河野都の声優は誰?関西弁のムードメーカー|22/7(ナナブンノニジュウニ)

【22_7】 河野都の声優は誰?

今回は声優アイドルグループ、22/7(ナナブンノニジュウニ)のキャラクター河野都とその声優についてご紹介してまいります。

さて、ここで早速「22/7とは…?」となる方も少なくはないはずです。

声優?アイドル?キャラクター?ご存じない方がこれらの疑問を思い浮かべるのは当然でしょう。

まずは簡単な言葉だけで表現するならば、

”新しいタイプのアイドルグループ”

です。間違いありません。

ではどう新しいのか?

それをこれからお話しさせていただいと思います。

22/7は11人グループですので、本記事ではその11人のうちの1人である河野都をご紹介いたします。

河野都はどんな子?

河野都はコテコテの関西弁を話す女の子です。

7人兄弟の長女であり、とても面倒見が良いです。

またムードメーカーでもあります。

長女であることとムードメーカーの気質から、リーダーとは違う形でメンバーをまとめるのが上手ですね。

一部のメンバーから“みゃーこ”というニックネームで呼ばれています。

『22/7 計算中』での河野都

22/7 計算中』とは、司会を務める三四郎と3Dモデルのキャラクター達によるバラエティ番組です。

割り切った話をしてしまうとアニメの場合、ストーリーの展開に必要な描写セリフが存在します。

しかしこの番組はそういったものにとらわれないため、いわばキャラクターの“素の姿”が見れるわけです。

 

この番組での河野都は、いつもよく目立っているように感じます。

発言する機会もが多く、鋭いツッコミが特徴的です。

だいたいどのシーンにおいても声が聞こえてくるほどガヤを飛ばしています

メンバーの藤間桜とともにあらゆることに茶々を入れて場を賑わせており、番組の盛り上げ役のような印象ですね。

“誰かを笑顔にする”という点においてはメンバー内でもトップクラスで得意であることが伺えます。

中途半端が嫌いで、バラエティに対する意識の高さが見られるシーンも多くあり、
“高成績でも2位は全然面白くない” “最下位はおいしい立ち位置”と、アイドルというより芸人に近い考え方が垣間見えます。

実際に番組内でも河野都は芸人と言われるシーンも何度かあったりするほどです。

河野都の声優は誰?

倉岡水巴(くらおか みずは)さんが河野都の声優を務めております。

倉岡水巴のプロフィール

プロフィール

  • 出身地:滋賀県
  • 誕生日:6月21日
  • 血液型:O型
  • 趣味:アニメ鑑賞
       お笑いDVD鑑賞
       
    関西しか見れない深夜番組を見ること

  • 特技:クラリネット
       ものまね
       お餅を丸めること

  • 愛称:みずはん、くらぴ

河野都と倉岡水巴の共通点と相違点

2次元と3次元に存在する22/7ですが、その存在が同時に誕生したからこその共通点があります。

これは、2次元のキャラクター像をより鮮明なものにするために一部の情報は声優から輸出されたものとなっております。

ただし前もってお伝えしておきますが、“共通点全て=声優から引き継いだもの”ではないためここの認識には注意が必要です。

河野都の趣味や個性

趣味はお笑い番組を見ることです。かなりコアな芸人まで把握しているほどのお笑い好きです。

個性としては、まず第一にムードメーカーであるところが挙げられます。

ライブ前には河野都が考案した円陣の掛け声が採用されていたりもします。

 

また一見おちゃらけているように思える態度で接することもありますが、実際は相手に心配かけさせないように気丈に振る舞っているだけだったり、場合によっては相手を元気付けるためにそのような言動を見せたりと、誰かを思いやる気持ちあってのものです。

倉岡水巴の趣味や個性

趣味といえば関西のお笑い番組。これは上の紹介文にも書いているものですが、とにかくそれが好きだということが本人を見ていてすごく伝わってきます。

またラジオを聴くことも好きなようで、鷲崎健の大ファンでもあります。

地元愛が強く、関西弁は捨てられないとも本人が語っていました。

発言などから勉学においての知識があるように見受けられる場面が多々あったりします。

 

メンバー内ではムードメーカーであり、ライブ前の円陣の掛け声も倉岡水巴が考えたものが使われています。

「悪いことをしたらバチが当たり、いいことをすればいつか自分にいいことが返ってくる」と信じており、それもあってか倉岡水巴さんから優しさや思いやりを感じることはやはり多いと思いますね。

河野都と倉岡水巴の2人を見て感じること

この2人は共通するところがとても多いですね。

特に話し方やメンバー内での立ち位置などがまんま同じようにも感じます。

2人ともムードメーカーであり、メンバーのことが大好きなところなどもそっくりです。

お笑いが好きなところも共通しており、2人とも特に関西のお笑い番組が大好きなようです。

違うところを探すのが一見難しそうにも思えますが、河野都と比べると倉岡水巴さんの方が圧倒的に低姿勢に感じますね。

 

22/7の難しいところは、誕生の経緯に

「2次元のキャラクターがいたから3次元の声優が生まれた」

というものがあると同時に

「3次元の声優がいるから2次元のキャラクターが生きている」

というパラドクスともいえる関係性があります。

 

そのためキャラクターと自身とで重なる点が多くある分、一見演じやすいようにも感じますが、

22/7の場合は特に“声優=キャラクター”であり“声優≠キャラクター”

という見方ができる分演じるのがより難しそうに感じます。

まとめ

現実的な話をすると、事実上は倉岡水巴が河野都を”演じている”というのが大前提ではありますが….

私はバーチャルとリアルを分けて見るようにしています。

“都ちゃんは都ちゃん”“みずはんはみずはん”として見ることで、上記でも述べたような違いを楽しむことができると感じるのです。

ただ、この2人に関しては雰囲気もかなり近いところがあるため、重なって見える部分も多いかと思います。

といってももちろん見方は人それぞれなので、皆さま自身の捉え方一つでこの2人の関係性もまた違って見えるのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です