ラクルルと類似品3つを徹底比較!人気商品との違いは?

ラクルル解約

ラクルルは腸内環境を整え、身体をスッキリさせてくれ、ダイエットにも効果が期待出来る商品です。

しかし、ラクルル以外にも同じようなサプリはいくつもありますよね。

ここではラクルルと類似品3つをピックアップして、一体何がどう違うのか?をわかりやすく解説していきたいと思います。

 

初回約93%OFF

ラクルルを初回498円でゲットする

LACLULU

ラクルルと類似品3つを徹底調査!

ラクルル3冠達成

早速、ラクルルと類似品を比較していこうと思います!

ラクルルの他に「シボヘール」と「メタバリアEX」「ナイシトール」の3つのダイエットサプリ商品があります。

こちらの3つの商品を中心に、「特長」「価格」「定期縛り&全額返金保証の有無」の3つの視点から比較していこうと思いますので是非ご覧ください。

シボヘールとの比較

まずはラクルルとシボヘールとの比較をしていきます。

シボヘールは「機能性表示食品」です。

機能性表示食品とは

機能性表示食品とは事業者の責任で、科学的根拠を基に商品パッケージに機能性を表示するものとして、消費者庁に届け出られた食品となります。

主な特徴を比較

まずはラクルルとシボヘールの主な特長を比較していきます。

 ラクルルシボヘール
使用料(1日)3粒4粒
商品の特徴

美容サポート10種配合

トリプル乳酸菌9000億個配合

栄養機能食品

葛の花エキスを使ったサプリの中で最も安い

葛の花エキス含有量は他社と変わらぬ35mg

機能性表示食品

第三者機関評価日本トレンドリサーチ
3冠
確認できず

商品の特徴で大きな違いはシボヘールが「機能性表示食品」でラクルルが「栄養機能食品」という点でしょうか?

栄養機能食品とはどういった食品を示すのでしょうか?

栄養機能食品

栄養機能食品とは、特定の栄養成分の補給のために利用される食品で、栄養成分の機能を表示するものをいいます。

もう少し詳しくて見ると

 表示の対象食品国の審査届出/承認その他特徴
栄養機能食品ビタミン、ミネラルなど指定の栄養成分を基準量含む食品なしなし国が定めた表現で表示
機能性表示食品生鮮食品を含む全ての食品(一部対象除外あり)なし企業が科学的根拠を提出する制度企業の責任で機能性を表示
特定保健用食品健康の維持増進に役立つことが科学的根拠に基づいて定められ、表示が許可された食品あり
効果や安全の審査が必須
あり
消費者庁官が許可
トクホだけ表示できるマークがある

2つとも食品として扱われています。国の審査はありません。

機能性表示食品の場合は企業が科学的根拠を提出する制度で、企業の責任で機能性を表示できます。

一方で栄養機能食品は匡の審査や届け出は必要なく、国が定めている表現を用いて表示できます。

価格比較

続いて、「ラクルル」と「シボヘール」の価格比較をしていきたいと思いますが、購入方法(定期コース、定価、通販)によって価格が異なりますので、まとめてみました。

 ラクルルシボヘール
定期初回498円980円
定期2回目以降4,980円2,918円
定価7,530円3,218円
楽天販売なし3,090円
amazon販売なし3,280円

 

価格比較すると、「ラクルル」の方が初回以外は、「シボヘール」より高く値段は設定されていますね。

ただ定価と比較するとラクルルの方が割引率は高いですね!

また、購入方法という観点では、ラクルルは公式サイトでしか購入ができないため希少性が高いという点が大きな違いになります。

定期縛りと全額返金保証の比較

どんな商品でも、やはり実際の使用効果は個人差があります。

実際に試してみたけど「自分には効果がなかったから止めたい」と思った時に、いつでも解約できるのか?そして、定期縛りはないか?

効果がない場合の返金保証はされているのか?

それは商品を購入を決めるうえでとても重要な要素ですよね。

そこで、ラクルルとシボヘールの定期縛りと全額返金保証についてまとめました。

 ラクルルシボヘール
定期縛り4回2回
全額返金保証あり
永久返金保証
あり
初回全額返金保証

 

商品は定期縛りがあるか?全額返金保証があるか?という点ではどちらも素晴らしい対応をしてくれていますよね。

ラクルルは4回の受け取りが必須で、シボヘールは2回の受け取りが必須になります。

しかしどちらも、商品に満足できなければ全額返金保証付きです。

なので安心して試してみることができそうです。

比較結果

「ラクルル」と「シボヘール」の違いは、栄養機能食品と機能性表示食品か。

定期縛りがシボヘールは2回ですが、ラクルルは4回で最低でも15438円(税込み、送料込)が必要で価格は高めに設定されていますね。

どちらも全額返金保証を付けるほど自信をもって提供している商品になっています。

 

メタバリアEXとの比較

続いて、85年以上の歴史を持つ富士フイルムがのメタバリアシリーズの看板商品で、累計販売数が1000万個を突破した人気のサプリです。サラシア商品売上メーカーNo.1も獲得しているものになります。

メタバリアもシボヘールと同様に「機能性表示食品」です。

ふたつの商品のそれぞれの特徴や価格などを比較していきます。

主な特徴の比較

ラクルルとメタバリアEXのそれぞれの主な特長比較していきます。

 ラクルルメタバリアEX
使用料(1日)3粒2~4粒を1日3回
商品の特徴

腸内フローラを整える

生きた酪酸菌で内側から健康をサポート

燃焼サポート&スッキリ成分配合

日本初。サプリメントで3つの機能

サラシノールを中心に食事の糖と脂肪をカット

脂肪を減らす

腸内環境を改善

糖質の吸収を抑制

第三者機関評価日本トレンドリサーチ
3冠
サラシア売上メーカーNo.1

 

このように比較してみると

  • ラクルルは身体の内側から整えてくれます。ダイエットだけではなく、身体が重いと言う方にもスッキリ出来る成分が入っています。
  • メタバリアEXは、糖質の吸収を抑制し、脂肪を減らしたい人にオススメのサプリ。

ダイエットだけではなくスッキリも手に入るのは魅力です。

価格比較

続いて、ラクルルと「メタバリアEX」の価格比較はこちら。

 ラクルルメタバリアEX
定期初回498円540円
定期2回目以降4,980円4,442円
定価7,530円4,936円
楽天販売なし4,320円
amazon販売なし4,732円

 

初回の料金はラクルルが1か月分であるのに対してメタバリアEXは14日分となっています。

ラクルルは初回のみ安くなっていますが、2回目以降メタバリアEXよりも高く、長く続けると言った点ではメタバリアEXの方が購入しやすい商品かもしれません。

 

定期縛りと全額返済金保証の比較

 ラクルルメタバリアEX  
定期縛り4回なし
全額返金保証あり
永久返金保証
なし
いつでも解約OK

 

ラクルルは定期縛りがありますが、メタバリアEXは定期縛りはなし。

ですがラクルルは永年返金保証付きで、メタバリアEXは全額返金保証はありませんでした。

ラクルルは初回の価格が安く設定されているもの、定期縛りがあることから4回以上は継続して利用する必要があるため、必ず合計金額は15438円(税込み、送料込)が必要となります。

初回が安くてもなかなかの金額になります。

これではなかなか買うのに勇気がいるような気がしますね。

ただこれには理由があります。ラクルルの公式サイトによると、毎日決められた量を飲み始めて、3ヵ月~6ヶ月続けることで効果を体感する方が多いんです。

そのため4ヶ月は続けて効果を感じてもらいたいという思いが込められているのでしょう。

 

比較結果

ラクルルとメタバリアEXではこちらも、ラクルルの方が値段は高くなってしまいます。

ラクルルは定期縛りがありますが永久返金保証付、メタバリアEXは定期縛りありませんが全額返金保証はなし。

返金保証はなくても、安くて続けやすい方か、定期縛りがあり少し値段は高いですが、もし自分に合わなかった時には、返金保証があるものを選ぶかという感じですかね。

メタバリアEXは、富士フイルムのメタバリアシリーズの看板商品でもあり、長い歴史もあるものなので、安心感を求める方はメタバリアEX、返金保証がしっかりしてるものが良い方はラクルルですかね。

 

ナイシトールZとの比較

続いてはナイシトールとの比較です。

CMもやっているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

主な特徴の比較

まずはナイシトールは『第2類医薬品』

  • リスクが比較的高い医薬品
  • まれに副作用が生じるおそれがある医薬品

と位置付けられています。

 

 ラクルルナイシトールZ
使用料(1日)3粒5粒を1日3回
商品の特徴

トリプル乳酸菌や厳選した菌を9,000億個配合

善玉菌を増やし悪玉菌を減らす

防風通聖散料エキスが、おなかの脂肪の分解・燃焼を促します

脂肪を燃やして余分な油を便から出す

第三者機関評価日本トレンドリサーチ
3冠
 

 

価格比較

ラクルルとナイシトールの価格比較をしてみましょう。

ナイシトールの3種類の中で、一番効果が期待できる「ナイシトールZ」で比較して行きます。

 ラクルルナイシトールZ
定期初回498円なし
定期2回目以降4,980円なし
定価7,530円8,100円
楽天販売なし6,090円
amazon販売なし6,580円

 

定期縛りと全額返金保証の比較

 ラクルルメタバリアEX  
定期縛り4回なし
全額返金保証あり
永久返金保証
なし

 

ラクルルは4回縛り。

ナイシトールは調べてみましたが定期購入はありませんでした。

全額返金保証もありません。

ナイシトールは、一度試したい方は、7日間分のものを購入されるといいかもしれませんね。

高いお金を払ったのに、身体に合わなくて捨てるなんてもったいないので。

7日分のお試し(105錠入り)の価格は2,268円(税込み)です。

他にも315錠入りの6,480円(税込み)もあります。

比較結果

ナイシトールは、ラクルルと違い第2類医薬品であるということ。

第2医薬品ということで副作用も起こる可能性があることを理解して購入しなければ行けないです。

 

体の中からスタイル美人

 

ラクルルと類似品3つの比較まとめ

ここまで、各商品の特長、価格や定期縛り、全額返金保証の有無など色々な面から比較してきました。

ラクルルと類似品3つとの比較をまとめると以下の通りです。

すべてサプリを飲むだけのものですが、

 

  • ラクルルは1日1回3粒
  • シボヘールは1日1回4粒
  • メタバリアEXは2〜4粒を1日3回
  • ナイシトールは5粒を1日3回

の使用となります。

錠剤を飲むのが苦手で出来るだけ飲む量が少なくて済むものが良いと言う方はラクルルは一日3粒と一番少なくてOKです。

しかもラクルルは錠剤の粒も小さいので飲みやすいです。

 

とことん脂肪を減らしたい方にはナイシトールがオススメです。

しかし第2類医薬品ですので、副作用が気になる方は気をつけてください。

全額返金保証や定期縛りの点からみると、シボヘールは2回縛りで初回全額返金保証つきで試しやすいのではないでしょうか。

ラクルルは4回の受け取りが必須ですが、永久返金保証があり、安心して使うことが出来ます。

私が思うのは、迷ったら「ラクルル」を使ってみてほしいと言うことです。

 

 

初回約93%OFF

ラクルルを初回498円でゲットする

LACLULU

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です