松本泰志の昌平高校時代の気になる彼女とプレイスタイルを調査!

2019年5月24日コパ・アメリカに挑む日本代表が発表されました。

サンフレッチェ広島に所属している松本泰志選手が日本A代表入り。

さわやなか好青年ですが、昌平高校時代は彼女がいたのか気になりますよね。

今回はさわやか好青年の松本泰志選手のプロフィールやプレイスタイル、昌平高校時代の彼女についてまとめてみました。

 

松本泰志選手のプロフィール


出典:SOCCER DIGEST web

プロフィール
  • 名  前:松本泰志(まつもとたいし)
  • 生年月日:1998年8月22日(20歳)
  • 出  身  地:埼玉県東松山市
  • 身  長:180cm
  • 体  重:69kg
  • 利  き  足:右足
  • 高  校:昌平高等学校
  • 高校時代ポジション:MF
  • 所属チーム:サンフレッチェ広島FC

 

小学時代は江南南サッカー少年団に在籍 ポジションはセンターバック

東松山市立北中学時代はクマガヤSCに在籍 ポジションはボランチ

全国大会出場したことのある私立昌平高等学校へ進学します。

高校時代は当時の藤島崇之監督の

「プレッシャーが強い前方のエリアでプレーさせて伸ばそう」

という意向から

フォワードまたは攻撃的ミッドフィルダーとして起用され、

1年時には全国高等学校サッカー選手権に出場しています。

高校3年時には背番後「10」を背負い、

全国高等学校総合体育大会に出場。

ベスト4進出を果たしました。

2017年にサンフレッチェ広島に加入しています。

 

松本泰志選手のプレイスタイル


出典:NumberWeb

  • 左からのカットインシュートが得意
  • 左右のキックは距離が伸びても精度が落ちない
  • ボールの置き所、体の向き、ポジショニングでボール奪取の隙を与えない
  • パスの選択肢を持ちながらドリブルができ、フィニッシュの能力も高い

 

小学生の頃は足の速さとカバーリングの広さを評価されセンターバック。

中学生のときはボランチを任せられ周りをよく見るようになります。

高校ではフォワード。ドリブルを積極的にするようになったのは高校2年生から。

今の松本泰志選手のプレースタイルは昌平高校のときに激変したと本人も言っています。

ディフェンダーからフォワードまであらゆるポジションを経験しています。

あらゆるポジションを経験したことで技術を生かす術を身につけていることが強みですね。

 

松本泰志選手の高校時代の彼女は?後輩はどう見ていた


出典:Shi-taka sports photo

松本泰志選手の高校時代の彼女は

昌平高校時代の彼女について調べてみましたが、見当たりませんでした。

高校時代は寮生活だった松本選手。

恋愛をする暇もないくらいサッカーに打ち込んでいたのでしょう。

 

松本泰志選手の後輩の声

  • 最初は怖くて話しかけられなかった

  • 寮で一緒に生活しているうちに段々優しさい人だなと思ってきた

  • サッカーのことを色々教えてもらった

  • サッカーが上手そうなオーラが出ていた

  • クールだった

  • シュート、決定力が凄くて、打つコースが完璧だった

  • カットインが得意でドリブルが凄かった

 

さいごに

今回はコパ・アメリカ2019の日本代表に選ばれた松本泰志選手のプレースタイルや彼女についてまとめていきました。

まだ若い選手なので、今後の活躍にも期待できます。

 

前田大然の実家はお寺?結婚相手やプレイスタイルを調査! 上田綺世のプロフィールやプレースタイルを紹介!父もサッカーが凄い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です