の混雑しない時間帯

成田山の初詣でそれほど混雑しない時間帯は

12月31日午後9時頃  (夜10時過ぎると人が溢れてきます。)

三が日の早朝、深夜

1月4日以降

が、比較的参拝客の少ない時間帯となります。

まとめ

成田山新勝寺で初詣する際、混雑を回避する方法をお伝えしました。

三が日は大変混雑し、トイレに行くこともできない状況になったりして大変です。

1月4日以降の空いている時間に行って、ゆっくり思う存分パワーを充電し、新年のお祝いをしましょう。

おみくじやお守り、屋台など、楽しみは沢山あります。

人ごみの混雑を回避し、丁寧にお参りして素晴らしい新年の幕開けにしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です