蒔田彩珠の読み方は?ちびまる子ちゃんって何?

蒔田彩珠の読み方は?ちびまる子ちゃんって何?

「蒔田彩珠」さんは日本の女優です。

彼女は、

● 5歳の頃に子役デビュー

● 7歳の頃に子役としてTV、映画、CMに出演

● 2012年に放送された阿部寛が主演の務めたドラマ【ゴーイングマイホーム】で連続テレビドラマ初出演を果たし、阿部演じる坪井良多の娘役を演出

そして、その後は、【三度目の殺人】、【万引き家族】等多くの作品に出演し、2018年公開の映画【志乃ちゃんは自分の名前が言えない】で主演を務め、第43回報知映画賞新人賞、第33回高崎映画祭最優秀新人女優賞を受賞しています。

また、若手女優の登竜門ともいわれる【カロリーメイト】のCMにも起用されるなど、これからの活躍が期待される新人女優です。

今回は「蒔田彩珠」さんの名前、出演作品である『ちびまる子ちゃん』について紹介していきます。

 

蒔田彩珠の読み方は?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

美花(@im_mihana_03)がシェアした投稿

蒔田彩珠→『まきたあじゅ』と読むそうです。

初めて見た人でいきなり読めた人…いるのでしょうか??

蒔田彩珠というのは本名なのか、というところが気になる人もいるかと思いますが、本名なのかは公開されていませんでしたので不明です。

ちなみに「蒔田彩珠」さんのプロフィールは

プロフィール
  • 名前:蒔田彩珠
  • 生年月日:2002年8月7日
  • 出身地:神奈川県
  • 事務所:ユマニテ
まだ18歳ですが大人っぽい雰囲気が出てますね。

事務所のユマニテですが万引き家族で「まんぷく」役のヒロイン役だった「安藤さくら」、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」ヒロインに起用され若手演技派の門脇麦等が所属しています。

ちなみに蒔田彩珠さんの高校の卒アル情報はコチラ

 

蒔田彩珠のちびまる子ちゃんって何?

検索ツールに蒔田彩珠さんと入力をした際、「ちびまる子ちゃん」という予想検索ワードが出てくると思います。

これは2013年10月1日フジテレビ開局55周年特別番組で放送された実写版「ちびまる子ちゃん」に蒔田彩珠さんが、ももこ(まる子)の姉・「さくらさきこ」役で出演していたからです。

数ある作品に出演している蒔田彩珠さんですが、なぜ「ちびまる子ちゃん」が予想変換で出てくるのでしょうか。

蒔田彩珠さんが出演していた「ちびまる子ちゃん」というドラマですが、蒔田彩珠さんは特にその作品で賞等は受賞していないようです。

視聴者の心に残るようなインパクトがあったので今でも蒔田彩珠=ちびまる子ちゃんというイメージを持った方が多くいるためかもしれませんね。

 

蒔田彩珠の読み方は?ちびまる子ちゃんって何?記事まとめ

今回は蒔田彩珠さんの名前、出演作品。「ちびまる子ちゃん」についてまとめました。

2020年も助演女優賞を受賞する等大活躍だった蒔田彩珠さん。

2021年はNHKの連続テレビ小説「おかえりモネ」の出演が決定しているそうで、来年度も活躍が期待できそうです。

また、これまでは見た目通りクールな役が多かったですがこれからは明るい役を演じるところも見てみたいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。