柊つぼみの声優は誰?とにかくポジティブなギャル【22/7】

【22_7】柊つぼみの声優

今回は声優アイドルグループ、22/7(ナナブンノニジュウニ)のキャラクター柊つぼみとその声優についてご紹介してまいります。

さて、ここで早速「22/7とは…?」となる方も少なくはないはずです。

声優?アイドル?キャラクター?ご存じない方がこれらの疑問を思い浮かべるのは当然でしょう。

まずは簡単な言葉だけで表現するならば、

”新しいタイプのアイドルグループ”

です。間違いありません。

ではどう新しいのか?

それをこれからお話しさせていただいと思います。

22/7は11人グループですので、本記事ではその11人のうちの1人である柊つぼみをご紹介いたします。

 

柊つぼみはどんな子?

柊つぼみは「死ぬこと以外かすり傷」をモットーに生きる渋谷育ちのギャルです。

ちゃらんぽらんというわけではないのですが、他のメンバーよりも話し方はチャラい感じは目立ちます。

ただ、敬語を話せないというわけでもなく、しっかりした一面を見せることもあります。

といってもかしこまるほどでもないため、基本的にはやはりチャラいという言葉でまとめるのが一番しっくりくるかもしれません。

 

『22/7 計算中』での柊つぼみ

22/7 計算中』とは、司会を務める三四郎と3Dモデルのキャラクター達によるバラエティ番組です。

割り切った話をしてしまうとアニメの場合、ストーリーの展開に必要な描写セリフが存在します。

しかしこの番組はそういったものにとらわれないため、いわばキャラクターの“素の姿”が見れるわけです。

といっても柊つぼみはアニメにはほとんど登場していないため、ほぼ現在把握できる柊つぼみのすべてといっても過言ではないのかもしれません。

 

実は番組放送開始当初は登場しておらず、中期ごろからの参加となるキャラクターとなります。

この番組での柊つぼみは、発言をする機会が多いように感じます。

またその際の言動はしっかりしている時適当な時の差が大きく開いており、両極端な印象が強いですね。

しかし、それもギャルらしさといいますか、例えばネガティブなことを言ったかと思えば次に口から出る言葉はそれを覆すポジティブなワードだったりします。

別の場面では、かなり芯の通った意見を持って熱弁したりもします。

そういったフワッフワな一面頑なな一面を見ることができます。

 

柊つぼみの声優は誰?

武田愛奈(たけだ あいな)さんが柊つぼみの声優を務めております。

武田愛奈のプロフィール

プロフィール

  • 出身地:千葉県
  • 誕生日:3月5日
  • 血液型:A型
  • 趣味:手帳を書くこと   
  • 特技:袋詰め
  • 愛称:あいなっち、なっち

 

柊つぼみと武田愛奈の共通点と相違点

2次元と3次元に存在する22/7ですが、その存在が同時に誕生したからこその共通点があります。

これは、2次元のキャラクター像をより鮮明なものにするために一部の情報は声優から輸出されたものとなっております。

ただし前もってお伝えしておきますが、“共通点全て=声優から引き継いだもの”ではないためここの認識には注意が必要です。

柊つぼみの趣味や個性

ネットカフェが好きなようで、ちょくちょく足を運んでいるみたいです。

あとはカラオケも好きなようですね。

そのほかには詳しく触れる機会は特にありませんでした。

 

個性としてはやはり座右の銘である「死ぬこと以外かすり傷」がかなり印象的。

“生きている限り大抵のことはなんとかなる”という最高にポジティブな思考の持ち主です。

そのため、ネガティブな感情を見せることはほぼありませんし、その場合もすぐいい方向に考えが働くため、とても人生を楽しんでいる様子が伺えます。

武田愛奈の趣味や個性

ポイントカードに関してかなり関心を持っているようです。

またパンが大好きでもあります。

ギターを弾くことを得意としており、何度かその腕前を披露する機会もありました。

所有しているのはアコースティックギターです。

彼女は、自身が言いたいことはしっかりと伝えるような印象です。ただ別に自分の意見を押し通すようなタイプというわけではありません。

好きなものの話になると止まらなくなり、またその時は普段以上に生き生きしているようにも感じます。

柊つぼみと武田愛奈の2人を見て感じること

この2人は少なからず似ているところはありますね。

2人ともパンがとても好きというところもそうですが、

それより怒りが溜まってしまうポイントに近しいものがあり、店先でのポイントカードに関してはもはや信念のようなものを感じます。

そういった点ではかなり似た感覚を持っているかもしれません。

ただ、柊つぼみがギャルであるのに対して、武田愛奈は特にギャルというわけではないです。

 

22/7の難しいところは、誕生の経緯に

「2次元のキャラクターがいたから3次元の声優が生まれた」

というものがあると同時に

「3次元の声優がいるから2次元のキャラクターが生きている」

というパラドクスともいえる関係性があります。

 

そのためキャラクターと自身とで重なる点が多くある分、一見演じやすいようにも感じますが、

22/7の場合は特に“声優=キャラクター”であり“声優≠キャラクター”

という見方ができる分演じるのがより難しそうに感じます。

 

まとめ

現実的な話をすると、事実上は武田愛奈さんが柊つぼみを”演じている”というのが大前提ではありますが….

私はバーチャルとリアルを分けて見るようにしています。

“つぼはつぼ”“あいなっちはあいなっち”として見ることで、上記でも述べたような違いを楽しむことができると感じるのです。

といってももちろん見方は人それぞれなので、皆さま自身の捉え方一つでこの2人の関係性もまた違って見えるのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です