黒後愛の超スパイクの根幹はストレッチ(トレーニング)!ネックレス効果も?

9月14日からバレーボールワールドカップ2019が開幕されます。

日本女子バレーチームは火の鳥JAPANとも言われ、毎回盛り上がる試合を展開してくれますよね。

 

そんな火の鳥JAPANのアタッカー黒後愛選手をご存知でしょうか?

わずか21歳で全日本のエースとして活躍している選手です。

彼女のスパイクがとにかく凄いと話題になっています。

 

 

一体どれくらいの高さからボールを打っているのか?速さはどれくらいなのかなど気になる方もいるかもしれません。

そこで今回は

黒後愛選手の

スパイクの最高到達点やその威力はどれくらいなのか?

スパイクの根幹はストレッチとトレーニング?

ネックレスの効果も影響している?

について調べてみました。

 

 

女子バレー・日本代表の黒後愛ちゃんやっぱすごい!最高到達点も超怒級【神業】

黒後愛選手のスパイクのすごさは文字で説明するよりも見るのが一番伝わります。

鋭角コースや、奥を狙ったり、フェイントも織り交ぜたり、乱れたトスでもビシッと決められるのが黒後愛選手なんです!!

黒後愛選手のスパイクが決まるとチームが勢いづく、頼れるエースですね。

 

次の映像は高校時代のときの黒後選手のスパイク映像です。

 

 

世界大会になると黒後選手の身長も決して高い方ではありませんが、高校時代だとずば抜けて高いので、たかーいトスをビシッと決めていて見ていて気持ちがいいです。

 

そんな黒後愛選手は身長180㎝でスパイクを打つ時の最高到達点はなんと306㎝なんです!

 

ちなみに黒後愛選手が憧れている全日本女子バレーの前エースの木村沙織選手は身長185㎝でスパイクの最高到達点は304㎝。

同じ全日本代表の古賀紗理那選手は180㎝で最高到達点は305㎝です。

 

全日本女子バレーのエースと言われている選手の中で少し抜き出ていると言えるのではないでしょうか。

 

 

黒後愛選手のストレッチ・トレーニングがヤバい

黒瀬愛選手は高校バレーの名門、東京都の下北沢成徳高校のエースとしてその名をとどろかせ、春高を2連覇するという偉業をなしとげました。

高い打点から打ちだすスパイクの根幹をなすのは180㎝の恵まれた高さもさることながら、最大の持ち味は高校時代から将来を見据えて取り組んできたトレーニングとストレッチの成果による日本人離れしたパワーにあります。

 

大山加奈さんや荒木絵里香さん、木村沙織さんなど全日本女子バレーを代表する選手を輩出している下北沢成徳高校ですが、技術面では基本中の基本に重きを置いています。

さらにそれ以上に重視するのは、技術を活かすために不可欠な体力作りでした。

筋力や持久力をつけるためのウェイトトレーニングや、自体重での体幹トレーニング、走り込み。

多くの選手やOGたちが「本当に苦しいし、きつい」と口を揃えるように、ボールを使った技術練習以上に長い時間を割いてトレーニングを行うのが下北沢成徳の伝統のようです。

木村沙織さんはトレーニング嫌いで相当きつかったようですが、黒後愛選手は例外!「自分のため、と思えば苦にならない。トレーニングを嫌だと思ったことは一度もなかった」と話しています。

素晴らしい考え方ですね。

ストレッチやトレーニングは目に見えて効果が表れるには時間がかかります。

特に高校時代などはうまくなりたいという思いが強すぎて、トレーニングやストレッチの重要性について理解している人の方が少ないと思いますね、私みたいな凡人は。

 

そのトレーニングの効果もあり、高さがあり、強いスパイクが打てるんですね^^

 

 

黒後愛選手のネックレスが話題、効果はある?

2018年の世界バレーのときに、新エースとして注目された黒後愛選手。

その黒後愛選手が愛用しているネックレスがネットで話題になっています。

 

黒後愛選手は練習や試合の時にはこのネックレスをつけて挑んでいます。

シンプルでかわいいなと思いませんか^^

 

 

調べてみると

ファイテン RAKUWAネックX100 ミラーボール

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ファイテン RAKUWAネック メタックス ミラーボール
価格:10152円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)

楽天で購入

 

  • サイズ:40cm、45cm
  • カラー種類:ブラック&ゴールド、シルバー&シルバー、アースカラー素材
  • 側生地:ポリエステル
  • 中芯:エラストマー
  • 留め具:純チタン、磁石部分(ネオジウム)
  • アクアチタンX100、ミクロチタンボール

 

使用しているのはアースカラー素材のものですね。

もしかしたらどこがで見たことがある、と思われる方もいるのでは!?

 

そう、これは羽生結弦選手も愛用している商品なんです。

ファイテンが羽生結弦選手をイメージして作ったネックレスとして有名な商品だったのです。

 

アスリート御用達なのかもしれませんね。

 

しかしなぜファイテンの商品をスポーツ選手は愛用するのでしょうか・・・

公式サイトによると

金属をナノレベルで水の中に分散させるファイテンの水溶化メタル技術により、様々な素材が誕生しています。
そして個々の金属の特性を最大限活用することで、私たちが本来持っているチカラを引き出し、カラダを本来のリラックス状態に導くことが可能になりました。
より快適な毎日をサポートするテクノロジーです。

出典:ファイテンHP

 

ファイテンのネックレスはプロスポーツ選手からとても人気があります。

プロ野球選手では広島カープの大瀬良投手や巨人に移籍した丸選手、中日ドラゴンズの松坂選手にプロゴルファーの松山英樹選手など、多くのプロスポーツ選手がファイテンのネックレスを愛用しているのです。

 

なぜこれだけのアスリートがファイテンのネックレスを愛用するのかというと、その理由はリラックス効果!!

ファイテンのネックレスには特殊加工が施されていて、その効果により身体や精神がリラックスできるという訳です。

 

「そんなはずはない」と思われる方もいると思いますが、やはり一流のアスリートが選んで身につけているので効果があるのでしょうね。

 

 

おわりに

黒後愛選手は今後ワールドカップ2019や東京オリンピック2020で日本女子バレーのエースとして活躍することが期待されています。

日本女子バレーの前のエース木村沙織選手の最高到達地点は304㎝ですが、黒後愛選手はその上をいく306㎝と上回っていますが、まだまだ若いのでさらに成長する可能性もあります。

 

みんなで黒後愛選手を応援しましょう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です