滝川みうの声優は誰?アイドルが苦手なアイドル|22/7(ナナブンノニジュウニ)

【22_7】 滝川みうの声優は誰? 正体はアイドルが苦手なアイドル

今回は声優アイドルグループ、22/7(ナナブンノニジュウニ)のキャラクターとその声優についてご紹介してまいります。

さて、ここで早速「22/7とは…?」となる方も少なくはないはずです。

声優?アイドル?キャラクター?ご存じない方がこれらの疑問を思い浮かべるのは当然でしょう。

まずは簡単な言葉だけで表現するならば、

”新しいタイプのアイドルグループ”

です。間違いありません。

ではどう新しいのか?

それをこれからお話しさせていただいと思います。

22/7は11人グループですので、本記事ではその11人のうちの1人である滝川みうをご紹介いたします。

滝川みうはどんな子?

滝川みうは内気で人と話すことが苦手な女の子です。

特に22/7に所属する前はその性格が顕著に現れています。

前髪で目元が隠れており、家族以外とのコミュニケーションは必要最低限以下とも言えます。

そんな彼女ですが、実は22/7に所属してからは自らメンバーと会話をしたり、時折笑顔を見せる機会もあったりと意外にもそこまでポテンシャルは低くないようです。

『22/7 計算中』での滝川みう

22/7 計算中』とは、司会を務める三四郎と3Dモデルのキャラクター達によるバラエティ番組です。

割り切った話をしてしまうとアニメの場合、ストーリーの展開に必要な描写セリフが存在します。

しかしこの番組ではそういったものにとらわれないため、いわばキャラクターの”素の姿”が見れるわけです。

 

番組開始当初、滝川みうはほぼ会話という会話をしません

さらに番組中に自分から話を振ることもありません。

モーションキャプチャで動きも分かるため、質問には首の動きで答えることも多いです。

ただ好きなことの話になると熱く語り出すなどテンションの差が激しい一面を見ることができます。

 

滝川みうの声優は誰?

西條和(さいじょう なごみ)さんが滝川みうの声優を務めております。

西條和のプロフィール

出身地:兵庫県

誕生日:7月25日

血液型:B型

趣味 :石鹸を切っている動画を見ること
    スポンジを握る動画を見ること (ASMR)

特技 :季節、時間の匂いの嗅ぎ分け

愛称 :なごみん

滝川みうと西條和の共通点と相違点

2次元と3次元に存在する22/7ですが、その存在が同時に誕生したからこその共通点があります。

これは、2次元のキャラクター像をより鮮明なものにするために一部の情報は声優から輸出されたものとなっております。

ただし前もってお伝えしておきますが、“共通点全て=声優から引き継いだもの”ではないためここの認識には注意が必要です。

滝川みうの趣味や個性

趣味
・ASMRの動画を見ること

・キーボードを弾くこと

 

コミュニケーションは取るけどやはり口数は少ない子です。

そして実はアイドルは一番やりたくないことなのです。

自分を変えるため一番苦手なことに挑戦するところから、かなりの勇気の持ち主かもしれません。

また”嘘”が嫌いであり、これは嘘をつくのも嘘をつかれるのも両者とも嫌いと語っていました。

とても家族思いで、アニメではその一面を見ることもできます。

西條和の趣味や個性

趣味
・ASMRの動画を見ること

あまり公開されている情報はなく、趣味はプロフィールのご紹介の際に記載したものくらいとなります。

ただ趣味に分類されるかは分かりませんが、洋服などの写真を撮ることが好きなようでケータイのカメラフォルダにはたくさんの写真が保存されているとご本人が語っております。

水谷豊さんの大ファンでもあり、相棒シリーズが大好きなのだそうです。

 

話すことが若干苦手なところはありますが、メンバーと話している姿を見る限りだと打ち解けた相手であればかなり親しく話しているようです。

どうやらあくまで”口頭での会話”が得意ではない様子で、実は笑顔を見せる機会も多くあったりします。
その笑顔は元気のあるスマイルというよりはほとんどの場合照れ笑いのように感じですね。

そして22/7のオーディションを受けたきっかけというのが自分を変えるために一番苦手なことをやろうと思ったからだそうです。

ダンスが得意であり、レッスンの際はメンバーから頼られることもあるようでとても心強い一面があります。

上京してからは姉と一緒に生活しているようで、姉妹の仲はとても良いみたいです。

滝川みうと西條和の2人を見て感じること

この2人は共通するところが多いですね。

特にキャラクター像に大きく関わってくる部分として、
“自分を変えるために一番苦手なことをやる”という点なんはとても印象的です。

違うところといえば西條和はキーボードを弾く趣味がない…といったところでしょうか。

あとはメンバー内での立ち位置についてですが、

2次元ではみんなが優しく気遣ってくれるようなキャラクター、

3次元ではメンバーから妹のように愛されています。

というのも、年齢は非公開のため詳しくは分かりませんが…
22/7の中では歳が下から2番目と本人が話しており、それもあって妹的な存在として見られるのでしょう。
あとは、恥ずかしがっている様子などの所作も影響しているかもしれません。

 

22/7の難しいところは、誕生の経緯に

「2次元のキャラクターがいたから3次元の声優が生まれた」

というものがあると同時に

「3次元の声優がいるから2次元のキャラクターが生きている」

というパラドクスともいえる関係性があります。

 

そのためキャラクターと自身とで重なる点が多くある分、一見演じやすいようにも感じますが、

22/7の場合は特に“声優=キャラクター”であり“声優≠キャラクター”

という見方ができる分演じるのがより難しそうに感じます。

 

まとめ

現実的な話をすると、事実上は西條和が滝川みうを”演じている”というのが大前提ではありますが….

私はバーチャルとリアルを分けて見るようにしています。

“みうちゃんはみうちゃん”“なごみんはなごみん”として見ることで、上記でも述べたような違いを楽しむことができると感じるのです。

といってももちろん見方は人それぞれなので、皆さま自身の捉え方一つでこの2人の関係性もまた違って見えるのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です