高野山紅葉のライトアップの時間と2019の時期はいつからいつまで?

高野山ライトアップ

今年2019年も紅葉の季節がやってきました。計画的に紅葉の時期を逃さずお出かけしたいものです。

ここでは和歌山県高野山の紅葉についてお話します。

空海によって開山された歴史ある高野山の紅葉は、世界遺産に登録され、世界各国から、見事な紅葉を見物に多くの観光客が訪れます。

100か所以上もの数のお寺が点在し、宿坊が多数あるせいか、夜の紅葉見物が可能となっています。

高野山の紅葉は夜にライトアップされ、その時間に、映し出された紅い色がとっても味わいがあり、幻想的で美しいと評判です。

ではそのライトアップの時間と、時期や服装についてもガイドしたいと思います。

高野山紅葉のライトアップの時間は?

先にも述べましたが、高野山はお寺が100か所以上も点在する大きな山で、しかも、1200年もの歴史があるせいか、樹木の紅葉も、重みがあり深い感動を呼びます。

100回も1000回も紅葉を繰り返しているとしたら、人間の世界とは比べ物にならない深みや重みが伝わってくるのではないでしょうか。

高野山の紅葉は夜もライトアップされとても綺麗です。

ライトアップされるのは蛇腹道(じゃばらみち)という、空海が名付けた道にある、見事な紅葉に出会える場所です。

金剛峯寺から壇上伽藍(だんじょうがらん)に行く通りになります。

赤や黄色の樹木や、真っ赤なモミジのトンネルが続き、幻想的で感動を呼びますよ。

そして、ライトアップの時間は17時30分~翌朝5時30分です。

夕方から、次の明け方まで夜通しライトアップしてくれます。

高野山には50か所以上の宿坊があり、寝泊まりしながら、紅葉見物を楽しめるようです。

夕食が済んでからでもゆっくり、紅葉見物ができそうですね。

 

高野山湖紅葉のライトアップ2019の時期はいつからいつまで?

高野山の紅葉は、夜にライトアップされて、幻想的で見ていて感動を呼びます。

それでは、時期はいつからいつまでなのでしょうか?

例年では、10月1日から11月中旬までだそうです。

ただし今年2019年の紅葉は昨年より少し、遅れていますので、紅葉の綺麗な時期に行こうと思うと、11月初めから11月後半頃までがbetterとなります。

短い期間ですが、一番の見どころ、壇上伽藍(だんじょうがらん)の蛇腹道(じゃばらみち)で、真っ赤に色づいた紅葉のトンネルを堪能できますよ。

紅葉のライトアップは、朝まで堪能できます。

 

高野山湖紅葉のライトアップを見にいくときの服装は?

紅葉は、気温の低い地域ほど、綺麗に色づくのを、ご存知ですか?

高野山といえば、標高1000メートル級の高さの山々に囲まれ、内陸性気候になりますので、気温はかなり低いです。

紀伊半島と呼ばれる山々が連なる奥地で、和歌山県の中で一番寒い地域だそうです。

そうです。

山奥だと思ってください。

11月は夜になると、5度以下に冷え込むことが予想されます。

厚手のコートや手袋、耳当て等、暖かい服装を心がけましょう。

紅葉見物といっても、何時間も外にいることを考えると、防寒は重要になってきます。

昼夜の温度差の激しい地域だと知っておくと、有意義に過ごすことが出来るでしょう。

ズボンやスパッツを身に着け、防寒対策をしっかりされることをお勧めします。

熱いお茶や、スープなど暖かい飲み物があるといいかもしれませんね。

 

まとめ

いかがでしたか?

高野山の2019年紅葉のライトアップで、一番綺麗に見える時期は、11月初めから11月中旬までになります。

ライトアップの時間は夕方17時半から明け方5時半までです。

夜は5度以下に冷え込むことが予想されるので、厚手のコードやズボン、手袋やマフラーを着用し、防寒対策をして、幻想的な紅葉を楽しみましょうね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です